2020年09月09日

前澤氏が典型的なアリタリア失敗例になってて草

302137_s.jpg
いるよねー。リタイアして暇だからってデイトレして退職金スッちゃうオッサン

前澤友作氏「悔やんでも悔やみきれません」…株式投資で44億円の損失明かす
ファッション通販サイト「ZOZO」創業者で、スタートトゥデイ社長の前澤友作氏(44)が6日、自身のツイッターを更新。株式投資で44億円の損失をしていたことを明かした。
 前澤氏はこの日、「【猛省】このコロナ禍で乱高下する株式市場に目が眩み、慣れない短期売買を繰り返した結果 #株式投資で44億円の損失 を出してしまったことをここに報告します」とツイート。
 「44億円もあったら、いったいどれほどの人にお金が配れ、どれほどの人を救えたのか。悔やんでも悔やみきれません」と後悔をにじませ「事業で絶対に取返します」と決意をつづった。
以上、9/7(月) スポーツ報知 より引用

一代にして日本最大のアパレル通販サイトを創業して大成功を収めた上、昨年9月にその事業を売却して大金をゲットし、若くして社長を退任された前澤氏は、超々サクセスアーリーリタイアーでしょう。

そんな若き大天才でも、上記記事の如く、相場の前では、赤子同然に軽くひねられてしまったようですね。

実業では超クレバーな彼ですが、こと株式相場については、おそらく全くのド素人だったのでしょう。

何故、そう言えるかといえば、株の短期売買はただのギャンブルであるという、相場の初歩の初歩にすら気づいていなかったからです。

医者や弁護士等、本来頭脳明晰な人種でも株で大損する人は枚挙に暇はないです。

彼らは、幼い頃から常に勝ち続け、実業の世界でも大成功を収めてますので、その優秀さゆえに圧倒的に自信を持っています。

故に、株式相場でも、その豊富な経済知識と人並み外れた有能さを発揮すれば、実業同様に楽勝間違い無しと確信しています。

そして自信満々に株式市場に潤沢な資金力をもって新規参入して来ますが、その多くは、証券会社の鴨にされてしまいます。

何故でしょうか?

彼ら自身は投資をしているつもりなのですが、実はただのギャンブルをしてる事に、当の本人が全く気付いてないからです。

どんな天才であろうが凡才であろうが、サイコロの前には皆平等であり、誰もが等しく控除率の分だけ、金を失っていくという大数の法則から逃れるすべはアリマセン。

一人100万も配ってまでも、フォロワーを渇望して、日本一のフォロワー数を集めた大金持ちですが、短期投資はギャンブルだよという、当たり前の投資の真実を教えてくれる真の友人は一人も居なかったのでしょう。(哀しいけれど)

なので、44億もの勉強代を払う嵌めに陥りました。(まぁ彼にとっては4万位の授業料でしょうがw)

自分に聞いてくれれば、ロハでプライベートレッスンしてあげたのですけどねぇ。

彼が、もしも、長期投資に開眼すれば、そのクレバーな頭脳と若さと資金力があれば和製バフェット間違い無しでしょう。

今からでも遅く無いので、DM待ってますよー(^o^)丿

まぁ、こんなゴミ無職ニートが投資の真実を知ってるなんて、絶対認めたくは無いでしょうけど。

というか、短期投資がただの丁半バクチだって、超初心者向けの投資本にでも書いてある、当たり前の投資の真実なんですがねぇ。

それにしても、あたり構わず金をばら撒いたり、デイトレで簡単に大金を吹っ飛ばしたりと、この方は、若くして大金を掴んだラッキーパンチ型アリタリアの典型例を地で行ってますね。

まさに、イージーカム・イージーゴーですなぁ。

デイトレにハマるニートも、千億万長者も、しょせん人間の本質は一緒なんだなぁと思われたお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




 
posted by 山中 一人 at 21:45 | Comment(2) | アーリーリタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする