2019年02月22日

何で、賃貸派はミソもクソも一緒にするの?

1d0fdc1d36ce0b4db05c395b7ef6d378_s.jpg
旅でならいいけど、住むのはチョット・・・


「800万で買った家がある。
今はそこに住んでいない。
住んでいない最大の理由は水道がなくなったからだ。」

  
またもぬこさんの話で恐縮ですが(決してアンチでは有りませんので(^-^;)上記の理由で、ぬこさんは以前に買った家には住んでいないという事について、「こういうのは不動産投資特有のリスクですね。」と書かれたブログを拝見しました。

いやいやいや、そんなケースを持ち出して、だから持ち家はリスクが大きいとかの論法はいくらなんでも強引ですよ。

まるで、ミソもクソも一緒にしているのと同じです。

その800万円で買った家について、ぬこさんは下記のように述懐されておられます。
  
800万で買った中古物件が水が出なくなり、住めなくなってしまったので 新たに家を買いました。
以前の家は、本当の山奥で、最寄りのスーパーまで車で10km以上。
しかし、最寄りのスーパーは値段が高く、買い物をしたのは結局10年間で2、3回です。
コンビニも、まともなところまで10km以上。
今思えば、生活のインフラがかなり足りていないです。


いやぁ、何とも香ばしい物件です。
正直、自分なら例え水道が出ても、タダでも住みたく無いロケーションです。

しかもこの家は水道権利が130万円もしたそうです。

危険信号出まくりじゃないですか。

よくテレビの「人生の楽園」とかでリタイアしてド田舎に移住する人を描いた番組がありますが、現実の過疎地は若い人は皆、生家を捨てて出て行きますので、そんな所の買手なんて殆どいません。

それ位珍しいからこそテレビで取り上げられるのです。

勿論、人里離れた大自然に包まれる生活をする人生も有りでしょう。

ただ、現代日本人全体から見れば、希少人種であり、もし売りたい場合は、その希少人種が現れるのを待つしかないのです。

市場性の無い物件は趣味の世界です。

趣味と投資とは次元が違う事は当然です。

そんな特殊物件での失敗例を引き合いに出して、だから不動産投資はリスクがーとか言われてもハァ?としか思えないのです。

もしかして、一度も不動産投資をした事が無いからそんなトンチンカンな話をするのかなぁ?とすら思えます。

だって、不動産投資の場合は、スグ売れる場所かどうかを考えるのはイロハのイですから。


持ち家VS賃貸の話題は不毛な議論に終始してしまうので、控えてたのですが、未だにこんな極論が出て来るとつい書かずにはおられなくなってしまいます。

過疎地に投資する投資家はいないよと思われるお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ






DMM株✖井上 哲男『相場の潮流』キャンペーン
DMM株✖井上 哲男『相場の潮流』キャンペーン
DMM株✖井上 哲男『相場の潮流』キャンペーン?|?fx-on.com
posted by 山中 一人 at 20:02 | Comment(4) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする