2017年01月21日

友達0人男の素朴な疑問コーナー その2【何で職場で私語出来るの?】

我々コミュ障にとって、他人とフランクな関係になる事ほどハードルの高い事業は有りません。

自分がサラリーマンの頃は、朝会社に出勤してから帰宅するまで、会社では挨拶以外一言も発しない日々を度々送ってたものです。

皆が、同じフロアー内で仕事中でもプライベートな話題で談笑している中、われ関せずと黙々と仕事をするのですが、決して仕事好きだからでは無いのです。
ただ談笑に入れないのがバレたくなくて仕事の鬼のふりをして、俺が疎外されてる訳でなく俺の方からシャットアウトしてるんだからねアピールを必死にしてるだけなんですよね。

しかし、不意に思わず笑いたくなるようなネタが耳に入り込んだ時に笑いを必死に堪える辛さもまたボッチあるあるですね。

学生時代から談笑の出来ない性格でしたが、そもそも世の人々は何故他人とあんなにスムーズに打ち解けられるのかいつも不思議でしたね。

新しく入った後輩が入社1日目の午後にはもう自分の同期と仲良さげに趣味の話で意気投合してる風景なんて見ては、内心暴風雨が吹き荒れてましたよ。

思い起こせば、学生の頃行ってたバイトでも、自分と同じ内向キャラかな?と思える奴がたまたま居たのですが、ある日職場の皆に何か冗談を言って回りを笑いの渦にしてる所を陰から見たときは激しい敗北感に見舞われましたね。
クソー同族じゃ無かったのかヨーと自分で勝手にがっかりして打ちひしがれたものです。

その時から、自分も社会人になれば、あんな風に成長出来るのかなとの楽観的希望と不安が入り混じった複雑な心境のままサラリーマンになる訳ですが、社会人デビューも失敗して結局いつもの無口な人に収まってしまいましたね。

なので、今でも、暇な飲食店で従業員どうしがぺちゃくちゃお喋りしてたり、レンタルビデオ屋の若い男女がキャッキャ燥いでるのを見ると、お前らには何でそんなに話すネタがあるのよ?と思ったり、俺にはこんな職場には1日たりとも居られないだろーなーと内心思うんですよね。

ce912d6e469b2041b217b8a5fea540db_s.jpg
こんなシチュぜってー無理っす!

むしろ職場の私語は一切禁止にして欲しいよーと思われる同士の方がおられましたらポチッとお願いします。
 ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




posted by 山中 一人 at 00:43 | Comment(22) | TrackBack(0) | 内向型人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>思い起こせば、学生の頃行ってたバイトでも、自分と同じ内向キャラかな?と思える奴がたまたま居たのですが、ある日職場の皆に何か冗談を言って回りを笑いの渦にしてる所を陰から見たときは激しい敗北感に見舞われましたね。
クソー同族じゃ無かったのかヨーと自分で勝手にがっかりして打ちひしがれたものです。

→この人はもしかしたら、お笑い芸人タイプだったのかもしれないですね。

雑談やクラスの皆に自然に溶け込むことが苦手な分

面白いことを言って周囲に受け入れられようと努力してきたお笑い芸人の話をちらほら聞きますし (具体的に誰と誰の話だったのかはわすれましたが)

自然に談笑に参加できない分
面白がらせることで
周囲から好意的な感情をひきだすのは、

丁度、ブログを書いてファンを獲得するのと似ているのかもしれませんね。
Posted by 矛盾 at 2017年01月21日 17:33
>矛盾 さんへ

>雑談やクラスの皆に自然に溶け込むことが苦手な分
面白いことを言って周囲に受け入れられようと努力してきたお笑い芸人の話をちらほら聞きますし (具体的に誰と誰の話だったのかはわすれましたが)

やろうと思ってこれを出来る才能の有る人が、持ってる人の所以です。
例えば太宰のようにですね。
自分のような持ってない人は、節目のデビュー時において試みるのですが、だだスベリして鬱だし脳となってしまいます。(´・ω・`)

>自然に談笑に参加できない分
面白がらせることで
周囲から好意的な感情をひきだすのは、
丁度、ブログを書いてファンを獲得するのと似ているのかもしれませんね。

ドキッ!そうですね。
ブログを書くモチベーションには、実社会で報われない事への恨みつらみがあるのかもしれませんね。

流石、矛盾さんです。その洞察は多くのブロガーの公言出来ない心情ですね。
折角ですから、この件について一つエントリーを作りたいと思います。
Posted by 山中 一人 at 2017年01月21日 21:20
>やろうと思ってこれを出来る才能の有る人が、持ってる人の所以です。
例えば太宰のようにですね。

→まあたしかに、これもある程度
先天的なセンス
の問題がありますからねぇ(^_^)
ただ、大宰治の人間失格の主人公は
自ら「お道化」といっていますけど

よくも悪くも、人間をよく観察した上で
人を楽しませなきゃ、という
「サービス精神」があるのですよね。
「相手の感情の動きを最優先に考えている」んです。

一方、
(ブログを拝読した内容のみで
判断して失礼しますが)
山中さんが奥さまをデートに誘って、
結婚に至ったのも

本気で奥さまとデートしたいと思って
「奥様の反応をよくすることを最優先に考え、行動した」
からではないかと。
山中さんが「サービス精神」を発揮したということではないでしょうか
それができた時点で
「持たざるもの」ではないような(^_^)

>自分のような持ってない人は、節目のデビュー時において試みるのですが、だだスベリして鬱だし脳となってしまいます。(´・ω・`)

→この時「本当はやりたくないけど、やらなきゃ」と内心抵抗感を感じながら試みていませんか?
奥様の時とちがって、
本当は相手と話したくないいど
渋々話しかけているというか。

「内心の抵抗感を最優先に考えている」
から、相手の反応が少しよくなかっただけで嫌になってあきらめてしまう、というのもあるかしら?と。

言い換えれば「自分が相手に受け入れてもらうことを最優先にしてしまっている」状態ではないかと。
あるいは、「成功をつかむために試行錯誤するよりも、傷つかないことを優先している」ともいえて、
例えば株については山中さんは、今まで損失をだしたこともあったけど、
最終的に一財産築いてしまった。それは、山中さんご自身が
「本気で株で稼ぎたかった」
からできたことではないでしょうか。

会話センスの他にも
そういう「意識の中で最優先にしていること」の違いがあるようにも、私は思うのですよね。。。

それ以前に、これは私も気を付けようと思っているんですが
「抵抗感を感じながら話していること」が表情や話し方で伝わってしまっているのかも。

生意気言ってごめんなさいm(__)m
ただ私には、山中さんが「弱者」というのが疑問なんです。
真の弱者、ってもっとアレ(うまくいえませんが)じゃないかなとf(^^;
Posted by 矛盾 at 2017年01月22日 13:55
>矛盾 さんへ

>→この時「本当はやりたくないけど、やらなきゃ」と内心抵抗感を感じながら試みていませんか?
奥様の時とちがって、
本当は相手と話したくないいど
渋々話しかけているというか。

グサグサッ!!!
まさにご明察の通りでございますぅ(;´Д`)

>それ以前に、これは私も気を付けようと思っているんですが
「抵抗感を感じながら話していること」が表情や話し方で伝わってしまっているのかも。

そうですよね。明らかに無理してる感がありありで、妙な間になってしまうのですね。
コミュニケーションにおいては、表情や話し方が9割とかっていいますからね。
誠にムツカシイですよね。

>ただ私には、山中さんが「弱者」というのが疑問なんです。
真の弱者、ってもっとアレ(うまくいえませんが)じゃないかなとf(^^;

そうですね。真の弱者が病気で対人関係が築けない人と定義するならば、自分の場合は100%性格の所為ですから、甘えと言われるかもですね。

とはいうものの、実際に集団生活を送れないという事で経済的不利益を受けざるを得ない点においては結果として一緒なんですね。

こんな事を言うと、みんな我慢してるんだよとか言う人がいますが、世の中にはそれが無理な人が居る、我慢する位なら死を選ぶ人が居るって事は、普通の人には多分絶対に理解不能なんじゃないかなぁと思うわけなんですよね。

Posted by 山中 一人 at 2017年01月22日 23:17
あ、ごめんなさい。
甘えだとか、そういうことを言いたかったわけじゃなくて。

底辺氏も度々仰っているけれど、人は、
「自分と親和性のある方向性」
を伸ばしていくのがよいのだと思うのです。

なので、山中さんにとっては、
目の前の人の心理を読むよりも
投資家心理を読むほうが
親和性があったのだと私は考えます。

「内向的」か「外向的」かという大きなくくりでいえば
同じ「内向的」だったとしても
「では、どうやって生きていくか」
という方法論については、
個々の親和性によってちがうから、全く同じひとって
ほとんどいないと思うのです。
なので、自分と同じ内向の人かと思ったのにちゃんと人と話してた!と
自分とちがう面をみたからといって、敗北感を味あわなくてもいいんじゃないかな、と(^_^)
それをすると、余計に周囲との壁を作っちゃいそうだというか。

きっと、山中さんも私も
元々「自分とちがうタイプのひとや、異文化に対する耐性がない」って点では同じなんでしょうね。
でもわたしは、「洞察すること」に親和性があったから
「この人と私と、この部分は共通していて大きなくくりで見れば同じ」
ということで納得して、なるべく他人を理解しようと努めてきた人間なんですね。
(仲良くできるか、とは別問題ですが、
他人を否定はしないようにと
ちなみに、二十歳すぎてからできるようになったことです)

「理解できない!」と
相手に抵抗感をもってしまったらそれが相手に伝わって、
関係がぎすぎすしてしまいますから。

それと、私が考える「真の弱者」は、
病気とかそういうことではなく。。。
なんていうのかな、
本当に経済的に困窮してるひとっていうか、
職場もプライベートもふくめて、どこにも味方を得られないひとというか。
親和性のある分野をみつけられず、身内にも恵まれず追い詰められてるというか。

そんな感じです。
Posted by 矛盾 at 2017年01月23日 00:16
> 矛盾 さんへ

>「理解できない!」と
相手に抵抗感をもってしまったらそれが相手に伝わって、
関係がぎすぎすしてしまいますから。

そうですよね。相手は自分の合わせ鏡と言いますからね。
でも、他人を見た瞬間に知らずに壁を築いてるんですね。
しかも、向こうの方からこの壁をぶち破って来いとの姿勢ですから・・・
当に仰る通り、傷つかない事を最優先に考えてるという事なんですよね。
(なんか人生相談みたいですね(笑))

>それと、私が考える「真の弱者」は、
病気とかそういうことではなく。。。
なんていうのかな、
本当に経済的に困窮してるひとっていうか、
職場もプライベートもふくめて、どこにも味方を得られないひとというか。
親和性のある分野をみつけられず、身内にも恵まれず追い詰められてるというか。

あぁそっちの方だったのですね。
つい、自分のフィールド中心にしか物を捉えないクセがまた出ちゃいましたね。(笑)
確かに、そういう意味では自分は恵まれていると感謝せねばですね。
Posted by 山中 一人 at 2017年01月23日 10:29
僕はコミュ障タイプではありませんが、実は職場の談笑はちょっと苦手です。
それが職場の和を作り出すためのわざとらしいものだったり、予定調和的に盛り上がらないといけない、といったものの場合は非常に苦痛です。
そうではなくて自然発生的に出た会話や雑談などは好きですけどね。
Posted by 招き猫の右手 at 2017年01月24日 22:33

たしかに、真の弱者となっているひとは、人とのめぐりあわせの運もあるから、
本人の資質のせいとばかりはいえないし、
その意味では私なんかもこんなに不器用なのに今の環境は理解のある人に囲まれ
「恵まれている」んですけど、
 
一方で山中さんは「真の弱者」となる前に、現実的な方法論を見つけて
 動ける方なんじゃないかしらと。
非常に頭がいいし、ご自分に正直だから、
願望を叶えるための最短ルートを見つけちゃうんですよ、
きっと。

もし株で稼げず、資産を形成できなかったとして、
でも、自殺したいほど本当に仕事がつらかったら
株以外の方法で早期退職してそうに思うんですよね。

たとえば、
心療内科にかけこんでうつ病と診断されて休職

1年6か月間傷病手当金をもらう

退職の流れに持っていく

とか

その後、経済的に困ったら、

情報教材を売って自営&自宅兼事務所なので、自家用車などあらゆるものを経費で落とす

あるいは

人間関係のしがらみのすくない、契約社員や派遣の仕事をする
(契約社員や派遣だから人間関係から逃れられるわけでもありませんが、
正社員同士の連帯感みたいなものからは一線が引けるので多少は楽かと)

どうしても職場との相性が悪ければ、契約更新しなきゃいい

みたいに?
(自主退職ではなく、「契約更新ができなかった」のであれば、身内も不可抗力だと思うかしらと)

自殺する前に、取れる方法をすべて取る人のように思うんです。

だから、生きる力のない「真の弱者」には見えないなあ、って話でした。

まあ、「スタンダードに適応できない」という意味での
「弱者」とはいえるかもしれませんけど(これは私もですが)
Posted by 矛盾 at 2017年01月24日 22:51
>こんな事を言うと、みんな我慢してるんだよとか言う人がいますが、世の中にはそれが無理な人が居る、我慢する位なら死を選ぶ人が居るって事は、普通の人には多分絶対に理解不能なんじゃないかなぁと思うわけなんですよね。

→例えて言うならば
「お金がなくて困ってる」
という若い女性に対し

「あなたは若い女性なんだから、その気になれば
風俗で稼げるじゃない」

って言い放つのと同じ
なのかもしれませんね。

私は風俗嬢を否定する意図はありませんし、
彼女たちも色々と事情があり、
生きるのに一生懸命なんだと思います。

ただ、風俗嬢に限らず
水商売をするのに
抵抗のある人とない人がいて
抵抗のある人でも
抵抗感のレベルは
人によって違いますよね。

水商売は
客をいい気分にさせるセンスが問われますし、
多かれ少なかれ
計算高くならないといけない。
うまくおだてて、酒をオーダーさせて売り上げにして
常連になってくれるように仕向ける

ちょうど、サラリーマンが酒の席で、面白くない上司のギャグに「愛想爆笑」するようにね。

生活保護受給中のシングルマザーに
「あなたは水商売でも働けるでしょ?」
と言いはなったケースワーカーがいたそうですが、
これは、立派な人権侵害ですよね。

「五体満足なのに
風俗で働こうともせず
貧乏に困ってるなんて甘えだ」

って、まあ、実際に風俗で働いている人なら言うのかもしれませんけど。。。

そういう風な例え話をすれば
なんとなく普通の人にも分かりやすいのかな?

どうなんでしょうね(^_^)
会社の雑談と風俗を一緒にするな!
っておこられるかしら?
Posted by 矛盾 at 2017年01月27日 17:19
>招き猫の右手 さんへ

>それが職場の和を作り出すためのわざとらしいものだったり、予定調和的に盛り上がらないといけない、といったものの場合は非常に苦痛です。

はい、そんな場に居ると皆が人間笑い袋に見えて、限りなく寒くなって来ます。しかも、最終的にボスの独演会になりますし。

>そうではなくて自然発生的に出た会話や雑談などは好きですけどね。

自分の場合これが非常に難しいというか、ムリなのですよね(・_・;
Posted by 山中 一人 at 2017年01月28日 14:21
>矛盾 さんへ

>スタンダードに適応できない」という意味での
「弱者」とはいえるかもしれませんけど(これは私もですが)

今日的には、我々のような属性こそがある意味本当の弱者と化してます。
一般的な真の弱者は、世間の同情も集まり、公的な支援も受け易いです。
しかし、性格の場合、ガンバレの一語で終了ですからね。
それを理由に生活保護を貰いに行っても、それこそ「保護ナメんな!」でしょう。

故に我々が生き残る手段は、我々にしか見出し得ないのだと思うのです。
Posted by 山中 一人 at 2017年01月28日 14:46
>矛盾さんへ

>会社の雑談と風俗を一緒にするな!
っておこられるかしら?

その例えは自分には実に腑に落ちます。
ホント、自分にとっての雑談タイムはカラダを売るに等しく、魂を売るのと同義であり得ない選択肢なんですよね。

でも、世間的には甘えなんですよねー(~_~;)
Posted by 山中 一人 at 2017年01月28日 14:55
私が言いたかったことのひとつには、

要するに、私なんかにも
多少の大宰属性があるんですけれども
(人を笑わせてるという意味で。ただし、いつでもどこでもこの属性は発動できるわけではなく、
やっぱり、相手のタイプにもよる)
そこで、山中さんのようなタイプの人に「自分とはちがう」と
壁を作られちゃうのかな、、、
という寂しさがあるのですね。
こうして、ネットで内面を話してるぶんには、共感できることも多いのに、と。

内向的な人は
「自分の側も人を好き嫌いで選別してる立場にいる」という意識が低い人が多いようにも感じるんですよね。。。
かつての私のようにね。
Posted by 矛盾 at 2017年02月18日 11:27
ごめんなさい。
上のコメントは(このコメントも)アップしなくてもいいし、
無理にレスしなくてもいいですよ。

私は内向的な性格について
「甘え」とは思いません。
人と流暢に会話できるっていうのは
団体競技ができるできないとおなじで、
運動神経のように「能力」ですからね。

運動神経が悪いからスポーツを楽しめない、ってそりゃそうですよね。

スポーツの経験が少ないから、ますます上達しないけど、
その人がそれで困らないなら問題はないし。

ただ、スポーツをする人を
否定はしないほうがいいかなと
f(^^;

性格は能力と無関係ではない、っていう認識を
多くの人がもってくれると
色々と生きやすい世の中になると思うんですよね。なんとなく。
Posted by 矛盾 at 2017年02月18日 15:22
>矛盾 さんへ

>内向的な人は
「自分の側も人を好き嫌いで選別してる立場にいる」という意識が低い人が多いようにも感じるんですよね。。。

確かに、常に自分は他人から否定されてるという被害妄想が出発点ですから、自分の方が選ぶ立場なんて恐れ多くて・・・と悲劇のヒロインぶりたがりですが、実際は基本、他人嫌いなんですよねぇ。

その点においては図星ですね。

>ごめんなさい。
上のコメントは(このコメントも)アップしなくてもいいし、
無理にレスしなくてもいいですよ。

いえいえ、こんな興味深くて考えさせられるお話しには実生活では絶対にお目にかかれないので、喜んで
とことんレス致しますぞーw

>性格は能力と無関係ではない、っていう認識を
多くの人がもってくれると
色々と生きやすい世の中になると思うんですよね。なんとなく。

内向的=無能というネガティブな価値観は昔話の「こぶとり爺さん」やひと昔前に流行ったネクラって言葉のように殆どの日本人にはしっかりと共有されているのではと思います。

但し、自分は上記のステレオタイプな価値観こそが、今日の日本の閉塞状況の元凶の一つであると思っております。

つまり矛盾さんの例えであるスポーツをする人=外交的な人と定義すれば、今日のコミュ力最重視の行き過ぎにより、日本社会が行き詰っているとすれば、誰かがそれに異を唱える必要があると思う訳なのです。

ただ、圧倒的に外向的な人に発信力がある以上、まるで蟷螂の斧状態ですけどね。
Posted by 山中 一人 at 2017年02月19日 02:30
この記事サイコーですね。

私が早期リタイアして一番良かったのが、正にこの記事のことです。

今にして思うと、もっと早く自分の苦手なことを諦めてあげたら楽になっていたのになーって思います。

中々、苦手なことがあるので転職します!ってできないですからね。

無理しなくても生きようと思えば何とかなることが多いのに、変化が怖くて動けなかったりしちゃいますね。
Posted by エゾリス at 2017年02月22日 21:32
>エゾリス さんへ

>無理しなくても生きようと思えば何とかなることが多いのに、変化が怖くて動けなかったりしちゃいますね。

昨今の過労死問題なんかは、社会からの洗脳によって視野狭窄に陥りまさに自分で自分を追い詰めてしまう典型例です。

命よりも安定した職場にすがりつく事を優先するのは本末転倒も甚だしいのですが、そんな安定を何よりも好む日本人の習性が雇用主からはすっかり見抜かれているので、無理難題が横行して職場が生き地獄になるんですよね。

我々アーリーリタイヤーが増えて、働くか働かないかは、こちら側が決めるという社会になれば、もう少し生きやすい社会になるかもですね。
Posted by 山中 一人 at 2017年02月24日 10:36
>矛盾さんの例えであるスポーツをする人=外交的な人と定義すれば、今日のコミュ力最重視の行き過ぎにより、日本社会が行き詰っているとすれば、誰かがそれに異を唱える必要があると思う訳なのです。

→ですよね。同意です。
内向的も個性と受け止めてほしいです。

ハラスメント研修というのを
会社でやったんですが、
パワハラの事例のビデオを視聴したんですね。
上司に色々きつく注意されて
部下がなにも言い返せずに黙りこんでしまったのを
上司が「沈黙=反抗心」
ととらえて、ますます叱責がきつくなっていく、、、というループだったんです。

「自分と異なる思考パターンの人」
のことを、事例つきで学習する機会をふやしたほうがいいと思うんですよね。


>ただ、圧倒的に外向的な人に発信力がある以上、まるで蟷螂の斧状態ですけどね。

→ネットをうまく利用できるといいですね。
ただ、現状では、ネット上で
内向的な人同士が固まっている
ことが多いですしね。

学校教育が「集団の輪にうまくとけこむのが苦手な人もいる」
という前提になるといいんですけどね。
Posted by 矛盾 at 2017年02月27日 21:41
>矛盾さんへ

>学校教育が「集団の輪にうまくとけこむのが苦手な人もいる」
という前提になるといいんですけどね。

大大大賛成です。

ところが今の日本の教育制度は内申点重視の方針になってますので、上記の理想とは真逆の「如何に集団の輪に溶け込んでクラスの人気者になれるか」が何よりも評価ポイントになっています。

つまりハブられるという事が進学においても本人に大きなマイナスポイントになりますので、否が応でも集団にしがみ付かなくてはイケナイという我々にとっては生き地獄状態なのが現状なのです。

口では個性を伸ばす教育云々と綺麗事を言っておきながら実態は生徒同志が如何に輪を乱さないかに汲々となるように仕向けられている訳なんですよね。
Posted by 山中 一人 at 2017年03月01日 00:15
>つまりハブられるという事が進学においても本人に大きなマイナスポイントになりますので、否が応でも集団にしがみ付かなくてはイケナイという我々にとっては生き地獄状態なのが現状なのです。
ですよね。
いじめられた子が登校拒否したら進学に響く、
進学に響けば、将来の選択肢が狭まる

って、逃げ道塞がれた生き地獄だわ。

特に貧困層の子供は
公立高校に進学したいわけだけど、
中学の出席日数が足りないと
公立高校に行けないんですよね。
(保健室登校という逃げ道も、あるにはありますが)

フリースクールに行ける子はいいかもしれないけど。

コミュ障&貧困家庭出身

のコンボはキツイ。
絶望しかない。

どちらか一方だけの人を指して
「努力神話」があるんだと思います。

ところで、私のblog
プロフィール欄を更新しました
(^^)

発達障害の障害者枠で
就労してることを公開しました!
Posted by 矛盾 at 2017年03月01日 21:11
>矛盾 さんへ

>コミュ障&貧困家庭出身
のコンボはキツイ。
絶望しかない。

まさに仰る通りで、現代日本での真の弱者です。

国もようやくその悲惨さに気付いたらしく(というよりそれが票田になる位にまで不登校の子を抱える親が激増したという事なのですが・・・)、一応、フリースクール等で学ぶ子を支援する教育機会確保法が成立しました。

但し、野党等の反対も有り、当初案からは大幅に内容が変わって(改悪)されてしまっているので、まだまだ道半ばです。

コミュ障&貧困家庭出身を自己責任論で放置するのは明らかに大人の無責任なのですが、その立場にいない大多数の人々に理解してもらう事がまた難しいのも事実なんですね。

そんな今の状況では、個々人で生き延びるしか術がなく、矛盾さんのブログからもその解の一助とならんが為とのご意思を感じ取る事が出来ます。
Posted by 山中 一人 at 2017年03月06日 00:23
山中さんのもうひとつのブログの記事の
「祝!学校外でも義務教育OK」
http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=tomodachizeronin&articleId=12095148462&frm_src=article_articleList

の内容ですね。

現状では「いじめられっこが耐えて学校いかないと人生終了する」という理不尽な状況ですものね。。。

わたしの過疎ブログは今のところただの自己満足かもしれませんが、お褒めいただきありがとうございます。

最近、私の音声もアップしてみたんですが、
(録音アプリで収録した音声ファイル(MP3形式)を、
ライブドアブログの管理画面に保存して、そこにリンクさせています)

ウィルスとか懸念されてあんまり開きたくないかもしれませんね
(^_^)
私にその気がなくても、どこかでウィルスが含まれることがありえないとはいいきれませんから。。。うーん。

※インフルエンザで療養中の矛盾より
Posted by 矛盾 at 2017年04月03日 14:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック