2020年04月29日

株で食べていけるか?

1519602_s.jpg
ノートパソコン一つあれば、無職の貴方も今日から専業投資家です。イエイ!


新型コロナが蔓延するこのご時世にも関わらず、リモートワークさせてもらえず、日々ウイルスを浴びせまくられてるブラック企業にお勤めの皆さまご苦労様です。

そんな社畜生活にほとほとうんざりしたサラリーマン諸氏が一縷の望みを託して、検索窓に『株で食べていけるか?』と入力すれば、当ブログは4番目の順位で出てきます。(広告除く)

まぁ、ブログタイトルそのものですから、当然かもですが。

いきなり、結論から言えば、2〜3億円以上あれば、ほぼほぼ食べていけるでしょう。

日経平均の平均配当利回り約2%で年収400万〜600万位の定期収入は見込めますので。

米国株なら、もっと利回りは良いですが、代わりに税金がキツイので結局似たようなモノです。

高配当株なら、もっと小資金でも生活できると考える人は多いですが、高配当3羽ガラスのJTとかキャノンとか三井住友FGとかの惨状を見れば、ただの幻想である事が分かります。詳しくは下記の記事をご参照下さい。
  
高配当株の配当金生活とか、ただの幻想だよ。

しかし、2〜3億り人なら株で食べていけるなんて身も蓋も無い話を聞かされてもどうしようもありませんよね。

あくまでも、普通のサラリーマンでも可能な資産額でも、株で生活できるのか否かがお知りになりたい事と存じます。

モデルケースとして、自分の話をさせて頂ければ、5年前の2015年1月からサラリ−マンを退職して、株の専業投資家として独立して生活しております。

退職時の金融資産は6,277万円でしたので、資本金約6千万で起業した事になります。

去年の年末時点で言えば、5年間のトータル株式利益(評価益も含む)は、1,704万円になりますので、年収340万円になります。

a.jpg

上記の表を見て頂ければ、一番良い年ならプラス650万ですが、悪い年だとマイナス208万円と非常に波があるのが、この職業の特徴です。

今年も、現在では大幅マイナスに沈んでいますし・・・

まぁ、それでも、起業後5年の生存率は約40%らしいですから、一応少数派になれて良かったです。

サラリーマン社会では入社5年目なんて全然下っ端ですが、株界隈では5年も経たずに多くの方が、情報商材屋さんになったり、洋風出前屋さん等のフリーターになったりされてますので、株のみで生活してる人は少数派でしょうね。

多分、ネットに出てこない人の方が、専業投資家は多いのかもしれません。(但し、年金や家賃収入が主でしょうけど。)

次回、そんな開業5年目の中堅専業投資家が、株式投資で食べていく方法を載せていきたいと思います。

株式投資で食べていく方法にご興味のあるお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




 
posted by 山中 一人 at 19:46 | Comment(6) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする