2015年05月29日

貧乏でしたが何か?

正吉様のブログで「持ち家と賃貸、どちらが得か?」との題名で非常に興味深い内容のエントリーがございました。

カリスマブロガーのちきりんさんが「大事なものはコストで決めない」とのトピックで居住用不動産に関しては「損か得かとういうお金の比較」で決めないとバッサリ斬られています。

いやーいいですねー。一度でいいからこんなキザな事言ってみたいわー。
流石、MBA、マッキンゼーとエリート街道を驀進されフリーになった途端に日本有数のカリスマブロガーになられた方ならではですね。
そして得てして、人はこういう美しい言葉に非常に弱いです。

それに対して自分は、まず損得で家を決めました!

とある紙媒体の広告を見た時、何コレ今払ってる家賃より安いじゃん!広いじゃん!一戸建てじゃん!ロケーションもグッドじゃん!
奥さんと一緒に見に行って、奥さんも大喜びでした。
お金も得だし、奥さんの幸せな顔も見られる。いう事ナスです。
逆に誰かに先を越されないか心配してた位に、ダッシュで申し込みましたね。

日本人が誰でも彼女のようにお金の事を考えずに物を買える訳ではありません。
お金が選択の第一理由にならざるを得ないシーンにもいっぱい遭遇します。
こういうとまた叱られそうですが、人生のパートナー選びでも経済的損得を重視されるレディーが多い事は否定出来ないと思います。
自分は、むしろ逆に大事な事程、損得で選ぶべきだと思っています。
それをふわふわとした感性で選ぶと、何でもアリになり身の丈を超えるような選択も許されてしまうのです。

カリスマの言葉に煽られて、高額な物を好き嫌いの感情で選ぶと結局、己自身の経験としてお金の勉強をさせられる訳です。
一方、カリスマの方は読む人に心地の良い言説をばらまいて自分の大好きなお家に住める訳です。
(とはいえ、自分もちきりんさんの本買ったんですけどねorz。だってアーリーリタイヤーならやっぱ心地良いんだよねぇー彼女の提言は。)

人は皆、資産家の家で生まれる訳でもなければ、ハイスペック人材に成れたり、株やFXで一発当たる等の僥倖に恵まれている訳ではありません。

スタートラインが例え貧乏であったとしてもそれ故恥ずかしいとは、自分は全く思いません。

賃貸派の方で、30年ローンでマイホームを買う事を貧乏臭いと揶揄する言説がありましたが、いい大人がそのような言葉を公言する方が余程恥ずかしいと思います。

アメリカではどんなにお金を持っていても上記のような言説をする人は人間扱いされません。(こんな事言うと、ここは日本だからとまた恥ずかしい反論をされるかもですが)

自分のようなコミュ障ぼっちのロースペックサラリーマンでも別に資産家の長男に生まれた訳で無くても家族持ちでも徒手空拳でも考え方一つだけでアーリーリタイア出来ました。

その為にはお金の問題は絶対に絶対に避けて通れません。

最近のBライフの隆盛でも感じるのですが、嫁・子供・住宅ローンの3点セットとアーリーリタイアは二律背反するものと思われているフシがあります。

でも自分は、普通のどこにでもいる家族持ちサラリーマンでも、僥倖に恵まれなくても、会社で働かない人生を送りたい方に何がしかのヒントを提供したいと思っています。

人として言っちゃいけない言葉ってあるよねと思われたお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ







お暇でしたら姉妹ブログも覗いてやって頂ければ幸甚です。
  ↓
友達0人ですが何か?
posted by 山中 一人 at 13:50 | Comment(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする