2019年02月23日

51歳貯金1億3000万円。早期リタイア生活は怖いです←怖くない怖くないw

20190220-00016223-argent-001-1-view.jpg

またも、お金が幾らあっても老後が心配で心配でたまらない典型的日本人のお悩み相談があるじゃんに載ってました。
  
51歳貯金1億3000万円。早期リタイア生活は怖いです

◆貯金は十分あっても、食いつぶす生活はやはり怖いのですが……

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、50代で完全リタイアを検討している会社員男性です。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんが担当します。

▼相談者

男性/会社員/51歳
東京都/持ち家・一戸建て

▼家族構成

妻(会社員/49歳)

▼相談内容

今まで貯蓄に努めてきましたが、子どもがいないため、50代前半で夫婦そろってリタイアできるか、現在の資産状況からアドバイスお願いします。リタイアと言いましても、現在より負担の軽い仕事をするつもりはありますが、いくらの収入を継続的に得られるか不明ですので、まずは完全に仕事を辞めてしまうということ、妻もサラリーマンで収入もありますが、それはあてにせず、リタイア後は私の資産だけで夫婦2人生活していくことを前提としたいと思います。

貴社の記事は良く参考にしております。早期リタイア・セミリタイアしたい人のものはすべて読みました。ただ、自分に100%当てはまるわけではなかったので、また資産を食いつぶす生活はやはり怖い面があり、ご相談させていただいた次第です。

▼家計収支データ補足

  住宅の現資産価値と今後の所有
居住している一戸建て/土地6500万円、建物1500万円
貸しているマンション/3500万円(ファミリータイプ/築15年)
一戸建ては相続する子どもいないため、リバースモーゲージの利用も検討。マンションはあと5年くらいで売却を予定

  リタイア後に予想される生活費以外の大きな支出
・旅行/年1回夫婦で50万円
・ゴルフ/月3万円=年間36万円
・クルマ/6年毎に新車に買い替え。1回の買い替え予算350万円。次回買い替えは2022年新を予定
・実家支援/2年後から実母に家賃補助として月10万円。母親生存まで継続
・墓の整理/60歳頃を予定。予算500万円
・実母の葬儀費用/400万円

▼FP深野康彦からの3つのアドバイス

アドバイス1 妻の資産や年金を考慮しなくても問題なし
アドバイス2 リタイア後は余計なモノは持たない
アドバイス3 不安に思ったらリバースモーゲージを活用


2月20日(水) あるじゃん(All About マネー)より抜粋引用

いやあ、貯金が1億3000万あっても、家に電卓が無いご家庭があるのですね。
だって、こんな簡単な掛け算、引き算が出来ないから怖くて怖くて仕方が無く、FPに相談される位なんですから。
(こんな楽勝バイトなら、ウチにも電卓があるので、あるじゃんで自分も雇ってくれないかな。
一応FPの資格もありますしw)

なんて、そんな訳は無いですね。
きっとこの相談主さんも、逃げ切り計算機で何度も何度も、数字を入れ直してはシミュレーションしたり色々しても、それでも老後が不安で仕方が無く、権威のあるFPに背中を押して貰いたくて相談したのでしょう。

実は、貯金が沢山ある人程、老後が不安になるように出来ています。

いや正確に言えば逆です。

物凄く心配性な遺伝子を持っている人程、老後が不安で必死にお金を貯めるので、よりお金持ちになります。
しかし、もともと心配性なので、どんなに貯めても不安というのは尽きる事が無いモノです。

だから、自分はそのような方にはアーリーリタイアは向かないと以前に記事で書きました。
  ↓
こんな人は、アーリーリタイアしてはイケナイヨ。

@世間体を気にする方
A奥さんが普通の方
B暇が嫌いな方
C人と関わるのが好きな方

D心配性な方
 日本国の経済破綻やハイパーインフレの心配までする人にとっては、給料が1円も入らなくなる事自体がストレスでしょう。例えそこまでいかなくても、安定した老後を希望する人にとっては、お金は幾らあっても足りない位でしょうから、無職による収入減が辛い方は当然向いていませんね。


E承認欲求の強い方

 
上記、山中6条件のうち一つでも当てはまる方は、アーリーリタイア適性の無い方ですので、失敗されるかもしれないという事です。

相談主さんの場合は、まさに、D心配性な方で、老後が心配でならないという典型的な日本人の価値観のお方ですので、アーリーリタイアなんて数寄者がやるような破天荒なライフスタイルなんか夢見ずに、地道に定年退職まで勤め上げる方がきっと本人にとっては幸せでしょう。

だって、毎年旅行に50万も使い、毎月ゴルフに行くわ、6年毎に新車を乗り換えるは、8000万円の一戸建てに住むわとTHE昭和のオッサン嗜好そのものじゃないですか。

そんな人が、急に、年収1,450万円(しかも手取りなので、総支給は2000万位か)を捨てて、無職生活とか無理無理w

自分がもしFPなら、「貴方の性格じゃ無理だから、65歳の年金受給まで勤めなさい。そしたら貯金も3億5000万位になってますから、安心して老後を過ごせますよ」とアドバイスしてあげます。

やっぱ、自分がFPなら、あるじゃんは1日目で首になりますね。

人は本当の事を言われると怒るモノですからねぇw

アーリーリタイアにはお金と同じ位価値観も大切だよと思われるお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ






DMM株✖井上 哲男『相場の潮流』キャンペーン
DMM株✖井上 哲男『相場の潮流』キャンペーン
DMM株✖井上 哲男『相場の潮流』キャンペーン?|?fx-on.com


posted by 山中 一人 at 19:51 | Comment(4) | アーリーリタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人間が本当に必要としているのはお金ではなく「安心」です。
安心を得る手段の一つがお金であるだけ。

かつての日本人は大家族主義で、お金ではなく家族や親類、隣人に依存していました。
「人」によって安心が得られたので、お金はそれほど必要ではありませんでした。
しかし資本主義にとって最も都合の良い個人主義が強烈に進められた結果、
私達は人のつながりを失い、代わりにお金に強く依存するようになりました。

お金は一つの手段ではあっても、絶対的な安心にはなりません。
本来の目的を忘れてただ貯金を積み上げるなら、一生不安から解放されることはないでしょう。
Posted by 幸福賢者 at 2019年02月23日 23:03
>幸福賢者 さんへ

>お金は一つの手段ではあっても、絶対的な安心にはなりません。
本来の目的を忘れてただ貯金を積み上げるなら、一生不安から解放されることはないでしょう。

はい。まさしく、貯金が何億とありながら、老後の為に貯金し続ける、日本のお歳寄りですね。
この記事中の相談主のような心配性の自称弱者にも近い将来、ワーキングプアに近い若者から強制徴収された年金が所得移転される訳で、こんな目に見える矛盾さえ、誰も何もしようとしない国民性を見るに連れ、ただただ愚かだなぁという感想しか沸きません。
Posted by 山中 一人 at 2019年02月23日 23:49
私はこの相談者を「E承認欲求の強い方」と見て取りました。

おそらくリタイアする気はほとんど無くて、それだけの資産があれば大丈夫と太鼓判を押してもらいたいだけなんじゃ無いかと。

何せそれだけの資産と収入を得ている人が、そんな単純な計算が出来ないのが不自然極まりませんから。
Posted by 働きたくない at 2019年02月24日 15:50
>働きたくない さんへ

>私はこの相談者を「E承認欲求の強い方」と見て取りました。
>おそらくリタイアする気はほとんど無くて、それだけの資産があれば大丈夫と太鼓判を押してもらいたいだけなんじゃ無いかと。
>何せそれだけの資産と収入を得ている人が、そんな単純な計算が出来ないのが不自然極まりませんから。

確かにそうですねw
ただの金持ち自慢にあるじゃんが使われただけかもですね。
いずれにしても、あるじゃんが何の役にも立たないという事は確実ですねぇ。
Posted by 山中 一人 at 2019年02月24日 20:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。