2016年09月12日

セミリタイアするする詐欺がついに語られた件

セミリタイア生活人気ランキングで堂々一位の「セミリタイア資金3000万を目指すブログ」様が、【私はセミリタイアをするする詐欺をしているのか?】との中々にインパクトのあるタイトルの記事をお書きになっておられます。
  ↓
私はセミリタイアをするする詐欺をしているのか? その@
私はセミリタイアをするする詐欺をしているのか? そのA

>・現在のセミリタイア資金「1,900万」
>・月支出(生活費など)「10万」
>机上では、今セミリタイアをして年金支給の65歳までで「400万余る」計算ですので、今すぐにでもセミリタイアができるとの試算になります。

>要は、目標の50歳で3,000万でセミリタイアしたとして、何かあったときのためにバイトもせず年金も考慮せずで考えると、月々の生活費10万×30年(平均寿命の80歳まで生きるとして)=「3,600万」

>結果、セミリタイア後の将来的な不安を解消できる資金が、私の場合は最低3,000万ということで、現状でセミリタイアはすぐにもできるけど、決してセミリタイアをするする詐欺ではないということです。

以上、本文抜粋引用。

5年以上の長きに亘ってセミリタイアブログを続けられてますが、未だされていない事に関するモヤモヤ感に対して、はっきりとアンサーされたいという事なのかなと感じました。

自分が思うアーリーリタイアに必要な最低資金額については以前「人は幾らあればアーリーリタイア出来るか?」のエントリーにて書きましたが、今もこの時に書いた

実はアーリーリタイアの可能性は、預貯金額よりも価値観が鍵を握ります。

の考え方に全く揺らぎは有りません。

例えば、あるじゃん(All About マネー)でも【51歳貯金1億3000万円。早期リタイヤ生活は怖いです】のように、節約系底辺リタイヤーから見たら何それ?という感じの人が毎日のように登場しています。

自分は、心配性の人や、別に会社を辞めたく無い人は幾らお金があろうが無理してセミリタイアする必要ないんじゃないの?と思いますね。

だって、セミリタイアって一つの生き方の価値観ですから、お金の多寡によって自分の生き方まで変えさせられる必要なんてこれっぽっちも無いと思うのですよね。

なので、自分から見れば、明らかにセミリタイア出来る上記お二方でも、ご本人様がそれじゃ全然足りないと思われている以上現役続行されるのがいいと思いますよ。
折角ストレスの無い生活を目指してセミリタイアするのに、お金の不安が気になる人にとっては逆にストレスになりますからね。

しかし、会社に行く事が嫌で嫌でしようが無いとか、何よりも自由な人生を望まれる方にとっては例えお金が全然足りなくても、バンバン、セミリタイアするべきだと思いますよ。

その爽快感たるや、本当に素晴らしいモノですから。
毎朝起きる前に、また嫌な会社へ行かなければならない憂鬱であと5分だけ眠らせて欲しいと、時計を見て願う毎日が、好きなだけ寝てても良くそして起きた後は今日は何をして遊ぼうかと自由に計画を立てる毎日になるのと比べれば、とてもお金なんかでは代えられないなぁと自分は思う訳です。

要は自由に対する価値にどれだけ高値をつけられるのかどうかという違いかなと思いますね。

4daa83c2727d0ff5393ae577f2c7af2a_s.jpg

そもそも、セミリタイアするべきかどうか悩む位なら働いた方がいいんじゃないの?と思われるお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ







お暇でしたら姉妹ブログも覗いてやって頂ければ幸甚です。
  ↓
友達0人ですが何か?
posted by 山中 一人 at 19:07 | Comment(18) | TrackBack(0) | アーリーリタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
セミリタイアという生き方は一つの生き方ですが日本ではあまりにも少ないのでかなり奇特な目で見られてしまいますよね。セミリタイアするのにお金は必要ですが、するしないかは当人の価値観であると私も強く感じます。

あとはやっぱり家族の理解が必要だろうなと思います。
Posted by クロスパール at 2016年09月12日 20:09
あ●じゃんの記事は、「そんなに貯めたの?凄いね!」って褒めてもらいた人達なのかなあ、と思いながらいつも読んでいます。
40、50の歳になれば、これまでに幾度となく人生の分岐点があり、幾度となく後悔もしたでしょうから、その一つに過ぎないと思いますけどね。
やった後悔、やらぬ後悔両方ありますから、思い切ってやってみればいいし、踏ん切りがつかないのなら、今の生活の辛さはその程度なんだろう、と思います。

Posted by 隠居中年 at 2016年09月12日 20:30
ほんとそうですねえ。
僕なんて資金的には富裕リタイアの人からバカにされるくらいの額なんですが、やっちゃってしまえば自由が素晴らしくてもっと早くやればよかったと思っています。
当人が楽しめなければ何をやってもダメですからね。
Posted by 招き猫の右手 at 2016年09月12日 21:03
私もこの方のブログを拝見していつも感じるのは、無理にセミリタイアなんて
しなくていいのになあって思ってました。

アーリーリタイアなんてしちゃう人は頭のネジが2〜3本吹っ飛んだ人ばかりですからw
仕事が苦痛でなければ定年まで働くのもアリですよ
Posted by MUDMAN at 2016年09月12日 21:52
>クロスパール さんへ

>セミリタイアという生き方は一つの生き方ですが日本ではあまりにも少ないのでかなり奇特な目で見られてしまいますよね。セミリタイアするのにお金は必要ですが、するしないかは当人の価値観であると私も強く感じます。

はい。余程のお金持ちで無い限りは、世間的にはニート扱いだと思います。
なので、少々小金が貯まっても、世間一般の価値観のお持ちの方はムリにしてもしょうが無いのではと思いますね。

>あとはやっぱり家族の理解が必要だろうなと思います。

ですね。定年退職ですら熟年離婚が増えてるのに、ましてやまだ若くて働けるのにリタイアするとなれば、もし理解無しだと毎日針のムシロで即離婚でしょうね。
Posted by 山中 一人 at 2016年09月12日 22:18
>隠居中年 さんへ

>あ●じゃんの記事は、「そんなに貯めたの?凄いね!」って褒めてもらいた人達なのかなあ、と思いながらいつも読んでいます。

はい。大抵1億以上の資産で、50歳近くで、夫婦二人だけの生活になった人が、心配で心配でFPに相談というパターンですよね。

FPの答えも電卓を叩けば、誰でもスグ計算出来るようなシロモノですから、仰る通り、ただFPに完璧ですと誉めてもらって満足したいだけなのでしょうね。

>40、50の歳になれば、これまでに幾度となく人生の分岐点があり、幾度となく後悔もしたでしょうから、その一つに過ぎないと思いますけどね。
>やった後悔、やらぬ後悔両方ありますから、思い切ってやってみればいいし、踏ん切りがつかないのなら、今の生活の辛さはその程度なんだろう、と思います。

はい。やる前から迷う位なら、対して悩みの無いサラリーマンライフを送ってるという事です。
自分なぞ、本気で大病にでもかかるか、会社がどうにかなってくれないかと毎日願ってた位でしたので。
Posted by 山中 一人 at 2016年09月12日 22:35
>招き猫の右手 さんへ

>やっちゃってしまえば自由が素晴らしくてもっと早くやればよかったと思っています。

ホントにそうですね。
毎日こんな爽快な気分の人生を選択して良かったなぁと心から思いますね。

逆に、もし今も会社に行ってたらどうなったかと思うと背筋がゾッと寒くなります。
もう二度とあの頃のような生活に戻りたくありません。

>当人が楽しめなければ何をやってもダメですからね。

これに尽きますね。こんな楽勝ライフでも、もし当人がそれを楽しめなければ何の意味も有りませんからね。どうせ楽しくないなら、働いてる方が、お金が入ってくるだけ精神衛生上マシかもですね。
Posted by 山中 一人 at 2016年09月12日 22:56
>MUDMAN さんへ

>私もこの方のブログを拝見していつも感じるのは、無理にセミリタイアなんて
しなくていいのになあって思ってました。

はい。極めてノーマルなお方のようにお見受けしますので、普通にサラリーマンをされてる方が、多分お幸せなのではと思いますね。

>アーリーリタイアなんてしちゃう人は頭のネジが2〜3本吹っ飛んだ人ばかりですからw

www。自分も我ながら頭のネジが飛んでるんだろうなぁといつも自覚してます。もうアホウと言ってもいい位です。(´∀`)

>仕事が苦痛でなければ定年まで働くのもアリですよ

はい。普通の価値観の人なら、老後のお金の心配も一切要らなくなりますし、世俗的な消費生活も心置きなく送れますし、自分一人だけ皆と違う事をする不安も無いでしょうからね。
Posted by 山中 一人 at 2016年09月12日 23:11
リタイヤ金額がそれぞれ違うのは無職になる恐怖に打ち勝つ金額が人によって違うからでしょう。
1億あっても不安な人もいれば1千万で大丈夫な人もいる。
私の場合も実際いくらあればリタイヤできるのかわからなかった。
その為、今後の生活費を把握するのに家計簿をつけることにしました。
その結果月に20万円を上回ることは滅多にない。
年間200万円以下、月平均すれば15万ぐらいで生活できる
車の買い替えや家の補修などの予定外の出費に+1000万を見越しても
今の貯金でリタイヤが可能と言う事になり仕事を辞めることが出来ました。
ただ私は一人もんですので単純に計算が出来たのですが
お子さんのおられる方は将来の教育費や結婚費用、住宅費の助成さらに孫への小遣い等々
これらを考慮すればリタイヤ資金がいくらか?
見当が付きません。
子供への投資は何処かで線引きが必要になるでしょうね。
Posted by バッタモン at 2016年09月13日 01:22
リタイアするかは目標金額に達してからじっくり考えればいいと思いますね.
いつでも仕事を辞められる状態というのは向かうところ敵なしですからね.
余裕が生まれると仕事の悩みも違って感じられるでしょうから,不満がなければ
仕事を続けて資金を増やせばいいし,嫌になったら辞めればいいし.
社会勉強のためにバイトをしている金持ちの子どもみたいな感じですかね.

私の人生のスゴロクの“上がり”はまさにそのステージなんです.
Posted by 人生の凡人 at 2016年09月13日 08:04
セミリタイアブログ村なのにセミリタイアしていないかた(セミリタイアの予定が遠い未来の予定のかた)のブログが多いのにはなんだかなあ〜と思うかたが少なくない気がします。
セミリタイアしたくてセミリタイアブログでセミリタイア資金を稼ぐというのは如何なものか?ということですね。
例に挙げられているブログ主様は、5年もの長きに渡って毎日のようにセミリタイアブログを書き続けているという、セミリタイアへの執念(?)はすごいなあと思います。働いてお金を貯めたほうが貯まる気がちょっとします。
私は遊びまわるのに忙しい時は、ブログ更新は無理にしないようにしています。セミリタイアする前も後も、自分の自由な時間を最優先したほうがいいに決まってますからね。
今月はドームファイルですね!DVDが出たら泣き崩れている山中さんを探したいと思いますw
Posted by エゾリス at 2016年09月13日 19:00
>バッタモン さんへ

>リタイヤ金額がそれぞれ違うのは無職になる恐怖に打ち勝つ金額が人によって違うからでしょう。
1億あっても不安な人もいれば1千万で大丈夫な人もいる。

恐怖感は人それぞれですからね。

>私の場合も実際いくらあればリタイヤできるのかわからなかった。
その為、今後の生活費を把握するのに家計簿をつけることにしました。
その結果月に20万円を上回ることは滅多にない。
年間200万円以下、月平均すれば15万ぐらいで生活できる
車の買い替えや家の補修などの予定外の出費に+1000万を見越しても
今の貯金でリタイヤが可能と言う事になり仕事を辞めることが出来ました。

毎年の生活費が分かれば、リタイア可能金額は出てきますね。
+1000万の予備費なら十分ですね。

>ただ私は一人もんですので単純に計算が出来たのですが
お子さんのおられる方は将来の教育費や結婚費用、住宅費の助成さらに孫への小遣い等々
これらを考慮すればリタイヤ資金がいくらか?
見当が付きません。
子供への投資は何処かで線引きが必要になるでしょうね。

自分の場合は、教育費までという事で線引きしています。一応、奥さんとはこの点で意見は一致しておりますね。
Posted by 山中 一人 at 2016年09月14日 00:30
>人生の凡人 さんへ

>社会勉強のためにバイトをしている金持ちの子どもみたいな感じですかね.
>私の人生のスゴロクの“上がり”はまさにそのステージなんです.

自分の場合は、そこまで余裕が無かったですね。
とにかく、会社が嫌でしょうが無かったものですから。

多分、根っからの集団嫌いなのでしょうね。
Posted by 山中 一人 at 2016年09月14日 00:36
>エゾリス さんへ

>セミリタイアブログ村なのにセミリタイアしていないかた(セミリタイアの予定が遠い未来の予定のかた)のブログが多いのにはなんだかなあ〜と思うかたが少なくない気がします。
セミリタイアしたくてセミリタイアブログでセミリタイア資金を稼ぐというのは如何なものか?ということですね。
例に挙げられているブログ主様は、5年もの長きに渡って毎日のようにセミリタイアブログを書き続けているという、セミリタイアへの執念(?)はすごいなあと思います。働いてお金を貯めたほうが貯まる気がちょっとします。

そうですね。もしセミリタイア資金獲得目的でしたら、その分働いた方が早い気はしますね。

>私は遊びまわるのに忙しい時は、ブログ更新は無理にしないようにしています。セミリタイアする前も後も、自分の自由な時間を最優先したほうがいいに決まってますからね。

はい。遊ぶ時間を削ってまで更新するのは、やり過ぎかもですね。
自分も最近もしかするとランナーズハイ状態になってるのかもしれません。

>今月はドームファイルですね!DVDが出たら泣き崩れている山中さんを探したいと思いますw

www。いよいよ、来週に待望のツーデイズ到来です。やだドキドキとまんない♪状態DEATH。
Posted by 山中 一人 at 2016年09月14日 00:54
凄く頭の良い方だど思い
物腰の柔らかさ、鋭い考察に思わずファンになり
思わずコメントしてしまいました。
私は幾分年下で若輩でありますし学もありません(厳密には勉強嫌い)
幼少期に自我が強く、人に合わせる事が苦手だった為イジメを受け人間不信で友達はいません(厳密には居ますが、同調してる為気疲れが…笑)
ただオーナーさんの様な鋭い考察をふんふん聞いていたいタイプかもしれません笑

経済は独学で学ぶしか無いと決めていまして
ただ間違えた考えが多いので日々反省です
オーナーさんの様な鋭い考察が凄く参考になります。
私の周りにもオーナーさんの様な素晴らしい方が居たらまた人生変わっていたかもしれません。
応援してますので、体調に気おつけてまた素晴らしい考察をお聞かせ下さい。
Posted by at 2016年11月07日 07:35
> 2016年11月07日 07:35さんへ

身に余るご声援を頂き、大変恐縮でございます。

これからも、一般社会の場ではどうしても生き辛い自分のような人種でも、働かずに人並みの生活を送れるかどうかを実験して行く所存でございます。
Posted by 山中 一人 at 2016年11月09日 00:23
セミリタイア最大の不安は、一度定期収入を無くしまったら、二度と定期収入を得られないという恐怖というか不安ですね。
45歳を過ぎて会社を辞めれば、同じ額の給料を得ることはほとんど不可能でしょう。
その状態で世界不況とかで資産を大幅に減らしてしまい、生活に困窮するようになったら、目も当てられません。
この恐怖や不安に打ち克つためには、生活に必要な資産より多い額の資産を貯めるしかないかなと考えてしまいます。
Posted by 見知らぬ男 at 2016年11月12日 21:13
>見知らぬ男 さんへ

>セミリタイア最大の不安は、一度定期収入を無くしまったら、二度と定期収入を得られないという恐怖というか不安ですね。
45歳を過ぎて会社を辞めれば、同じ額の給料を得ることはほとんど不可能でしょう。
その状態で世界不況とかで資産を大幅に減らしてしまい、生活に困窮するようになったら、目も当てられません。
この恐怖や不安に打ち克つためには、生活に必要な資産より多い額の資産を貯めるしかないかなと考えてしまいます。

金銭的な不安感が強い方の場合、例え1億超でも全然足りないと思われる方も多いのでしょう。件のあるじゃんの相談者のようにです。
なので、金銭面だけを重視すれば、アーリーリタイア出来る日本人は極少数に限られる話になってしまいます。
要は、何を最重要視するかだと自分は思っております。
Posted by 山中 一人 at 2016年12月24日 00:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック