2017年01月23日

【要注意】セミリタイア計画でバイト代を当てにしてはイケマセン

2chのセミリタイアスレを見てますと、小資金でのリタイア志望者で、楽なアルバイトで生活費不足分を補填すれば可能では気軽に考えておられる方が多いようですが、安易にバイト代を当て込んだリタイア計画は将来、大後悔する危険性が大きいのではと思います。

例えば、自分が最近ロムってる面白リタイアブログ【セミリタイア生活失敗・・・だがもう元には戻れない】で下記の記事があったのでご紹介致します。
  ↓
バイトで店長にネチネチと嫌味と小言を言われ、ブチギレ寸前(#^ω^)

>昨日、資産2000万でリタイアするにはアルバイトとかも必要じゃないかと書いたが、
>オイラは、そのアルバイト先からボロクソに言われている
>これを考えると、気軽にバイトしろなんて言えないな・・・
>面談なんて適当に返事して聞き流しておけばいいと同僚からも言われたが、
>(;´・ω・)そうは言ってもね〜
>何だかんだ言って、小言とかを言われるのは辛いもんだよ

セミリタイア生活失敗・・・だがもう元には戻れないより引用抜粋

詳しくはリンク先をご参照頂ければと思いますが、バイトなのに営業のノルマまで押し付けられ不愉快極まりない職場環境だが、次の事を考えて辞めるに辞められない大変さを綴っておられます。

上記記事にもあるように今時はアルバイトにも正社員並みの仕事を要求する時代です。

ブラックバイトが問題化してる昨今ですが、実は、一番大変な誰もがやりたくない仕事をバイトに押し付けるなんて事は昔からよくある社会の一風景なんですね。

給料が安い=楽な仕事とつい結びつけてしまいがちですが、バイトや非正規は給料が安い上にキツイ仕事でかつ正社員から人間扱いして貰えないという精神的ストレスの3重苦というのが、現実社会の構図であります。

折角のストレスからの解放を目指した筈が、前よりもっと別の意味のストレスが圧し掛かって来ても、一旦リタイアすれば、もう正社員の高収入の待遇には絶対に戻れません。

そういう意味で、安易にバイト代を当て込んだリタイア計画は失敗する可能性が高くなると思われます。

ただ、バイト収入が無くても家計が持つ計画でセミリタイアした後、暇つぶしがてらに社会見学になるようなバイトをされるのでしたら一向に差支え無いと思います。もしイヤになれば「辞めまーす」と言えば済むだけですから。

これに反して、最初からバイト代を当て込んだ場合は、嫌になっても辞められない状況に陥るリスクが有るので要注意なのですね。
そうなると、サラリーマンよりもさらに悲惨な事になりますので。

yjimage1.jpg
聞いてないよー

結局、不労所得抜きのアーリーリタイアなんてそもそも無理なんだよねと思われるお方はポチッとお願いします。
 ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




posted by 山中 一人 at 00:56 | Comment(6) | TrackBack(0) | アーリーリタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする