2021年01月24日

専業投資家の平均月収を公開します。

運用益.png

上記はアーリーリタイアして専業投資家になってから6年間の投資成績表です。

これを月収に直すと、月額269,305円になります。

四捨五入するとほぼほぼ月収27万円です。

退職時の金融資産は6,277万円でしたので、軍資金として約6千万あれば、これ位は稼げるという事です。

年間利回りだと税引き後で約5%位になります。

これを多いと見るか少ないと見るかは人それぞれでしょうが、自分的には十二分に満足です。

月収手取りで27万という事はサラリーマンの年収だと400万位でしょうから、毎日遊んでて、これだけ貰えれば言うことナスです。

ウチの家計は、奥さんに毎月30万手渡してますので、実際は不足分3万円を自分の資産から取り崩してる事になります。

月3万くらいの取り崩しペースなら今後30年でもー1,080万ですから、資産全体から見れば大した痛手ではありません。

2019年の家計調査によると、持ち家の4人家族の場合の生活費は、全国平均で月額37万円との事です。

我が家の場合、奥さんは正社員として働いてますので、家計支出の不足分は奥さんの給料で賄えてますので、現状は、ほぼ過不足の無い生活を送れています。

毎週末には夫婦で軽くランチして、月2回くらいはちょっとリッチな外食をして、大型連休等では家族で国内旅行をして、子供たちにはスマホとゲームを持たせるような、ありふれた生活です。

リタイア前は、外食は一切せず、自販機は一切使わず家から持ってきた水筒のお茶だけで済ますようなドケチライフでしたが、リタイアしてからはドケチから解放され、現在は極端に値札に神経質になる事なく、ほどほどな生活を楽しめるようになりました。

セミリタイアーで月数万円のバイトをしておられる方は結構おられますが、自分の場合、正直、面倒クサイので全くやる気は起こりません。

だって、やる必要が無いからです。

アーリーリタイアーは、投資スキルというか投資の本質さえ理解していれば、バイトやアフィ活動などしなくても、不労所得だけで食べていけるのかなぁとは思っています。

最終的に、墓場に入る頃には資産がゼロになる覚悟さえあれば、億の資産も収支均衡の為のバイト生活もドケチ生活を強いられる必要も無くリタイア生活を満喫出来るのです。

次回、誰でもアーリーリタイア出来る方法を書きたいと思いますのでご期待頂けるお方は、ポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




【関連する記事】
posted by 山中 一人 at 18:30 | Comment(4) | アーリーリタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする