2019年01月31日

いじめられっ子は正当防衛も許されないの?

bb78d16296a12094a2e389c1f4729f9e_s.jpg
ランチェスターの法則によれば、攻撃力は兵士の数の2乗になります。つまり1対7なら実際は1人で49人の敵と戦う位の戦力差になる訳です。


イジメへのやり返しについて
イジメられてやり返したら児相に連れていかれた我が息子(当時小5)


集団で囲まれて殴られ蹴られ身体中に痣を作って、我慢出来なくなった息子が足元にあった小石を投げたら「やり返すのは悪い、小石が当たって怪我をしたらどうする」と
児相で懇々と説教された

イジメへの暴力については警察にも入ってもらい学校側からは緊急保護者会という形で終わらせられた
イジメた親はイジメられていた子にも原因がある!と保護者会で大声をあげ
挙句、うちの子供は悪くない!と言い切って帰って行った

病院での診断書も書いてもらい
新潟市教育委員会にも電話した
けど、なんの解決策もないまま当時のクラス担任が飛ばされることで終わった

児相で泣きながら「僕は殴られても蹴られても我慢したら良かったんですか?」って言う息子に「そうだよ、我慢しなかったあなたが悪い。暴力は良くない。」と言った(註、新潟市児童相談所)

当時の新潟市長にメールで解答を求めたけど
返信されてきた手紙には、職員の指導していきますの言葉だけ

イジメられてもやり返したらいけないのは分かってる
でもさ、イジメられてる子が自分を守るために投げた小石で児相に連れていかれるのはおかしいよね

おかしくないのか
今の世の中
仕方ないのか…

イジメ発覚→病院(診断書)→警察→児相→教育委員会へ電話
の流れです
児相にいくことになった根本は警察での聴取が元です

子供ですから刑事事件にできません→児相にお願いしますね
って流れなのです

あっここ さんツイートより抜粋引用

またしても、猛烈胸クソ案件です。

自分も日本の教育行政には最早、何の期待も抱いていませんが、まさかここまで酷かったとは・・・

正直、怒りでこのキーボードを打つ手すら震えそうです。

人対人で集団で囲まれるというのは、殆ど、相手が凶器を持っているのと同じ位の戦力差が生じます。

そこで、集団リンチのように殴る蹴るの暴行を受けるというのは、打ちどころが悪くて下手すると、死んでもおかしくありません。

にも拘らず、いじめっ子の親は緊急保護者会で逆ギレする始末。

そして、身の危険すらある(実際に診断書も出てる)、いじめられっ子の方は逆に児童相談所で正当防衛した事について延々と説教されると。

え?もう日本は、ディストピアになってたの?

まるで、世にも奇妙な物語でパラレルワールドに紛れ込んだように、自分の常識が根底から覆されるような世界の話です。

成る程、9条教の信者の総本山である教育行政もとうとうここに極まれりですね。

いじめられっ子は、ガンジーもビックリの無抵抗主義を貫き通さねば許されないという事なんですね。彼ら9条教信者にとっては。

まさに、パヨの「憲法9条を守って殺されよう」というスローガンそのものです。

学校が法律が適用されない無法地帯なのは分かっていましたが、先制攻撃されたいじめられっ子はホンの少しの抵抗すら許されずに、無抵抗にイジメられ続けないとイケナイ場所になってたのです。

リアル無限地獄じゃないですか!

いや、ホントに冗談抜きにこんな異常な教育行政を放置しておく日本の将来はどう考えても終わっているとしか思えませんねぇ。

折角、アーリーリタイアしてわが世の春を謳歌してるのに、こんな、頭の中がお花畑ルンルンな方達と一緒に、心中する事だけはゴメン被りたいものです。

日本の教育行政はオカシ過ぎるだろ!とお怒りのお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




posted by 山中 一人 at 22:15 | Comment(8) | イジメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年01月30日

「学力テストだけが人生を決めませんよ!」←それ、いじめっ子の決まり文句

f97e5a90681405ea9aa03e32c3c1e98d_s.jpg
そりゃ、芸能人がコメンテーターになれば、過去の武勇伝だらけになるわなw


小中学校のテスト結果を校長評価に反映へ

大阪市は、全国学力テストの成績が2年連続で政令市で最下位となり、吉村市長は、テストの結果を教員の人事評価に反映させる考えを示していました。29日、大阪市役所で開かれた会議で、吉村市長は「人事制度について客観的な指標、学力向上指標を組み込むのは大きな挑戦だと思います」と話しました。教育委員会は、毎年行っている小学校の学力経年調査や中学生チャレンジテストの結果を、校長の人事評価の20パーセント分に使い、ボーナスなどに反映させる案を示しました。2020年度から本格実施する予定です。

1/30(水) ABCテレビ より抜粋引用

今朝のフジテレビの「とくダネ!」で上記ニュースについて取り上げ、MCの小倉智昭氏が「学力テストだけが人生を決めませんよ!」と言って、大阪市長が学力テスト結果を校長の人事評価に使う事について猛反論していました。

番組の性格上、MCの論調に迎合するように他のコメンテーターも同様の意見で、この大阪市長に対して反論を繰り広げていました。

でも、素朴に思うのですよね。
学校って学力をつける場所じゃ無いの?と。

そりゃぁ、学力テストだけで人生が決まる訳で無いのは当たり前です。でも実際に学歴が無いと、就職もその後の生涯年収も著しく差が付くのも現実です。

芸能人やスポーツ選手なら、生まれ持った才能・容姿・運だけで勝負出来ますので、学歴が無くてもサクセスしてる人は沢山いるでしょう。

しかし、そんな先天的な能力とは無縁な一般人は知的能力を身に着けサラリーマンとなるのが、まともに食べて行くには一番確度の高い方法です。

ホリエモンとか起業すればいいとか言ってよく煽ってますが、何もないパンピーが起業してサクセスする確率など宝くじを当てるようなモノです。

実際にお金持ちの子息は高い教育費をかけて塾に行き、私立に入って、確実に学歴社会のレールに乗っています。

一方、低所得の庶民は、学力を上げる事にまるでモチベの無い、教科書持った公務員しかいない学校しか通わざるを得ず、不十分な学習しか受ける事が出来ない為に、まともな学習を受ける権利すら剥奪されているのが現状です。

大阪の小学校に通わせている親御さんの話をまた聞きした事がありますが、公立校のレベルが余りにも低すぎるので、塾の費用に毎月4万もかかるとボヤいてました。まさに所得格差が教育格差になっているのです。

教師も人間です。学力を上げる事に何のインセンティブも無ければ、やる気が起きないのは当然でしょう。

結局、テレビのコメンテーターの無責任なお花畑理論の皺寄せを一番食うのは、所得の低い弱者という皮肉な結果となる訳です。

スクールカーストの1軍はDQNや体育会系が占めるので、必ずのように勉強よりもっと大事な事が有るとか言って、勉強だけ出来る人間をガリ勉と言った言葉で侮辱してイジメのターゲットにしたがります。

まるで、足並み揃えて、勉強より運動が出来る方が100倍偉いみたいな風潮を作ります。

それって、単に自分のフィールドに有利な方向に都合よく世論作りしてるだけですよね。

そもそも、現代社会では、人類の幸福度を上げるのは科学技術にかかっており、トラやライオンのような猛獣と戦った石器時代のように運動能力やコミュ力が幸福度に貢献する事は最早少ないのです。

日本が何故戦争に負けたかと言えば、経済力と科学技術力が圧倒的に米国より弱かったからです。

日本が今平和なのは、米国の物理学者の頭脳とそれを活かす科学技術のお陰だという事を知るならば、知的能力を磨く人間を悪戯に卑下する風潮こそがオカシイのではと思います。

因みに、番組中で小倉氏は「中学2年の時、テストをボイコットして校長をカンヅメにしちゃったw」とドヤってました。

もう団塊オヤジ特有のこの手の過去の武勇伝は聞いてるコチラが恥ずかしいから勘弁して欲しいものです。

会社の飲み会で上司の武勇伝を聞かされてウンザリさせられるのと同じで、朝っぱらから全国放送でこんなマヌケ話を聞かせないで下さいよ。

学力向上の努力を批判する建前論はウンザリだよと思われるお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




posted by 山中 一人 at 19:08 | Comment(8) | イジメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年01月29日

イジメが表面化しない本質的な理由

f97e5a90681405ea9aa03e32c3c1e98d_s.jpg
              最も残酷な格差社会・・・その名は学校

上記ヒエラルキーは学校に入学してクラスに入ってから1ケ月も掛からずに形成されます。まぁ、大抵は見た目通りなので、殆ど秒で決まると言っても差し支えない程では有ります。

ただし、最初の1学期までは暫定的な部分もありますので、細かな序列は2学期で若干の上下はあったりもします。

当然ながら、階層の上位者の方が圧倒的にモテるのは言うまでもありません。

上記図の1軍の中で、メジャー系運動部=スポーツが得意と同義です。

1軍の不良グループでも、真性DQNは入学早々に少年院に行ってしまってクラスからは居なくなったりもしますので、逆に関係なかったりもします。

因みに、テレビ等で評論家がよく言うような偏差値教育云々というのはこのカースト制にはまるで当てはまらず、というか寧ろ、昔からガリ勉君は3軍が定位置と決まっています。

マスコミのコメンテーターが如何にソラゾラしいお花畑の建前論しか言って無いのか、この図を見るだけでも良く分かりますね。

そして、イジメのターゲットにされるのは3軍がスタンダードです。

武士の情けで敢えて書きませんでしたが、3軍は1軍の真逆だと捉えてもらっても構いません。

但し、偶に美人でも気の弱い子が女子不良グループに目を付けられてターゲットになるパターンや、本当は弱いクセに1軍に取り入ろうとして不良グループに入った子がパシリにされてイジメ抜かれるパターンもあります。

とにかく、この学校階級図がカースト制と言われる所以はまさに、本人の努力というよりは、どのパラメーターも生得的にあるモノで決まっている点です。

気の強い性格・他人に攻撃的な性格・体格的優位性・運動神経・容貌と全て、生まれ持った特徴です。
逆に、努力によって上げる事が可能な勉学的能力は軽んじられます。

そして、学級にあるこの鉄の三角形の存在がイジメがなかなか表面化しない理由でもあります。

よく、子供が自殺してから初めて、親が我が子が学校でイジメられていた事に気づくパターンが多いですが、これは、子供が自分がクラスの最下層に位置する事を恥じて、親だけには知られたくないのでひた隠しに隠す心理のせいでもあります。

勿論、優しい子供ほど、親に心配掛けたくないという思いもありますが、それすらも親が我が子が3軍だったと知る事により、どれだけ情けない思いをさせてしまうかを想像してしまうからでしょう。

そして、自分がイジメられるようなポジションにいるような事を親に知られる位なら、いっそのこと死んでしまえば楽になると思ってしまうのです。

つまり、いじめっ子の方だけで無く、いじめられっ子の方もまたイジメを隠すために、イジメが表面化はしにくいのです。

しかも、今の学校はこのヒエラルキーの同じ階層内でも、ちょっとした空気の変化でイジメのターゲットにされる程に、陰険度が高まっているので、例え上位層といえども気の弱い子は一歩足を踏み外せばいつ転落するか分からない日常的なストレスに晒されているという誰得な場と化しているのです。

法の支配が及ばない、治外法権の学校という場は、動物園のサル山そのものに先天的な動物的優位性によって上下が決まる階級制度です。

こんな残酷で粗暴なヒエラルキーで強制的に12年も過ごさないといけない学校というシステム自体が人権侵害だと思います。


え?自分は何軍かって?ブサイク・コミュ障・内向的・体育1とこれだけ揃ってりゃカースト最底辺に決まってるダロ!言わせんな<`ヘ´>

人間て集まると必ず階級が出来るよね(´・ω・`)と思われるお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




posted by 山中 一人 at 22:13 | Comment(6) | イジメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年01月22日

アーリーリタイアは恥だが役に立つ

1.jpg
この少女の悲痛な叫びを見て、スルー出来る人間って赤い血が流れてないんじゃないかとマジ思うよ

母娘心中「いじめが原因」 仙台の小学校、父親が会見

仙台市内の住宅で昨年11月、小学2年の長女(8)と母親(46)が無理心中したとみられる事件があり、この長女の父親が19日、記者会見し、2人が死亡したのは長女が通っていた学校でのいじめが原因だと訴えた。

 父親によると、市立小学校に通っていた長女が1年のころから、同学年の女子児童2人から仲間はずれにされたり、暴力を振るわれそうになったりするいじめを受けていたという。昨年5月、長女が母親に相談して発覚、直後に学校に相談したが必要な対応がとられなかったという。

 長女は7月、「死んでしまいたい。生きていていいことがない」などと口にするようになった。両親は学校側にも伝え、校長に女子児童2人とその両親を交えた話し合いの場を設けるよう継続的に要望していたが、実現しなかった。市教委や弁護士会にも相談したものの、解決に至らなかったという。

 母親と長女は心身ともに調子を崩し、11月29日に事件が起きたと主張、父親は「学校と加害者に謝ってほしい」と語った。

1/21(月) 産経新聞 より抜粋引用

またしても、少女が痛ましい死を遂げました。

まだ小学2年生の幼き命は、加害者児童による未必の故意及び学校側による不作為の作為によってあやめられたも同然です。

地方のしかも小学校低学年ぐらいの女子イジメははっきり言ってかなりエグイです。小さい子供がトンボの羽を何匹も毟るような感覚で全く躊躇なく天真爛漫にイジメます。リミッターなんてありませんので、それこそ大人でも引くくらいのエグさで犯ります。

それに引き換え、まだ小2のいじめられっ子の無力さたるや殆ど赤子同然と言っても過言ではありません。

見かけ上は同じ人間の子供に見えますが、実態は、毒蛇とひよこ位の違いがあります。

それ位に幼少期における彼我の戦力差は圧倒的なのです。

そんな種さえ違う生態の生き物を同じ教室内に長時間閉じ込めて、管理者不在のまま放置するとどうなるかは火を見るよりも明らかです。

言うなれば、多数の蛇のいる檻にひよこを1匹入れるのと同じで、あっという間に一飲みにされてしまいます。

今回の事件も過去のイジメ事件と全く同様に、学校側は加害者側の味方なので、加害者児童との話し合いすらも実現させませんでした。

市教委も同じく全く何の意味もありません。

弁護士会にも相談されましたが、これも日本の人権屋は加害者の人権しか全く眼中に無いので、被害者がいくら訴えても全スルーです。

このように、日本ではイジメられた被害者は八方塞がりなのが現状なのです。

そして、まだ小学2年生の少女が死を口走るというのは、シネシネーという言葉の暴力を日常的に浴びせられて来たであろうことは想像に難くありません。

もう何十年もシネはぶっちぎりで子供の流行語大賞ですから。

今事件の被害者母子は極度の人間不信でノイローゼに陥り、結果として母子心中させられるまでに追い詰められてしまいました。

確かにいきなりイジメ被害に遭い、信じてた人の全てに裏切られ、被害者で有る筈の娘が学校にも行けない為に将来社会生活に適応できなくなるのではないかと悲嘆にくれる気持ちは十二分に察して余りあります。

どれだけか悔しい思いをした事でしょう。

我々のような人種にとっては、現代日本の教育制度は確かに地獄です。

しかし、逃げ道が全く無い訳ではありません。

幸いな事に、現代日本では、社会と交わらなくても生きて行けます。

友達なんか全くいなくても、社会に出て働かなくても全然幸せに生きて行けます。

学校なんか行かなくても、授業でやるレベルの勉強なんて家でいくらでも出来ます。

その為には、世間の常識なんて強者に都合の良い刷り込みに過ぎないという事を知る事が出来るかどうかが鍵になります。

イジメに遭うのは、運でしか有りません。それが証拠に、今大人になって活躍してる人でも子供時代に酷いイジメにあった人も沢山います。

イジメに遭うか遭わないかは、たまたま住む地域によって、その時の学年運やクラス運で大きく左右されます。

どうか、ただちょっと運が悪かっただけで、自らに死刑宣告を下さないで下さい。

そして、自分のように運のレベルでは片付かないと悟られれば、アーリーリタイアという我々にとって最高の選択肢の人生もあるという事も知って頂ければと思います。

一体、日本の教育制度はいつまで無法地帯で先生ごっこをやってるのか!とお怒りのお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ






(注釈)尚、タイトルの「アーリーリタイアは恥だが役に立つ」はガッキーの出てた大人気ドラマをパクっただけで、自分がアーリーリタイアが恥だと思ってる訳ではございません。
一般ピーポーの多くは無職は世間体が悪いと思っていますから、普通の母子にアーリーリタイアの概念を説いても中々伝わりにくいのが現状なので、敢えて、それでも生きる為には約に立ちますよという事を表現しています。
posted by 山中 一人 at 21:30 | Comment(14) | イジメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年01月20日

いい人ほどイジメられるの法則

fa432387591f60a16211afaa3df54f22_s.jpg
過去のトラウマが大き過ぎて、こんな画像を見るだけでも動機がしてしまうヲ・_・

NGT襲撃事件で考える 女性芸能人の「真面目」さとつらさ

 真面目だね、というのは褒め言葉だろうか。社会に出れば言外の意味を感じることもある。個人的な話で恐縮だが、マスコミや広告業界で働いていると、それは「つまらない奴」「考えすぎ」「堅苦しいね」の婉曲表現としてぶつけられることも多い。そんな時、恥ずかしさと哀しみが両方こみ上げるような、言いようのない気持ちになるものだ。

 さて、なんで真面目にやってる子が守られないの、というつぶやきを残していたNGT48の山口真帆。

 襲撃を受けながらも健気に活動を続け、警察にも自身が有名アイドルだと告げなかった山口。ことを荒立てて他のメンバーやグループに迷惑をかけたくないという思いと、運営側の「きちんと対応する」という口約束を信じてのことだったと言う。だが彼女の思ったようにことは運ばず、意を決して動画配信とツイッターで事件について公表したところようやく問題視され、運営側の対応のまずさが浮き彫りとなったのだった。

 頑張っていれば報われる。聞き分け良く、仕事に穴を空けないようにこなし、自分さえ我慢していれば事態は好転する。そんな真面目さを保とうとした山口。けれども結果として、真面目でいい子であったことは、何の得にもならなかったのではないか。売れたもん勝ち。哀しいが芸能界とはそういうところであろう。私は今回の事件で初めて彼女を知ったが、乃木坂46にいそうな美人だと思った。でも、これだけ容姿端麗で、多少はメディアに出ていたのに、騒動があるまで名前さえ知らなかったのだ。おそらく世間の多くの人も同じではないだろうか。それは、地道に真面目に活動していた彼女からしてみれば、とても皮肉なことだと思う。

芸能界で「真面目」であることのつらさ

 とにもかくにも、真面目に対処した女性が憂き目にあい続けている一連の騒動。
忖度なし、特例なし、誠実な態度。そんな真面目な姿勢を面倒くさがらず、芸能界が少しずつ評価してくれるようになるといいなと、真面目に思う。


2019年1月18日 新潮社 より抜粋引用

真面目な人が報われないのは芸能界だけでは無いですよね。

小学生の頃から「マジメwww」という言葉は完全に侮蔑の言葉として、使われています。

法律が全く通用しない弱肉強食の無法地帯と化している今の学校では、粗暴な腕力にモノを言わせイキるDQNがクラスを支配しています。

そこでは、人の嫌がる事をしないという当たり前な真面目な人ほど、イジメのターゲットにされてしまいます。

真面目ないい人は絶対に仕返しして来ないのですから、これほど安心安全にイジメてもOKな対象物はありません。

先制攻撃したもん勝ちの輩にとって、無抵抗な生き物をいたぶる事ほど痛快なエンターテイメントは無いからです。

しかし、世間ではこんな非人間的な動物の事をヤンチャとか言った言葉で矮小化して放置しています。

それどころか、大人になっても、飲み会とかになると過去の武勇伝合戦を繰り広げる始末です。

特に、地方ではマイルドヤンキーがやたら目立ちます。そんな地域の若者達はイキった恰好してないと死ぬ病気なのかと思う程です。

そんな、風潮を見てると、え?日本人ってホントはヤンキーになりたがってんの?とさえ思えて来ます。

しかし、こういう真面目な人を嘲笑う社会になると、絶対にその社会は衰退します。

その行きつく先は北斗の拳やマッドマックスのような弱肉強食の世界です。そこには何の進歩も無く、ただ己の本能のみで生きて行く下等動物が生命活動してるだけの社会です。

世界でも貧困地域ほど、子供の頃から真面目に勉強する者は攻撃される為、誰もが大人になるにつれマフィア化していくと言われます。

日本がかって世界第2位の経済大国になれたのも、日本人が真面目で勤勉であったからです。
しかし、今や中国に抜かれ第3位に転落してしまいました。

もし、日本人の唯一の長所である真面目さが失われていけば、更に落ち込み、資源も何も無いただの貧しい島国に落ちぶれてしまうのにそう時間はかからない事でしょう。

その証拠に地方が著しく衰退しているのも、地元のそんな空気を嫌い、進学等で優秀な頭脳がどんどん流出しているからに他なりません。

上記記事のNGT事件も、運営側はもっと早くにDQNグループ(某週刊誌ではヤンチャグループと書かれて居ましたが、もし山口さんの告白が事実ならそんな生易しい言葉では片付かないと思いますが)を離せばこんな事にはならなかった訳で、マネージメント能力が無さすぎるとの誹りは免れないと思います。

教育現場も芸能界も司法もDQNに甘々な風潮を改めないと、真面目ないい人ほどイジメられて排除されていき、まさに悪貨は良貨を駆逐する社会に成り果ててしまう事を危惧します。


NGT暴行事件の記事ばかりになりましたが、今回の事件は日本のムラ集団特有の厭らしさや、メディアのインチキ等、まさに今の日本の問題点を絵にかいたようなモデルケースだったもので、つい怒りに任せて書いてしまいました。

どうか、被害者が泣き寝入りせずに安心して守られる社会正義が貫かれる社会になる事を切に祈ります。

真面目ないい人ほどイジメられる社会を根絶して欲しいよねと思われるお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




posted by 山中 一人 at 19:37 | Comment(6) | イジメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする