2017年01月22日

高齢化社会だから日本終了は本当か?

世界経済が成長しているここ20数年において、ひとり日本経済のみがいつまでもデフレ不況に呻吟して、株価においても日経平均で未だ過去最高値の半値水準でしかありません。

そして多くの識者が未来の日本経済について極めて悲観的な見解を発しております。

その大きな理由として挙げられるのが、日本は世界一の加速度で高齢化社会が進展する事が不可避である事です。

全く予測不可能な未来の事柄において唯一かなりの確度で予想出来るのが、人口予想と言われています。

そして我が国においては将来、加速度的な高齢化社会が到来する事が不可避と言われています。

よって、高齢者人口の急増により日本経済は立ち行かなくなるとの悲観論が渦巻いており、殆どの国民が生活防衛に走っているのが現状でありましょう。

確かに、自分自身も日中スーパーに行こうが、スポクラに行こうが、ファミレスに行こうが、カラオケに行こうがジジイ・ババアしか居らず、一体この先日本はどうなるのかと陰鬱な気分になってしまいます。(つーか平日昼間にそんなトコでブラブラしてる俺の方がオカシイかw)

しかし、我々投資家にとって最も重要な事は、果たして高齢化と株価が密接にリンクしてるのかどうか?という事です。

そこで戦後からの長期に渡る、高齢者割合と株価の統計数値を実際にグラフにして見ました。
  ↓
高齢者割合.png
経済省統計局データより

図中の高齢者割合は総人口に占める65歳以上の割合です。

あれー?高齢化と株価って関係なくねー?てか寧ろ高齢化した方が株上がるんじゃね?
って話になってませんか?

これ、統計の専門家が見れば、有意に高齢化は株価に対してプラスの効果になると結論づけざる得ないのでは?と思わざるを得ませんよね。

巷では将来高齢化が来るぞーと散々煽られてますが、世界から見れば日本は既に超高齢化社会真っ最中なのです。

そして現在の株価は既にそれを織り込んでの株価なのです。

因みに、1995年の高齢化割合は14.6%であり、2015年時点では26.7%なので約2倍もの急上昇ですが株価はほぼ同水準ですね。
そしてこのブログをご覧頂いてる多くの方が爺さん婆さんになってる2040年においても36.1%な訳で、加速度においては直近の20年よりも寧ろ緩やかになってるとすら言えます。

勿論、他にも総人口の減少とか、労働人口の減少とか、少子化の進展とかの様々な負のパラメータが存在する事も否定出来ません。

しかし、それらを加味しても、株価のボラティリテイの大きさの方が遥かに大きいと結論付けざるを得ないのではと個人的には思いますが、皆さんはどうお考えになられますでしょうか?

この陰キャブログの唯一の存在意義は万人の常識が本当なのかの検証を誰も頼んで無いのに無料で提供してる所かなと感じて頂けましたら応援ポチ頂ければ励みになります。(長っ)
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




posted by 山中 一人 at 00:47 | Comment(4) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする