2017年01月17日

往来株投資法の理論的根拠とは?

投資法というのはその時代によりハヤリスタリがあり、昨今なら小売りサービス業の小型成長株投資で一山当てたブロガーさんが勢いがあるのでしょうか?

数年で10倍以上になる大化け株を当てた人は、その株がまだ誰にも注目されない時から目をつけてしっかり仕込んだ事の理論的根拠を滔々と語り、その手法を書籍として販売されています。

確かに、数千株もある銘柄から極少数のお宝株を当てるのは誠にロマンあふれる話では有りますが、常識的に考えればやはり類まれ無い分析力、調査力、判断力+圧倒的な運が備わった選ばれし人のみに通用する僥倖であり、上記の全てから縁が遠い凡夫の自分なぞには全く興味もございません。

とは申せ、新たな財サービスを提供して多くの人々に支持される事により大きくなった企業が大きく株価が上がる事によって、その企業に投資した投資家にそのリスクに見合った莫大な富をもたらすという理論自体は非常に合理的で有り、疑う余地は全く有りません。
(ただ、その陰に結局成長軌道に乗れずに失速して墜落していった凡百のクソ株が横たわっているのですが、生存者バイアス故にそのような渋い現実がこの理論の裏に隠れている事は誰も口にはしない訳です・・・)

さて、では本題に入りますが、そもそも往来株投資法により継続的に利益が得られる理論的支柱とは何でしょうか?

そこに何かエッジが無いと、市場のお金を自分の口座に移すことが出来る筈が有りませんからね。

その回答とは、株式の持つ「価格の回帰性」と言えます。

つまり、過去に一度付けた高値は必ず、いつかまた取返しに行きます。また過去に付けた安値もいつかは必ずまた付けに行きます。

これが株の持つ普遍的な特性なのです。

正確には株自体が持つというよりは株価を動かす、人が持つ普遍的な特性と言えましょうか。
つまり、上げ相場になれば過去の高値まで買いあがりたくなるのが人情で有り、逆に下げ相場になれば過去の安値まではいつまでも売り続ける輩が現れるものなんですね。

こうなる理由は、人間の持つ過去の歴史に囚われるという本能に起因するからです。
例えば、学生の頃、初恋の隣の席の娘がセーラー服を着てたという記憶が深層心理に深く刻まれる事によってオッサンになってもセーラー服JKに欲情するという例のように。

ab6b08c6ab490e58b4dd7e32666b8fc0_s.jpg

なので、自分は個人的にはいつかは、日経平均においても39,000円の高値を取りに来る事は100%有り得ると思っています。(ただ、自分が生きてる間にかどうかまでは分かりませんが・・・)

そして、古くは江戸時代の米相場の頃から、この価格の回帰性に目を付けた相場師が相場によって莫大な富を築いてきた訳なのです。

株は理論値通りに動かないので、特に価格の回帰性が効きやすいのです。

この事実は、過去の高値時・安値時と次の高値時・安値時が同価格になったとしても業績が全然違う事を見ても簡単に証明されています。

ただ、業績等のノイズが少ない事に越したことは有りませんので、地味でパッとしない株の方が、往来株投資にハマリやすいという事なのです。

どうですか?理論的根拠もはっきりすれば、あとは自信を持って、この投資法に臨める事と存じます。

常人には解る筈も無い未来の大化け株を当てるよりも、既にチャートに未来の動きが暗示されてる株を選ぶ方が遥かに楽勝だと思われたお方は、ポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




posted by 山中 一人 at 00:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チャートを見て投資家心理が読めれば、大衆の動きが予想できていいな、と思いました。
もし、山中さんがそこらへんをさらに掘り下げてお話することが可能なら、ご教授いただければ幸いです。無理にとは言いませんが
(^^;
Posted by 矛盾 at 2017年01月19日 13:22
>矛盾さんへ

>チャートを見て投資家心理が読めれば、大衆の動きが予想できていいな、と思いました。
もし、山中さんがそこらへんをさらに掘り下げてお話することが可能なら、ご教授いただければ幸いです。無理にとは言いませんが

承知しました。( ^ ^ )
私なりのチャートに対する捉え方を後日記事に致します。

Posted by 山中 一人 at 2017年01月19日 18:09
ありがとうございます。
もし、山中さんが株の情報教材や電子書籍を出したら、数千円なら私、買います(^^;
Posted by 矛盾 at 2017年01月19日 18:15
>矛盾さんへ

>もし、山中さんが株の情報教材や電子書籍を出したら、数千円なら私、買います(^^;

マジっすか!
じゃあ、株で食えなくなったらそちらを本業にしますw。
 ↑
つまり、情報教材は株で食えない人が出すモノなのでお気を付け下さい。
Posted by 山中 一人 at 2017年01月19日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445966982

この記事へのトラックバック