2020年09月02日

未だにアーリーリタイアと脱サラの違いが解って無い人が居てウケルw




前回紹介したダイヤモンド・ザイのアーリーリタイア特集の巻頭ページに橘さんがアーリーリタイアについて語っておられましたが、人的資本(人間関係やネットワーク)こそが富の源泉なので、アーリーリタイアして仕事をすべて辞めて人的資本をゼロにすると幸福になれないと、宣っておられます。

え?どゆこと?

あのー、何か勘違いしておられるようですが、煩わしい人間関係や仕事から解放されたくてアーリーリタイアするのに、なんで、長く働き続ける事がアーリーリタイアになるんですかぁ?

人脈とプロフェッションとやらを駆使して生涯現役で働き、社会に貢献したい人なんてリタイア村には一人も居ませんよ。

ぼっちろぐさんもツイートしておられますが、マジ、人的資本があって稼げる人はアーリーリタイアなんてしません。

そんな人は、当然会社で出世してバリバリやるのが生きがいですから、わざわざ、無職ニートみたいな酔狂な事する訳ないでしょうw

まるでひと昔まえの脱サラブームの頃の感覚そのものなんですよね。

自分の価値観で勝手になんちゃってアーリーリタイアを妄想して、まるで提唱者のように媒体で発表するのは如何なものでしょうかねぇ。

他にも記事中では、「実際にアーリーリタイアしたウォール街のエリートを何人か知っていますが、みんな2〜3年で仕事に戻ってきましたから。何もしない生活は退屈で耐えられなかったのでしょう」と宣われ、仕事をやめる事を諫めておられます。

いやいやいや、アーリーリタイアを楽しめるか否かは、お金よりも、本人のリタイア適性の方がもっと重要なんて5年も前から自分も言ってますし、また、多くのリタイアブロガーが何年も前から仰っておられますよ。

そりゃ、生き馬の目を抜くウォール街のエリートが、ニート生活なんて楽しめる訳無いでしょうw

あげく文末にて、「人的資本があれば、年収の3年分くらい貯めれば、自由に選択できる人生が送れるでしょう。」と結んでおられます。

おいおいおい・・・

たった3年分でリタイアする猛者なんて、よよよ氏のようなスーパーチャレンジャーでさえ腰を抜かしますよ。

その人脈とやらを生かした、フリーランスが失敗したら、雇用の流動性が限りなくゼロの日本じゃ、即人生詰んじゃいますけどー。

どんだけ背水の陣のリタイアですか!

この記事を読んで、勘違いした中年サラリーマンが、腕をまくりながら、「よーし、パパ、アーリーリタイアしちゃうぞぉ」と僅かな資金で早期退職して、あげく会社の後ろ盾が無くなった何の信用も無い一個人が他社では全く通用しないプロフェッションとやらの現実を突きつけられて、茫然自失とならない事を祈りますね。

会社の看板を自分の実力と勘違いして、会社を飛び出したはいいが、どこにも相手にされず、3年くらいで貯金を全部使い果たして、全く無収入になり、嫁さんに離婚されて、退職金とマイホームは慰謝料代わりに全部持って行かれて、行く当てもなく、最後はホームレスとかチョーあるあるネタですよ。

もう、その手の失敗例は昔っから掃いて捨てる程ありますからねぇ。



文中の記事は上記、ダイヤモンド・ザイ2020年10月号67ページから抜粋引用致しました。

仕事をやめる事を幸福じゃ無いとかって言うのは、そもそもアーリーリタイアスレのスレ違いじゃね?と思われるお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




 
posted by 山中 一人 at 18:15 | Comment(6) | アーリーリタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする