2017年10月29日

【警告!】株で大儲けしても絶対に奥さんに言っちゃイケナイヨ!

株で大儲けした事をうっかり奥さんに喋ってしまった為に、厄介な目にあってしまった旦那さんの記事が載っていました。
  ↓
夫が隠れて株で1500万円も儲けてた(怒)

34歳の専業主婦です。家族構成は私と夫35歳と3歳児の3人です。
結婚前の自分の貯金300万円で運用してて、アベノミクスで儲けて1800万円も口座にあるそうです。
私はすごい頭にきて何で黙っていたのか!全部家計に入れるよう!と言ったのですが、いうことを聞きません。
自分で独身時代に稼いだお金だからダメというのです。
夫は貯金が趣味なので独身時代から結構蓄えがあります。
私は結婚した時はほとんど貯金してなかったです。
せめて、儲かった1500万円は家計口座に入れて欲しいのですが、どうやって説得したらよいでしょうか?

以上、発言小町より抜粋

さすがにこの恐るべし鬼嫁のずうずうしい一方的な主張に対しては、「がめついのはお前の方だろ」とか「浅ましい」等の非難が殺到しているようですw。

しかし株をやってる我々にとっては、もしも奥さんが株の儲けの半分をよこせと言った来た時に法律的にはどうなのか気になる所ではあります。

それに対する、法的解釈の記事がありました。
  ↓
独身時代のお金を元手に株で大儲け…財産分与の対象になる?

​夫が独身時代に稼いだお金は「特有財産」になります。そして、そのお金を使って、結婚後に株で大金を儲けていたとしても、元手が「特有財産」である以上は、それを運用して得たお金も「特有財産」であることは変わりがありません。
そのため、夫が独身時代に稼いだお金を使って結婚後に株で大金を儲けたとしても、儲けたお金は財産分与の対象にはなりません」(理崎弁護士)


以上、2017年10月28日シェアしたくなる法律相談所より抜粋

結論としては上記の旦那さんは結婚前に貯めたお金を増やしたのでセーフ(つまり全部旦那の物)でした。

まぁ、常識的にも当然ですね。

しかし、問題はこんな鬼嫁の場合、いくら法律では正しい云々と言い聞かせようとしても、たぶん納得はしないんだろうなぁーとは容易に想像がつきますよねw。

何故なら、株をやった事の無い多くの人にとっては株で儲けた事は宝くじに当たったのと同じなんですよ。

なので、宝くじに当たっても絶対に誰にも(もちろん奥さんにも)、喋ってはいけないのと一緒で株で儲けても奥さんには言わない方が身の為なんですよねぇ。

因みに、この問題に関しては2年半前に拙ブログにても既に警鐘を鳴らさせて頂いておりますw。
  ↓
妻帯者アーリーリタイヤーは、決して預金通帳を奥さんに見せてはいけません。

拙記事中の、【その六 現在、自分の資産がいくらあるかは内緒にしておく事】は妻帯者投資家にとっては肝に銘ずべしライフハックなのであります。

どんなに純真無垢な奥さんでも、お金の話になると人間変わるものですからね。
というか今の日本で純真無垢な女性を見つけるのは株で儲けるより難しいですがね・・・(-。-)y-゜゜゜

6736917.png
結婚のひとつの魅力は、双方にとってだまし合いの生活が絶対必要となることだ。
BY オスカー・ワイルド

全てを正直に話す事が誰得にもならない事っていっぱいあるよねと思われるお方はポチッとお願いします。これからも貴方の為の生活の知恵を提供させて頂きます。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




posted by 山中 一人 at 15:22 | Comment(2) | アーリーリタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする