2020年09月20日

長期投資は低リスクなのか?

3455342_s.jpg
多くの日本人にとっては株式=リスクのかたまりらしい

一般的には、短期投資はハイリスクで長期投資はローリスクというのが証券界の常識です。

しかし、リスク=不確実性とするなら、本来、明日よりも遠い未来の方がより不確実な筈です。

それが証拠に、債券の金利は長期金利の方が、高いです。(一般的には)

それなのに、なぜ、株式投資に関しては、長期の方が低リスクになるのでしょうか?

答えは単純で、短期売買はギャンブルであり、長期売買は投資だからです。

株式の場合、長期になる程、価格の下方変動リスクよりも、株式本来の成長力が上回る事によって、何もしなくても、自然にパフォーマンスが上方に上振れしてくれるのです。

結果として、損をしづらいので、長期投資の方が低リスクに見えてしまうという訳です。

これは、逆に考えて貰えばスグ理解出来る現象です。

例えば、世界インデックスをカラ売りしたまま10年間放置して勝てるでしょうか?

200年間の歴史ではただの一度も勝てた事はありませんね。

途中で何度もクラッシュしても、その度に立ち直って、必ず成長拡大してきたのが、人類の営みだからです。

ただ、自分の場合、成長と聞くと逆に胡散臭く感じるんですよね。

だって、各々の人間が本当にそんな真っすぐな理念で働いているのか、生きているのかと考えると、かなり怪しいモノですから。

多くの個人は、正直、金の為に働いている事でしょう。

表向きは、みんなとの絆とか、社会貢献とか言っても、月給0円で働くバカは殆どいません。

趣味のボランティアは別として。(故にボランティアは自己満です。)

つまり資本主義の本当の原動力は人間の欲なのです。

人間の欲こそが、最終的に長期投資が報われる、本質的な理由です。

多くの人は、常に金を欲し、美味しい食べ物を求め、常に新しいコンテンツを欲します。

だから、億り人になってもひたすら金を増やし続けますし、新しい店やメニューが出るごとに行列が出来、ドラマもアニメも映画もゲームも音楽も常に新作が出続けます。

美人は3日で飽きるの諺が如く、どんなに素晴らしいモノでもスグに飽きるのが人間の本性です。

通信も今は5Gと騒いでますが、6G・7G・8G・・・と進歩の拡大は止まらない事でしょう。

あらゆる財・サービスは常に進化し続けます。というかオーディエンスの飽くなき欲求の期待に応えられない企業は淘汰されるだけの話です。

おそらく、地球上の全ての国民が今の先進国の人々のような生活になるまで、この歩みは止まる事はないでしょう。

それこそ、ジャングルの奥地で今でも芋虫を食べてる人々さえも、電気自動車を乗り回すようになるまでは。

いや、そうなっても、人類の欲望は止まらないでしょう。

どんなに控えめに見ても、ドラえもんの秘密道具の全てを実現するまでは走り続ける筈です。これからも。

そんな人間の尽きる事の無い欲望こそが、企業の成長の根源です。

つまり、株式の長期投資とは、人間の欲望に賭ける行為なのです。

自分は、信じていますよ。人間の欲望には際限が無い事を。

本当に無欲な人間て、アリタリア無職ニートぐらいだよねwと思われるお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




 
posted by 山中 一人 at 19:27 | Comment(1) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕も人間の欲求、欲望、発展を疑っていません。
発展途上国の成長もありますが、それが終わってもAIとか仮想現実空間もありますし、宇宙だってありますし、まだまだまだまだ発展すると思っています。
ということで資金は株式市場にオンです。
Posted by 招き猫の右手 at 2020年09月22日 13:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。