2019年03月01日

10年のバイトをするべきか、2年リタイアを遅らせるべきか?

cd5ace0fe497b2d6fe77581912ba7008_s.jpg
量子力学によれば、人が選択する度に、世界が分岐してパラレルワールドが出来るという説があるとの事で、未だに社畜人生を送っているもう一人の自分の世界もあるかもしれません。


某大型掲示板のリタイアスレでちょっと引っ掛かかる意見があったので紹介します。
  
s.jpg

40代男性の平均手取り年収が500万円位だとして、週3日程度のゆるいバイトだと手取り年収100万円位でしょうから、10年分のアルバイト収入と2年分の正社員収入は丁度釣り合います。

それなら、10年バイトする位なら、2年リタイアを遅らせるという後段の方の選択肢は成る程有り得そうな話です。

ただ、正直、この発想はリタイアを頭の中だけで妄想してる人の空論なんですよね。
リタイア実践家から言わせて頂ければ。

ただただ金の為だけにやりたくも無い仕事をする、行きたくもない会社に行くというのは、僅か2年でも無理だからこそのセミリタイアなんですよ。

人は嫌な時間というのは10倍長く感じるモノです。

つまり、通常人にとってはたった2年であっても、リタイア人にとっては20年しかも痛苦にまみれた筆舌に尽くしがたい20年なのです。

よって、その2年後までに自殺してしまうか心の病気になる可能性だって大有りなんです。

自分が自分で無くなる位なら、ゆるいバイトや暇つぶし程度の適当な仕事や自分の好きな事で家計が成り立つなら、速攻リタイア生活に突入するのがセミリタイア人の価値観です。

2年正社員を続けられる人は、その2年後になれば老後の心配等でどうせならもう2年頑張るかとかいう心持ちになり、金ばかり貯まって永久にリタイアしない人でしょう。

そして、あるじゃんとかで、「リタイア生活が怖いです」とか言って金持ち自慢をするのでしょう。

そして、例え2年後にリタイア出来た人でも、そこまで社会に適合出来る人は逆に、フルリタイアすると、社会との一切の関りの無い生活が暇すぎるとか言って耐えられなくなり、再就職するか、バイトするかになるでしょうから、結局同じなんですよね。

ブログ村にセミリタイアカテゴリは沢山有っても、フルリタイアカテゴリが一つも無いのも、多分、フルリタイア人の存在にリアリティが無いからなのでしょうね。

あと2年を続ける事がそもそも無理なのがリタイア人なんだよと思われる同士はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




posted by 山中 一人 at 18:09 | Comment(8) | アーリーリタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はときどきバイトするつもりで、当初よりリタイアを3年早めましたが、バイトしなくても行けそうな気がしだして、バイトする気が無くなっているのが今です。
そして3年早めた事は正しい選択をしたと感じていますね。
やっぱり嫌々やる事は苦痛ですから。

リタイア系のブログや某巨大掲示板のスレをみていると、あなた仕事好きでしょう?と思える人が結構な数のコメントやレスをしてたりしますよね。
Posted by 働きたくない at 2019年03月01日 21:00
実は2年の仕事より10年のバイトの方が苦痛だったりします。
たとえ嫌な仕事でもリタイアという目標がある人生は意外と充実します。

それより目標もなく収入の時間効率も低いバイト生活の方がずっと辛い。
昔高給だった人ほど、バイトの低収入に耐えられないでしょう。
もちろん、それが理解できるのはリタイアしてからなんですけどね。
Posted by 幸福賢者 at 2019年03月01日 22:15
>働きたくない さんへ

>私はときどきバイトするつもりで、当初よりリタイアを3年早めましたが、バイトしなくても行けそうな気がしだして、バイトする気が無くなっているのが今です。
そして3年早めた事は正しい選択をしたと感じていますね。
やっぱり嫌々やる事は苦痛ですから。

凄くよく分かります。
もう少しリタイア時期を延ばせば良かったなんてサラサラ思えませんからね。
辞めても、生きていけると思ってから、会社に行くのは通常の3倍苦痛でした。

>リタイア系のブログや某巨大掲示板のスレをみていると、あなた仕事好きでしょう?と思える人が結構な数のコメントやレスをしてたりしますよね。

はい。なんなんでしょうね、あの人達は(笑)
妄想だけでお腹一杯になれる性質なんでしょうかね。
Posted by 山中 一人 at 2019年03月01日 22:48
>幸福賢者 さんへ

>実は2年の仕事より10年のバイトの方が苦痛だったりします。
たとえ嫌な仕事でもリタイアという目標がある人生は意外と充実します。

いやー、明日の百より今日の五十で、その2年が耐えられないのですよ、セミリタイア人という人種は。
自分の場合は、いくらリタイアの目標があっても、ただただ辛かったですけどね。

>それより目標もなく収入の時間効率も低いバイト生活の方がずっと辛い。
昔高給だった人ほど、バイトの低収入に耐えられないでしょう。
もちろん、それが理解できるのはリタイアしてからなんですけどね。

これについては、自分はリタイアしてからバイトしてないので、何とも言えないのが正直な所ではあります。
自分のように株の収入で食べているのは、同じセミリタイアでもバイト系と違うのかな?
まぁ、でもバイト系のリタイヤーさんのブログを見てても、それが無いと餓死するというよりは、社会との接点代わりといった感じなので、仰られるような悲壮感は全然無いですけどね。
Posted by 山中 一人 at 2019年03月01日 23:05
今回、3か月労働を終えましたが、労働ってほんとくだらないし、キツいと思いました。
ましてや正社員での責任あるポジションで2年も3年もとなると頭がおかしくなりそうですね。
少々見切り発車でもとっととセミリタイアして良かったです。

それにしてもパラレルワールドが量子力学からのものだとは知りませんでした。
不確定性原理とかそういうことなんですかね。
Posted by 招き猫の右手 at 2019年03月18日 21:08
>招き猫の右手 さんへ

>今回、3か月労働を終えましたが、労働ってほんとくだらないし、キツいと思いました。
ましてや正社員での責任あるポジションで2年も3年もとなると頭がおかしくなりそうですね。
少々見切り発車でもとっととセミリタイアして良かったです。

はい。「やっぱり労働はくだらない」シリーズを読みましたが、自分にはとても耐えられないとひしひしと再確認させて貰いました。
セミリタイア出来るのに、働き続けられる人ってのは、やっぱり根本的に人種が違うとしか思えませんね。
どちらがいいか悪いかは別として。

>それにしてもパラレルワールドが量子力学からのものだとは知りませんでした。
不確定性原理とかそういうことなんですかね。

不確定性原理とパラレルワールドが直結するかどうかは自分には分かりませんが、もしもパラレルワールドが存在するとすれば、現代量子力学の数式が全て矛盾無く整合性がとれると物理学者の多くが認識してる所は非常に興味深く夢があります。

だって、パラレルワールドの一人なら、好き放題の人生を歩んだって、責任感じる必要が薄れますからね。
Posted by 山中 一人 at 2019年03月19日 23:29
仕事辞めて3年になりますが1秒でも早く辞めたいのにそれを2年遅らすなんて無理です

今だったらバイトくらいしてもいいかなって思います、嫌ならいつでも辞められますから
まあ実際はやらないんですけどね
Posted by マッドマン at 2019年03月24日 11:09
>マッドマン さんへ

>仕事辞めて3年になりますが1秒でも早く辞めたいのにそれを2年遅らすなんて無理です

はい。今辞めても、暮らせるのに更に2年間も毎日牢獄に通うのは、ハード過ぎますよね。
だって、我々にとって会社はムショと殆ど一緒ですからね。

>今だったらバイトくらいしてもいいかなって思います、嫌ならいつでも辞められますから
まあ実際はやらないんですけどね

実際に辞めてみると、バイトしなくてもなんとか生活出来るもので、そうなると、例えバイトといえども、僅かな金銭の為にワザワザ働くのがバカバカしくなりますね。
Posted by 山中 一人 at 2019年03月24日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。