2019年02月28日

家も買ったし、車も買ったし、結婚もしたけど、仕事辞められましたが何か?

09fcec19608cda7976b06609a84333c1_s.jpg
まさか、未だに「婚約指輪は給料の3ヶ月分」なんてダイヤモンド会社のステマに踊らされている人はいないよねw


何故か、アーリーリタイアするには、家も車も結婚もガマンしなくちゃならないという修行僧のような生き方をしないと無理だと誤解されてる方が多いようです。
       



セミリタイアを推奨されるブロガーで上記のように極端な金額を計上して、だから、上記のモノを持たなければ自由な生活を送れると煽る方がおられます。

自分から見れば全部「いや極端www」としか思えません。

家族(6500万円)もしかして未だに女は男が養うモノ価値観の持ち主ですか?

家(6000万円)とか、どんな豪邸に住むのかなw
引っ越し病で無ければ、賃貸より所有の方がアーリーリタイアには近道ですよ。(勿論、個々のライフスタイルによりますが)

自動車(4200万円)とか6年毎に買い替えてるのかな?
大体、今の車は非常に頑丈なので、20年位は持ちますよ。
だってロシア人とか平気で20年落ちの日本車の中古車を喜んで買って行く位ですから。
あと、車検は勿論ユーザー車検です。

結婚(550万円)結婚式も指輪も無いですが何か?
新婚旅行は国内でしかも、いまどきの新婚カップルが殆ど来ないような所でしたが、いい思い出でしたよ。

金がかかるから最初から一切の事をしないのは節約とは言わず、ただの思考停止です。

必要な事を如何に、頭を使って、リーズナブルに獲得するかを実行するのが節約なのです。

結局、人生の4大コストにお金がかかるという思い込みは多くの日本人が商業主義によるステマで高額消費をするように洗脳されているからです。

そんな刷り込みに騙されて、最初から全てを放棄して、ただ通帳やモニターの数字だけを増やす人もまた、商業主義の犠牲者だと思います。

老後の不安を埋める為にだけ、数字を積み増す事に価値があると思わされているとすれば、それもまた金融界の刷り込みだからです。

何で100か0かの2項対立でしか考えないのかが不思議です。

間の50という選択肢もあるのに、節約バカも消費バカも極端すぎるんですよ。

車や一戸建てを見るだけでも怖くてブルブル震えて入れないとか、〇っぱ〇を見るだけでも鳥肌が立つとかの特殊な癖でも無い限り、自分の予算に見合う範囲で買い、自分の価値観に合うパートナーと一緒になって、且つアーリーリタイアすれば良いだけの話だと思うんですけどねぇ。

何で結婚とリタイアがトレードオフなの?と思われるお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




posted by 山中 一人 at 19:49 | Comment(12) | アーリーリタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
経済的自由を目指しながら節約という不自由に縛られるのは、やはり矛盾しているんですよね。
浪費しなければ生きられないのも、浪費するだけお金がなくて諦めるのも、お金の奴隷であるという点では同じ。
大事なのは浪費でも節約でもなくて、自分の生きたいように生きられることです。
Posted by 幸福賢者 at 2019年03月01日 00:32
タクさんもインフルエンサーと呼ばれている一人だけど、極論を発しないと目立たないからこういったツイートをしているだけのような気もします。

ただこのようなツイートに影響される人(特に若い世代)もいるので何だかなあというもやもや感はありますね。

個人的にはゆるく生きて行こう世代は全然ゆるくない選択をする傾向があると感じています。サラリーマンをやめてフリーランスのパターンとか起業のパターンですね。自分軸がないうちにやってもうまく行かないと思いますがこういった論調に感化されてしまいがちなんだろうな。
Posted by クロスパール at 2019年03月01日 05:11
>幸福賢者 さんへ

>経済的自由を目指しながら節約という不自由に縛られるのは、やはり矛盾しているんですよね。
浪費しなければ生きられないのも、浪費するだけお金がなくて諦めるのも、お金の奴隷であるという点では同じ。

はい。節約バカもまたお金の奴隷になって自由を奪われている事に気付かずに、浪費バカを笑っている所がツッコミ所ですね。

>大事なのは浪費でも節約でもなくて、自分の生きたいように生きられることです。

はい。真に自分を持つとはそういう事だと思いますね。
Posted by 山中 一人 at 2019年03月01日 08:26
>クロスパール さんへ

>タクさんもインフルエンサーと呼ばれている一人だけど、極論を発しないと目立たないからこういったツイートをしているだけのような気もします。
>ただこのようなツイートに影響される人(特に若い世代)もいるので何だかなあというもやもや感はありますね。

ブロガーのご本人さんは、バズれば利益が得られますから、極論を発する事自体がポジショントークな訳ですが、それに影響されていいねを押して、自分も結婚や家を持たない主義です(キリッ!)。とかコメしてる若い人達を見ると何だかなぁ〜という気持ちになります。
アフィブログに煽られて、思考停止に陥り自分の人生を左右されてる事に気づかないのが哀れです。
それこそぬこさんみたいに歳を取ってから、「今頃結婚して家庭もある人生を送れたのに・・・」と後悔しても遅いのですけどねぇ。

>個人的にはゆるく生きて行こう世代は全然ゆるくない選択をする傾向があると感じています。サラリーマンをやめてフリーランスのパターンとか起業のパターンですね。自分軸がないうちにやってもうまく行かないと思いますがこういった論調に感化されてしまいがちなんだろうな。

はい。若くして、隠居生活してる人のライフスタイルとか、とても自分には真似できないようなハードな生活を送っておられますね。
サラリーマンよりハードな生活で何がゆるいのかさっぱり意味不です。
Posted by 山中 一人 at 2019年03月01日 08:44
「30歳独身、アーリーリタイアメントして年間100万円台で暮らしてます。」と、いうブログ記事をよく見かけますが、正直何が楽しいねん? とは思います。

せっかくアーリーリタイアメントするからには、贅沢は出来ないにせよ、それなりの生活レベルを保てないようでは意味がありません。


近々私のブログでも触れるつもりですが、結婚をしたほうが経済的にもお得な面が多々あります。
万が一アーリーリタイアの計画が狂っても、2人でバイトでもすればそれなりに生活は維持できますしね。
Posted by だいきち at 2019年03月02日 10:04
>だいきち さんへ

>「30歳独身、アーリーリタイアメントして年間100万円台で暮らしてます。」と、いうブログ記事をよく見かけますが、正直何が楽しいねん? とは思います。

同感です。他人事ながら、あちらの方はどうしてるのか心配になる程です。もしも自分が賢者タイムのみの毎日が続くと思うと死にたくなります。

>せっかくアーリーリタイアメントするからには、贅沢は出来ないにせよ、それなりの生活レベルを保てないようでは意味がありません。

はい。進んで修行僧のような暮らしを強いられる意味がわかりません。

>近々私のブログでも触れるつもりですが、結婚をしたほうが経済的にもお得な面が多々あります。
万が一アーリーリタイアの計画が狂っても、2人でバイトでもすればそれなりに生活は維持できますしね。

はい。一人で住むより二人で住む方が、一人当たりの家計が割安になるのは道理ですからね。
結婚したら損をするという人は、未だに男は外で働き、女は家を守るの昭和価値観で凝り固まっているからですよね。
記事楽しみにしています。
Posted by 山中 一人 at 2019年03月02日 11:46
人生におけるプライオリティは人それぞれなので、各人が望むようにすれば良い、で議論が終わってしまうのですが、アーリーリタイヤの観点では次のように考えております。

精神的自由の観点では、アーリーリタイヤする人の傾向として内向的で人付き合いを望まず、1人が孤独どころかとても幸福なので、独身が好都合と思われます。

時間的自由の観点では、そもそも時間的自由を求めてアーリーリタイヤするのですから、誰にも気を遣わず行動できる独身が好都合と思われます。

経済的自由の観点でも、1人暮らしの生活費は妻子持ちのそれよりはるかに低額なので、独身が好都合と思われます。

なお持ち家とマイカーについては、価値観と懐具合で決めれば良い話でしょう。

主様は妻子持ちでいらっしゃり、アーリーリタイヤの難易度が極めて高い状況でアーリーリタイヤを成し遂げられたわけですから、(主様は謙遜なさいますが)人並み外れた才能と努力があったということが分かります。

一方で小生のような凡人は、とてもじゃないがそのような挑戦は精神が持たずできないので、難易度の低い独身を選択いたしました。「善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり」という名言が思い起こされます。

妻子持ちでのアーリーリタイヤが簡単であるかのような喧伝は、事実と異なりますのでおやめになった方が吉かと存じます。
Posted by お魚次郎 at 2019年03月02日 13:00
>お魚次郎 さんへ

>精神的自由の観点では、アーリーリタイヤする人の傾向として内向的で人付き合いを望まず、1人が孤独どころかとても幸福なので、独身が好都合と思われます。

自分はド内向的でド人付き合い大嫌い人間ですが、結婚生活は全く別物です。
だって家族ですから。

>時間的自由の観点では、そもそも時間的自由を求めてアーリーリタイヤするのですから、誰にも気を遣わず行動できる独身が好都合と思われます。

自分は、結婚してからも殆ど単独行動なので奥さんには全く気を遣って無いのですが、もしかしたら、自分の奥さんがタマタマ超素晴らしい人なのかもしれません。
もしも、常に束縛される結婚生活を送れと言われれば、絶対ギブなので、これについては相手によっては仰る通り独身の方がいいという話になりますね。

>経済的自由の観点でも、1人暮らしの生活費は妻子持ちのそれよりはるかに低額なので、独身が好都合と思われます。

逆に、日本のようにお金のかからない国で、何にそんなにお金を使う必要があるのか疑問です。
修行僧のような生活をして、老後の為にお金だけ余らさせる意味が分かりません。

>一方で小生のような凡人は、とてもじゃないがそのような挑戦は精神が持たずできないので、難易度の低い独身を選択いたしました。「善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり」という名言が思い起こされます。

株で資産を築ける可能性があったかもしれないのに、最初から可能性を捨てるのは、非常に勿体ない気がしますが、個々の性格によるという事なのですね。
自分は、出来る限り、一番可能性の高い方法を公開してるつもりなので、それを選ぶかどうかは読者様が選ばれればよろしいかと思っております。

>妻子持ちでのアーリーリタイヤが簡単であるかのような喧伝は、事実と異なりますのでおやめになった方が吉かと存じます。

ホリエモンや上記アフィブロガーは、4大コストのハードルを殊更高く見せる事によって、安易な方向に安住したがる若者を誘導していますが、その本来の目的はサロンビジネスやアフィ収入な訳で、そんな煽りに載せられる事によって、前の記事で書いたぬこさんのように歳をとってから、「もっと若い時に結婚しておけば良かったー」と大後悔しても遅いので警鐘を鳴らしたいのです。

実は、ある覚悟さえ持てばアーリーリタイアなんてはるかに簡単なので、次回はその件について記事を書きたいと思います。
Posted by 山中 一人 at 2019年03月02日 22:14
確かにリタイアせても結婚や家をあきらめる必要なんでないですよね
Posted by 不二 at 2019年03月03日 21:58
>不二 さんへ

>確かにリタイアせても結婚や家をあきらめる必要なんでないですよね

はい。低スペックの自分でも出来ましたので、全然あきらめる必要は無いと言えます。
Posted by 山中 一人 at 2019年03月04日 18:01
デ〇アスは結婚指輪は給料3か月分というステマは世界中でやったけど、そのまま純粋に踊らされて相応の金額を出すようになったのは日本人だけとどこかで読みました。
日本人って・・・
Posted by 招き猫の右手 at 2019年03月18日 21:12
>招き猫の右手 さんへ

>日本人って・・・

バレンタインデーから恵方巻やハロウィンまで、日本人は商売人のステマに簡単に踊らされますからね。

きっと、殆どの日本人は、皆と同じことをしないと死ぬ病気なんでしょう。
Posted by 山中 一人 at 2019年03月19日 23:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。