2018年12月17日

3人寄れば必ずおミソを作ろうとするのは、人間の習性だよね(´・ω・`)

d21c22b6ba29c97caaf4407ff8817cac_s.jpg
3人寄ればおミソが出来る(´・ω・`)


若い方や地域によっては、おミソという言葉でピン来ない方もいるかもですが、おミソとは俗に言うミソっかすの事で子供同士で鬼ごっことかする時に年齢がかなり下の小さい子は特別に捕まらないルールで参加させてあげる時、あの子はおミソねとか言う時に使います。

転じて、子供同士のグループでも、一応参加はさせて貰ってるけど何の発言権も無い、ただのエキストラのような存在の人をそう言います。

自分の子供時代の思い出ですが、3人で集まると大抵2対1の構図になり自分は必ず1側になるのです。

遊園地のアトラクションでも二人掛けだと絶対に一人だけハミ出す方です。

だから奇数は大嫌いです。

そんなトラウマがあるので、3人グループを見ると、ついそんな目で観察してしまう自分が居ます。

特に、女子3人だと2対1が目立ちますね。

姉御肌風のリーダー格にもう一人の女子がベッタリと付いて、あえて2対1の構図を作り、横目でおミソの子にそれを見せつけ、おミソの子の方は少し距離を空けて歩いているような感じを見るにつれ、全然関係無い自分の胸まで締め付けられて辛くなります。

つい、はじかれた一人の方に感情移入してしまうからです。

女子3人で写ってる写真とか見ても、微妙な関係性が透けて見えて哀しくなる時があります。

昔、テレビ東京で放送されていた「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」を見てた時でも、バスの席でゲストの女優さんが、蛭子さんの隣に座るときと太川陽介さんの横に座るときの話のはずみ具合に差がありすぎて、いつも自分が蛭子さんになったような錯覚に陥って切なくなっていたものです。

3人寄れば派閥が出来るという言葉もありますが、人が集まると多数派工作をして少数派をハブこうとするのは、人間の生き物としての本能なのでしょうね。

自分はおミソを作る事も、おミソになる事も、おミソを見る事も嫌なので、集団が大嫌いです。

そして3人集まればもう集団になるのです。

やっぱり、一人が一番楽でいいですね。

私も奇数にガクブルだったよという同士のお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




posted by 山中 一人 at 19:21 | Comment(4) | 内向型人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする