2019年03月04日

タダより安いものは無い【断言】

p144.jpg
「入りやすい店の秘密」・日本経済新聞社・1993年より抜粋したイラスト


昨日は、某カー用品店のリニューアルオープン記念で先着100名までに即席めん2食分を無料配布してたので、朝一で行って貰って来ました。

高級グルメ麺だったので、店で買えば500円はすると思うと、朝から幸せな日曜日になりました。

よく「タダより高いものは無い」と言われますが、これは心理学の「返報性の原理」を狙い、多くの商売人は最初に無料で恩を売っておいて、後で高い商品を買わせるからです。

例えば、スーパーの試食販売なんてその典型例ですよね。

熱々のウインナーを食べさせて貰って、満面の笑みで迫られれば、全然買うつもりが無くても、乗せられやすい主婦ならついカゴの中に商品を入れてしまいます。

夜の接待なんかもそうですね。

高級なお酒と若い娘が横に座って夢心地気分にしてくれれば、多少危ない橋と分かっていても、つい片目をつぶってしまい、後で汚職事件に巻き込まれ、人生そのものを棒に振ってしまいます。

最上段のイラストのような催眠商法なんかも、まさに「返報性の原理」を応用した詐欺商法です。

最初はタダで商品をあげまくり、会場全体を何を言っても断れない雰囲気にしてから最後の最後で高額羽毛布団を売りつけるという手法でお年寄りがよく騙されています。

日本人は世界一、人がイイので(誉め言葉では無いですよ)、特にこれが効きます。

なので、しょっちゅう、タダキャンペーンをやっています。

我々は、彼らの思惑を知り、あぁ商売人がまた「返報性の原理」を使ってるなと覚れば、全く良心をとがめる事無く、がんがん只コ〇キになれば良いのです。

自分は、昔から土日の休みになると、タダキャンペーンをやってるような、住宅展示場やガス屋やカーディーラーに家族で行っては、タダのコーヒーとデザートを食べて、ティッシュ5箱と洗剤を貰って、家族サービスをしてます。

いやぁ、タダのコーヒーは本当に美味しいですね。お金を払ってないと思うと3倍美味しく感じます。

ネットだろうが、リアルだろうが、我々無職は、只コジ〇をしまくりましょう。

ただし、やり過ぎると、自分のように、「ああいつもの展示場ゴロが来たー」と察知されて、営業マンにぞんざいに扱われてしまいますから両刃の剣ですが。

キャンペーンゴロ最高派はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




posted by 山中 一人 at 19:55 | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年01月27日

20代女性の36%もデートDVに遭ってるって、ヤバくね?

k.jpg
デート費用を男が負担しないのはDVだからネっ!⇒ドケチ終了のお知らせ


女性5人に1人「デートDV」被害 自分責め被害認識乏しく 埼玉女性殺害

こうした交際相手からの暴力は「デートDV(ドメスティックバイオレンス)」と呼ばれその形態は、暴力だけはなく、束縛や嫌がらせなど多岐にわたる。被害者は追い詰められて自分を責めることも多く、被害が表面化しにくいことも。徐々にエスカレートして事件に発展するケースも目立ち、専門家は周囲への早期の相談などを促している。

 ■20代女性では36%も被害

 内閣府の調査(平成29年度)によると、交際相手から暴力被害を受けた経験のある女性は21・4%と、およそ5人に1人に上るという。20代に限定すると36%に達し、深刻度が増している。しかし、被害者のうち周囲に相談したという人は55・9%で、相談先が「警察」と回答した人は2%にとどまる。

 デートDV防止活動などを続けるNPO法人「エンパワメントかながわ」の阿部真紀理事長も「被害者は『おまえが悪い』などといわれ、自分が悪いから仕方ないと思わされるため、暴力だと気づきにくく被害が表面化しない側面もある」と説明。被害は氷山の一角で実際はもっと多いとみている。

 エスカレートの末に事件に発展するケースも後を絶たない。

 深刻化するデートDV被害だが、国の対応は十分とはいえない。26年の改正DV防止法で婚姻関係がなくても同居の交際相手から受ける暴力へも裁判所が保護命令が出せるようになったが、今回のような同居していない交際相手は対象とされていない。

 阿部理事長は「被害者は悪くはない。デートDVというものを知り、自分が被害に遭っていることを認識し、周囲に早く助けを求めてほしい」と訴えている。

1/25(金) 産経新聞 より抜粋引用

20代女性の約3人に1人もデートDVにあってるとはヤバ過ぎでしょ。

ある意味、多すぎてマヒしてニュースにすらならないといった感じすらします。

いやぁ、こんな統計を見ると、暴力大嫌い人間の自分は男で良かったとつくづく思いますが、最近では男の方もデートDV被害が増えてるそうなので、男でも安心できる時代では無いですね。

しかし、これだけ大多数の女性が暴力を受けてるにも関わらず、警察に相談したのは僅か2%というのが、如何にも日本的です。

イジメを親にも内緒にしたがるイジメられっ子と同じく、暴力を受ける自分の方が悪いと思い込まされる為、警察のような第三者には恥ずかしくて相談出来ない心理です。

しかも、記事中にもありますが、例え警察に相談した所で、現状デートDVには保護命令が出せないという事で、殆ど問題解決に至らないのが現状です。

故に、デートDVで何度も警察に相談してた女性が最終的に殺されてしまうという悲劇的な事件が絶えません。

結局、デートDVでも、イジメ被害と同じく、被害者の方が逃げる以外に現実的対策はありません。

ただ、DVが最近急に増えた現象かというと実はそんな事全然ありません。

昭和オヤジ全盛期には、むしろ、旦那が妻をぶん殴るとか日常茶飯事もいい所でした。

ここだけの話、ウチのオヤジもそうでしたし・・・(とっくに時効ですが)

だって、旦那の暴力が嫌で、家出した妻に対して、「かぁちゃーん!もう反省して二度としないから帰ってきてくれぇ〜」と親子で呼びかける、テレビ番組が普通にありましたし。

暴行罪の自白を全国民に顔面を晒してやってたのですから、今から考えると、スゴイ時代でしたねw。

でも、昔はそれが何の違和感も無く普通でした。

ホンの数十年前まで普通にあった事を今さら急にダメと言われても、中々無くせないのは当然かもしれません。

でも、いくら恋人同士の間柄とは言え、圧倒的腕力のある男性が身体的には非力な女性を暴力によって支配するのは人間として最低のクズである事を認識すべき時代なのです。

そして、人間のクズには、当然に法的に厳罰を与えるべきだと思うんですけどね。

でも、デート費用を奢らないのまでDVにするのはDVを矮小化して、逆に警察がDV被害を解決する道から遠ざけているヨと思われるお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




posted by 山中 一人 at 20:23 | Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年01月21日

「年収低い方の妻が家事をするのは当たり前だろ!」←まだこんな事言ってる昭和オヤジいるのw

tumblr_mhlcn0xBZc1r9l7xlo1_400.jpg
昭和のオヤジの平均値


非正規妻との「平等」家事分担にモヤモヤする、管理職夫の言い分―「年収低い方が家事」は合理的なのか


「正直に言うと、年収差が400万円もあるのだから、家事は妻が多く負担するのは当然だと思っています」

都内の大手メーカー勤務のワタルさん(仮名、40)から、Business Insider Japan編集部にメールが届いたのは、2018年暮れのことだった。

子育て中の共働き家庭。正社員で管理職のワタルさんに対し、妻は一部上場企業で契約社員として働く。

「非正規で年収300万円の妻が、自分の忙しさや大変さを全面にアピールしてきて、私にこれ以上の負担を求めてくるスタンスには辟易(へきえき)します。私は間違っているのでしょうか」

丁寧な口調で、淡々と状況が整理された文面、純粋な疑問を投げかけるメール。ぜひ直接話を聞いてみたいと思い、年明けの取材を申し込んだ。

  職場はフレックスタイム。仕事さえ目処がつけば、退社時刻は比較的自由だという。
「会社は女性の割合が高く、子育て社員にも理解があります。残業は比較的少なく働きやすい方だと思います」

神奈川県内の分譲マンションに妻と小学校1年生の息子と3人暮らし。共通の趣味で知り合い、約10年前に結婚した。

結婚前から契約社員として働く妻の年収は約300万円。ワタルさんは約20人の部下を抱える管理職で、年収は約700万円。収入差は倍以上ある。結婚当初から共働きで、家事や育児は相応に分担してきたつもりだ。

「妻は料理、2日に一度の洗濯、トイレ掃除。私はその他全般の掃除、毎日の食器洗いに、家事や家電のホコリ取りや、エアコンや換気扇の不定期のメンテナンスなどもやっています」

洗い上がった衣服をクローゼットにしまう、トイレットペーパーの補充、電球の交換など細かなことも、主にワタルさんが担っている。

一見、うまく回っている共働き家庭に見えるが、ワタルさんのモヤモヤが募ったのは、この1年のことだ。

息子が小学校に上がると、妻は職場で時短勤務が使える期間が終了。フルタイムで働くことになった。

共働き家庭に優しい保育園時代とは生活が一変。お便りや持ち物、宿題など、1年生ではあれこれ手のかかる学校関連のことは、妻がみている。

さらに、妻が非正規の立場とはいえチームリーダーに昇格。「責任ある立場を任されて、忙しくて休めない」と言うようになり、子どもの病気の時は、ワタルさんも休みをとるようになった。

「子どもの小学校入学に加え、妻は昇格したことから、大変さを強調するようになりました。親への要求の多い学校への愚痴もよく口にしています。もっと私に家事育児を負担するように求めています」

妻の不満は募っているようだが、ワタルさんも同様に「不満が膨らみ続けている」という。

これまで納得済みでやってきた家事育児の分担そのものに対する考え方が揺らぎ、「年収差がこれだけあるのだから、妻が多く負担するのは当然なのでは」というモヤモヤした気持ちに気づいたという。

「むしろ、妻がもっとイキイキ仕事したり、やりがいをもって社会貢献しているのなら、協力もしたい。けれど、ラクな非正規の仕事を選んでおいて年収も半分以下。それで家事や子育てをさらに求められても、割り切れないのです」

1/21(月) BUSINESS INSIDER JAPAN より抜粋引用

自分より9歳も若い年代なのに、未だにこんな昭和脳が居るのかwと思いますが、本音では多くの男性が記事男性と同意見なんでしょう、きっと。

しかし、妻側の心の中は、「年収700万位でエラソーにするなんて100万年早えーよ!文句があるなら年収1000万以上稼いで来てから言って来い!」ぐらいなモンでしょう。

記事男性はフレックス制で退社時刻も自由が効くので、一般の低年収サラリーマンよりは、物理的に家事をする時間は十分ある筈です。

でも、もやもやしてしまうのは、40歳で年収700万もあって分譲マンションも買ってやったスゴイ俺が、20人もいる部下からは「課長課長」と呼ばれいつもおだてられているのに、一旦、家に帰った途端に、部下の女子社員にやらせていたような下らない雑事をさせられると思っているからでしょう。

この旦那の根本的な勘違いは、「オレより稼いでないクセに生意気にも俺に家事なんかをやらせるな」という本音にあります。

でも、この本音を言うと妻側は絶対に怒ります。しかも烈火の如くです。

だって、旦那の家政婦になる為に結婚する女性なんてただの一人も居ないからです。

しかるに記事男性の「年収400万以上稼いでるから家事はお前の方が多くやれ」との発想の裏には、旦那が食わせてやってるという本音が透けて見えます。

昭和脳の男性には残念なお知らせですが、今時、「ご主人様が会社で一生懸命頑張って稼いできてくれるお陰様で、私たち一家が暮らせるのだから、家の中はご主様のくつろぎの場所になるように精一杯ご奉仕させて頂きます」なんて殊勝な奥様は既に日本では絶滅しております。

現実はアキバのメイドカフェですらも、こちらの方から沢山話題を提供してご機嫌を取らなくてはなりません。

現代日本の女性を妻にもらうという事は充分な生活費を稼ぐ事は勿論の事、家事も半々とかセコイ事を言わずに、出来得る限りやる位の覚悟が必要な時代という事です。

現代では女性というだけで、それ位に素晴らしくて神々しい程の聖なる価値があるのです。

それが嫌な男性はそもそも結婚には向いてないという事で、時代と共に淘汰されてゆくのでしょう。だってそんな男性の遺伝子は残せないのですから・・・


但し、今は時代の過渡期ですので、まだまだ昭和脳の男性は山ほどいます。

なので、妻側も文句ばかり言ってると、高年収の管理職旦那が嫌気をさして、若い女子社員と不倫離婚⇒シングルマザーに転落という典型的なパターンに陥る危険性もあるので、ご注意召されませと老婆心ながらご忠告申し上げます。( ̄▽ ̄)

そんなに家事が嫌なら結婚せずに家政婦に頼めばーと思われるお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




posted by 山中 一人 at 19:30 | Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年01月08日

悩みの無いのが悩みですみたいな人がいたヲ

60e9d23507f87acf3b625e6e67addb27_s.jpg
幸せいっぱいに見える隣の専業主婦も心の中は寂しいようで・・・

夫の転勤で専業主婦、育児でウツになった30歳女性の告白「私って何だろう」

 都内で生まれ育った山中夏美さん(仮名、30歳)は、“寿退職”して夫の姓となった自分に大きな疑問を抱くが、それを胸のうちにしまっている。
 27歳で10歳年上の男性と結婚した。夫は安定した企業で働いているが転勤族で、交際中も何度も全国を転勤して回っていた。夏美さんは、大学を卒業してから非正規雇用ではあったが、地域に向けた学習会の企画から運営までのすべてを行い、やりがいを感じながら自治体で働いていた。
 
夫の勤務地である千葉県の郊外に引っ越し、新婚生活が始まったけれど、知り合いは一人もいない。失業給付金を受給しながら仕事を探しても、短期の仕事しか見つからない。焦り、孤独を感じ、うつ状態になっていた。

 うつ状態になった理由は仕事だけではなかった。婚姻届けを出したことで姓が変わったことも喪失感につながった。それを最初にはっきり感じたのは、妊娠が分かった時だった。病院で妊娠していることを告げられて嬉しいはずだが、夫の姓で呼ばれると、新たな命を授かった嬉しい思いがかき消され、「私っていったい誰なんだろう」と思えてきた。
 
「夫は転勤族。もし仕事が決まっても、すぐに転勤になって辞めるのでは迷惑をかけてしまう」と思うと無責任な気がして、パートでさえも仕事に就けない。そのうち、「そうだ。子作りしよう」と思い始めた。けれど、「私、どうしたらいい?」「私、なんのために存在しているの?」という思いがまた頭のなかを駆け巡る。
 収入がないのに家にいることが辛い。たとえ安月給だとしても、自分に収入がないことで「働かざるもの食うべからず」と思えてくる。夫の収入で自分が暮らしていることに疑問を感じてしまう。昼間、電気をつけず、夏は暑くてもクーラーもつけない。水道代の節約のためのトイレは3回に1回流せばいい、という生活を送った。

 朝、玄関で「いってらっしゃい」と夫を送り出してから、「おかえりなさい」と言うまで、誰とも話をしない生活。たまに実家に帰ると、地元の友達から「夏美って、昔は輝いてたじゃん」と言われて、まるで今がパッとしないようだと言われているのと同じで辛くなる。

女児が産まれ、ようやく、「自分は子育てという仕事をしている」と思えるようになり、「生活費からたまに自分のものを買ってもいいのかな」と思えるようになった。姓の問題も、赤ちゃんのうちは「○○ちゃんのママ」と言われるのが救いだ。気にせずにいられる。

 自己の存在意義を見出すことはできたのだが、出産後、夫の幼稚な部分が露呈した。夫は子育てや家事をやろうとしてくれている。やっているつもりはある。が、忙しくて子どもが寝てから帰ってくる。家事や育児で少しアドバイスすると「何やってもダメ出しされる」「否定される気がする」と、すぐにすねる。

結婚しても姓は変わらず、子どもができても、夫の起きる時間や生活パターンは変わらない。しかし、女性の側はそうはいかない。「男はずるい気がする」と夏美さんの気持ちは冷めてしまう。夏美さんが特に苦しさを感じるのは、「夫しか自分のやっていることを見ていないこと」。小さな狭い家のなかという社会のなかでしか生きていないと思った時は、自分がちっぽけになった気がして嫌だった。いろんな人と出会う日々があった結婚前とは大違い。ギアチェンジができない。

 落ち込みが激しくなり、何もできなくなって、心療内科にかかった。夕食を作っていても、どの材料がいるのか全く分からない。頭のなかで、どうしよう、どうしよう、という言葉がぐるぐるとした。 


1/6(日) AERA dot. より抜粋引用


今時、専業主婦を出来る程の高収入で安定した企業で働いている夫を持ち、子宝にも恵まれ、小うるさい姑からも解放された理想的な生活を送っているという、一般庶民が聞けば、まるで幸福自慢のような記事ではありますが、当のご本人はお悩みのようです。

正直、こんな事で悩めるなんて、この人は余程今まで蝶よ花よと育てられ何の悩みも無い順風満帆な人生を歩んで来たんだろうなぁと、つい思ってしまいます。

ストレスでストレスを上書き更新するような前半生を過ごして来た自分だからこそ余計にそう思うのかもですが。

とは言えこの人は、ウツ病になり心療内科にかかる程に真剣に悩んでおられます。

しかし、意外と専業主婦の方で上記事のように悩んでいる人というのは少なくないものです。

自分も、転勤した夫と一緒に新天地に来た専業主婦が自サツした実話を聞いた事がありますが、家族には原因がサッパリ解らなかったそうです。
その方も恐らくウツだったのでしょう。 

やはり人間というものは(特に女性は)承認欲求が強い生き物なんでしょうね。

特に日本人は働く事で他人に認められないと、自分の存在意義を見出す事が出来ない人が多いのでしょう。

何故なら、例え宝くじに当たっても会社を辞めないと言う人とか、定年退職して十分な年金があっても継続雇用で働き続ける人が多いという事からもそれが裏付けられています。

そんな人が専業主婦になって無職になると、上記事のように苦痛で心を病むくらいにオカシクなってしまうのですね。

まさに、「小人閑居して不善をなす」のコトワザ通りです。

そんなに働きたいなら、一生転勤の無いような地元の零細企業で働く次男坊とでも結婚すればそもそも家計が許しませんから、否が応でも働かなくてはイケナイんですけどねぇ。

それか、ヒモニートに婿にでも入って貰えば、自分を見失ってしまうほどに拘りのある姓も変えずに済みますよ。

高収入の旦那から見れば、恐らく、ワケワカメでしょう、きっと。
内心「これ以上どないせーちゅうねんっ」とぼやいてる事しきりだと思いますよ。

自分の奥さんにもこの可哀想な専業主婦の話をしてみましょうかね。「オレが無職の旦那のお陰で、存分に働けて君は本当に幸せだねっ」て。
何倍になって口撃が反ってくるか今から楽しみです(^-^;

結局、上記事は夫婦別姓を推し進めたい、如何にもア〇ヒらしい目的を持ったプロパガンダでしたが、こんな悩みの無いのが悩みみたいな人をモデルケースに持って来るから国民の支持が得られないという事が分からないんでしょうねぇ、彼等には。

近い将来、昔の日本の奥さんは悩みの無いのが悩みの人が居たそうだよと羨ましがられる時代が来るだろうねと思われるお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




posted by 山中 一人 at 18:04 | Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年12月15日

女にとってブサイク男は、稼げなくなると存在価値が0になるのか?

570cdad236736e1cb5e975a9be63338d_s.jpg
幸せの赤い糸も、マネーの供給が無ければ簡単に切れちゃいます(´Д`)


稼げなくなった途端に妻に捨てられた哀れな旦那を見て切なくなりました。
  
交通事故で謹慎 「インパルス堤下」が告白する窮乏の給与明細

スケジュールの空白期間は、その後の彼に何をもたらしたのか。昨年、2度の交通事故を起こし、謹慎生活を送っていたお笑いコンビ「インパルス」の堤下敦(41)。約1カ月前から芸能活動を再開させた彼は、謹慎中に家庭を失い、日々、自殺を考えていたという。アルバイトで糊口を凌いでいた彼が語る、謹慎生活「給与明細」――。
.
「この1年は、ネットやテレビも見ずに身内や友人とだけ会っていました。事務所の先輩後輩とは連絡を取っていましたが、申し訳ない思いが強く、初めのうちは顔も合わせられなかった」

 そう語るのは堤下本人。昨年6月、睡眠薬を服用した状態で車を運転し、最初の事故を起こしてしまう。ところが、書類送検され、活動自粛していた矢先の10月、今度はごみ収集車に車をぶつけ、2人に軽傷を負わせてしまったのである。
.
「給料は、すぐに10分の1以下になりました。仕事は一切なく、過去のDVDの売上金が少し入る程度。一番少なかった月は143円なんて時もありました。貯金を切り崩す生活で、預金通帳から0の数字がどんどん消えていくんです」

 生命保険を解約して生活費に回したほど、追いつめられた。とはいえ、

「当初は、家族と一緒に生活していたので、6歳になる娘との時間が精神状態を保っていた面はあります。幼稚園の送り迎えや公園に連れて行く時に外に出ていました。妻も勇気づけてくれ、家族のお陰で気が紛れて救われていました」

 だが、今年の春、先が見えないことから、離婚を決断。家族を失い、神奈川県の実家暮らしとなった。

「その時点で子供と一緒に住めないという実感が湧いたのを覚えています。毎日毎日、携帯の写真を見ては……。時間の進みが遅くなったように感じました」

「復帰出来ても、正直仕事なんて一つも来ないと思い不安でした。でも、先月はインパルスとして、テレビでネタを披露しました。嬉しかったし、謹慎中に支えてくれたみんなに感謝の気持ちで一杯です。これから先、どんな仕事であろうと、常に自省の気持ちを持ちながら、頑張らないといけないと、そう思っています」


「週刊新潮」2018年12月13日号 掲載 より抜粋引用


上記の無収入に陥った芸人に限らず、旦那がリストラされた事をきっかけに、離婚されるケースはよくあります。

失業した当初は、失業手当があるからまだなんとかなるのですが、特別に秀でた能力も無い中年のおじさんが以前の職場並みの給料で転職なぞ望むべくも無く、無職のまま失業手当が切れた途端に生活が破綻して、妻は子供を連れて実家にサヨナラ〜です。

実際、無職の旦那と一緒に生活するよりは、母子家庭手当と慰謝料・養育費のダブルインカムの方が、奥さんにとっては遥かに良いからです。

旦那にとって最後の命綱であった退職金も慰謝料・養育費で簡単に消えて行き、どん底に突き落とされるまでがワンセットです。

結局、ブサイクが結婚出来たのは、金銭的魅力という大きなバックボーン故にという事が図らずも露呈した訳ですね。

哀しいけれど、それが現代日本の夫婦生活のリアルでもあります。

そして、これは全てのブサイク旦那に起こり得るわが身現実なのです。

だって、シングルマザーを雇った企業には優遇制度が有ったり、保育園料減免・各種減税措置等、まるで国は離婚を推奨してるかのような制度をどんどん拡充していますからね。

当然、私だって月30万円の生活費を渡せなくなった途端に即ポイ捨てでしょう。

いや、それ位で済めばまだマシな方で、保険金かけて今すぐシネと言われるかもしれません。

男女平等を叫ぶ人権屋さんも獲物を取れなくなったオスの人権については全く無視なんですよねぇ・・・

稼げなくなった途端に離婚推奨の今のご時世ってオカシクない?と思われたお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




posted by 山中 一人 at 21:19 | Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする