2016年08月31日

暇こそがアーリーリタイアの醍醐味です。

日本人は勤勉が美徳とされて来ましたので、ひまでボーッと無為の時間を過ごす事が悪徳であるかのような脅迫観念に駆られる人が多いようです。

例えば、昔、日本が敗戦後、旧満州にいた大量の日本人がソ連兵の捕虜となり、シベリア抑留された中で、ミシンで服を作る作業をやらされた日本兵の一団が簡単にノルマを達成してしまい、言われもしないのに、オーバーワークしてしまうのです。
で、ある日、その日本兵の一人が幾ら働いても何の得にもならないから、ノルマを達成したらそこで全員止めようと提案したのですが、次の日になるとついつい競争して結局、全員が全力でノルマ以上の仕事をやり続けたという話がありました。

ソ連兵から見たら全く理解不可能な不思議な行動をしてしまうのが、日本人の特徴なのでしょう。

そんな普通の日本人とアーリーリタイヤーの心の対比を表した記事を見かけました。
  ↓
働かないとヒマでしょ?そもそもヒマという感覚が分かりません。

>働かないとヒマでしょ?とよく言う人がいます。
>毎回、この人はこれはどういう意味で言ってるんだろ?っていつも考えてしまいます。正直、私には理解が出来ないんですよね。
>私の使うヒマって時間がいっぱいあるって意味なんだよな。
>ヒマ=苦痛 みたいなそういう意味ではない。
>やりたい事はいっぱいあるしヒマを持て余しているって事はないのです。
>毎日なにもしてません。
>する事がないからしてないわけではないのです。
>する事は山のようにあります。でも出来ないんです。
>だるい。体が動かない。気分がのらない。
>これってやる事がないって事ではないですよね。
>やる事はある。でもできずに一日ぼーっとして無駄に使って、あああ!今日も何もしなかった!僕のバカバカ>バカ!ってそんなところです。

進撃の無職〜セミリタイアお試し期間中〜 より抜粋引用

実際にアーリーリタイアしてみると、ホントにヒマという事は無いです。だって遊ぶのに忙しいですから。
ネットをして、ちょっと家事をして、ゴハンを作って食べて洗って、テレビ見たり、本を読んだり、DVD見たり、寝転んだり、ドライブしたり、ボーッとしたりするだけであっという間に時間が経ってしまいます。
これに加えてブログなんか書いてたら逆に時間が足りない位です。

しかし、自分が一番楽しい時間はボーッとしてる時ですね。
但し、自分の場合は、その環境にコダワルのですね。
例えば、山の良く見えるデパートの屋上でのマイカーの中とか、海辺の砂浜で折り畳みチェアに座ってとか、スーパー銭湯の露天風呂とか、なるべくリラックス出来る環境で静かにボーッとする時が一番幸せを感じられる時なのです。
平日昼間にこのような事が出来る贅沢は何ものにも代えられません。

そういう意味では普通の働いている人に比べると圧倒的にあるヒマな時間こそが、アーリーリタイヤーの一番のメリットであるとすら思える位なのです。
これは、人生は何か有意義な事をせねばならないと常にせかされている人にとってはヒマ=苦痛なのと真逆の価値観ですね。
そして冒頭に出てきた我々のおじいさんのように、基本、日本人には報酬の有無に関わらずがんばっちゃうDNAが染み付いているのです。

故に、くらげネコ様のように『一日ぼーっとして無駄に使って、あああ!』と叫ばざるを得なくなるのがあるべき日本人なのでしょう。

しかし、例えば縁側で一日中ネコと戯れてるおじいちゃんが一日終わってそんな事言うでしょうか?
言わないですよね。

そう、アーリーリタイアを直訳すると定年後を先取りするという意味でもあるのです。

ですが、アリタリヤにはまだ若さがあります。思いたてばたった一杯のラーメンを食べる為だけに、その日のうちに衝動的に片道6時間かかるような場所へドライブして、車中泊して翌日帰るみたいな事をしても全然許されるのです。

でも、もし自分が「働かないとヒマでしょ?」と聞かれても、こんな事イチイチ言っても多分理解されないと思うので、主夫業と内職で結構忙しいです。とか適当な事言うんでしょうねぇ。

786f977549fc19f40f43bb1976abd8fa_w.jpg

アーリーリタイヤーなら暇こそが美徳だよねと思われるお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ







お暇でしたら姉妹ブログも覗いてやって頂ければ幸甚です。
  ↓
友達0人ですが何か?
posted by 山中 一人 at 21:55 | Comment(16) | TrackBack(0) | アーリーリタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たいへん素晴らしいと思います。

お金、時間、体力の3つは、一度に揃えるのは
難しいと世間ではよく言っているようです。

山中さんは、勇気を持って、アーリーリタイアという
選択をされたのだから、存分にご自身の好きな
過ごし方をされるべきだと思います。
Posted by おおさわ at 2016年08月31日 23:26
暇な時間ができると本を読んだり、ネットで情報を仕入れたり
知識を集めて自分に取り入れることが出来ます。
さらに暇でボーとしていると脳に余白が生まれます。
するといい考えが浮かんでくるんですね。
暇になると自分自身の勉強に時間がさける
知識と知恵をを増やすことができる。
私の場合投資に対して知識と知恵を身に着けることが出来ました
私がリタイヤ資金を作ることが出来たのも暇になったおかげです。

Posted by バッタモン at 2016年09月01日 07:20
私も1日24時間では足りないですよ(。・_・。)

何をしてるかって言ったら特にこれといったことは
していないんだけれども(゜_゜)
あれやこれや身の回りのことをしてるだけで
1日があっという間に過ぎえしまいます(@_@;)

これで仕事になんか行ってたら身体が幾つ有っても足りないと思う(゜_゜)
退屈なんてしてる暇がない、要領が悪いだけかもしれませんが(・_・;)
Posted by 那須の小太郎 at 2016年09月01日 07:42
既得概念に縛られていてはニートはできません。
幼少からもったいない思考が刷り込まれている日本人は、時間を無駄にするのが苦痛でしょうがないのです。
生産性がある行動しかできないのも、それはそれで虚しいことなんですけどね。
Posted by 幸福賢者 at 2016年09月01日 08:11
私は今の仕事にそこそこ満足していますが不安定なため,資産運用を考え始めています.このブログも参考にさせてもらっています.

そんなときふと,自分は何のために生きているんだろうと思うことがあります.
若いうちは活力や興味や好奇心はあるけど,時間はないし老後への漠然とした不安から金をむやみに使えない.たとえ一時的に大金が入っても貯蓄や投資に回すでしょう.
老後は時間が有り余って,それなりの年金や資産があれば金の心配がないけど,身体にガタがくるし若い頃ほどの活力はなくなっている.
だから,しっかりと計画されたアーリーリタイアは,時間があってまだ活力もあって,その先の金の心配もいらないから,理想的だなと思います.定年後の先取りとは言い得て妙ですね.
ただ,私がアーリーリタイアできたとしても,無職ですが何か?という境地には至れないと思うので,形だけでも何らかの仕事をしている体を装ってしまうと思います.

そういえば,遺伝子操作により25歳で成長が止まって残りの寿命が通貨代わりになるという世界を描いたTIMEという映画がありました.この世界の富裕層は究極の理想形ですね.
Posted by 人生の凡人 at 2016年09月01日 10:03
とにかく日々のスケジュールを埋めないと気が済まない、という人がいますが、却って自分の視野を狭めている気がしますね。
突然現れる、新たな興味の対象との出会いや、金儲けの情報やアイデアは、予定が空っぽの状態でないと処理できません。
ジョージ・ソロスも「成功するためには暇な時間が必要」と言っていましたし。
まあ、実際には完全に予定が空っぽではなく、取り組みたい投資の研究テーマは常に積み上がっていますけど、それをやるやらないは完全に自分の裁量ですから。そういう裁量があるのもアーリーリタイアの利点ですね。

Posted by 隠居中年 at 2016年09月01日 12:33
>おおさわ さんへ

>たいへん素晴らしいと思います。

有難う御座います。

>お金、時間、体力の3つは、一度に揃えるのは
難しいと世間ではよく言っているようです。

はい。上記のうち時間と体力は不可逆性があるので、一度失うと後から取り返す事は出来ません。

お金は自分の場合、相場次第でしょうかw

>山中さんは、勇気を持って、アーリーリタイアという
選択をされたのだから、存分にご自身の好きな
過ごし方をされるべきだと思います。

自分の場合、勇気を出したつもりは特に無くて、働かない人生を送りたい為に、臥薪嘗胆でサラリーマンをやってたという感じでしょうか。
なので、リタイアしてる今が本線に戻ったという想いですね。
ご声援有難うございます。
Posted by 山中 一人 at 2016年09月01日 14:51
>バッタモンさんへ

>さらに暇でボーとしていると脳に余白が生まれます。
するといい考えが浮かんでくるんですね。

はい。リラックスしてボーっとしてる時に、新しい考えが不意に浮かんでくるんですよね。
例えば、自分の場合、相場の買い時とか売り時とかも、ボーッとしてる時に、急に脳みそに降りて来たりします。

>暇になると自分自身の勉強に時間がさける
知識と知恵をを増やすことができる。
私の場合投資に対して知識と知恵を身に着けることが出来ました
私がリタイヤ資金を作ることが出来たのも暇になったおかげです。

投資の勉強は知識欲と実益の両方を満たす事が出来るので、それ自体が楽しいのですよね。
Posted by 山中 一人 at 2016年09月01日 15:04
>那須の小太郎さんへ

>私も1日24時間では足りないですよ(。・_・。)

ですよね。

>何をしてるかって言ったら特にこれといったことは
していないんだけれども(゜_゜)
あれやこれや身の回りのことをしてるだけで
1日があっという間に過ぎえしまいます(@_@;)

楽しい時間はあっという間に過ぎていくといいますから、体感時間が短く感じられるのですよね。

逆に自分なんか、サラリーマン時代や学生時代は毎日が長くて長くて、気が遠くなりそうでしたね。

>これで仕事になんか行ってたら身体が幾つ有っても足りないと思う(゜_゜)

全くです。仕事なんかに行く暇がありませんね。

>退屈なんてしてる暇がない、要領が悪いだけかもしれませんが(・_・;)

いえいえ、時間を采配するのは、こちら側なのですから、我々のペースでいいのです。
Posted by 山中 一人 at 2016年09月01日 15:12
>幸福賢者 さんへ

>幼少からもったいない思考が刷り込まれている日本人は、時間を無駄にするのが苦痛でしょうがないのです。
生産性がある行動しかできないのも、それはそれで虚しいことなんですけどね。

タイムイズマネーを叩き込まれていますから、ひまが一番辛かったりするのですよね。
ただ、本人は生産性のある事をしてるつもりでも、傍から見れば全くどーでもいい事だったりもするのですけどねぇ。
Posted by 山中 一人 at 2016年09月01日 15:33
>人生の凡人 さんへ

>だから,しっかりと計画されたアーリーリタイアは,時間があってまだ活力もあって,その先の金の心配もいらないから,理想的だなと思います.定年後の先取りとは言い得て妙ですね.

同じステーキを食べるにしても、歳をとって総入れ歯になってからでは、満足に味わう事も出来ません。
幾ら箪笥に何億とあろうが、ガンになってしまえばお終いですからね。

>ただ,私がアーリーリタイアできたとしても,無職ですが何か?という境地には至れないと思うので,形だけでも何らかの仕事をしている体を装ってしまうと思います.

装いだけで十分だと思います。
体面の為に、実際にアルバイトまでしてしまうと、やはり何かと不愉快な目に遭う確率が高くなりますからね。

>そういえば,遺伝子操作により25歳で成長が止まって残りの寿命が通貨代わりになるという世界を描いたTIMEという映画がありました.この世界の富裕層は究極の理想形ですね.

自分は見てないのですが、コワイ世界ですね。
不老不死は、秦の始皇帝のように全てを手中に収めたものが最後に求める願いですが、秦が中国統一後わずか15年で滅んだように、今の富裕層と雖も永久にその富を保持し続けるのは、まず難しい事でしょうね。
Posted by 山中 一人 at 2016年09月01日 15:58
>隠居中年 さんへ

>とにかく日々のスケジュールを埋めないと気が済まない、という人がいますが、却って自分の視野を狭めている気がしますね。
突然現れる、新たな興味の対象との出会いや、金儲けの情報やアイデアは、予定が空っぽの状態でないと処理できません。

はい。既存の延長線上だけを埋め続けるだけだと、新たな世界に遭遇するチャンスは閉ざされてしまいますからね。

>ジョージ・ソロスも「成功するためには暇な時間が必要」と言っていましたし。
まあ、実際には完全に予定が空っぽではなく、取り組みたい投資の研究テーマは常に積み上がっていますけど、それをやるやらないは完全に自分の裁量ですから。そういう裁量があるのもアーリーリタイアの利点ですね。

はい。積極的に何もしない時間を作る事が大事だと思います。
そしてその時間をどう配分するかについて誰の指図も受けないのもアーリーリタイヤーならではですね。
Posted by 山中 一人 at 2016年09月01日 16:08
時間こそが最も貴重で豊かなものですからね、それを自由に遊ぶもよし寝るもよし惚けるもよしで使えるのが最高に贅沢です。

最近バイトを始めたのですが、日本人の奴隷性能の高さに僕も驚いています、僕自身もそうですがw
この点で僕も記事が書けそうです。
Posted by 招き猫の右手 at 2016年09月02日 00:24
>招き猫の右手 さんへ

>時間こそが最も貴重で豊かなものですからね、それを自由に遊ぶもよし寝るもよし惚けるもよしで使えるのが最高に贅沢です。

そうなんです。時間を使う贅沢さを知ってしまったんですよねぇ。

>最近バイトを始めたのですが、日本人の奴隷性能の高さに僕も驚いています、僕自身もそうですがw
この点で僕も記事が書けそうです。

上記、日本兵に勝るとも劣らない猛者がいそうですねw
記事を楽しみにしております。
Posted by 山中 一人 at 2016年09月02日 01:38
>しかし、自分が一番楽しい時間はボーッとしてる時ですね。
>但し、自分の場合は、その環境にコダワルのですね。
>例えば、山の良く見えるデパートの屋上でのマイカーの中とか、海辺の砂浜で折り畳みチェアに座ってとか、スーパー銭湯の露天風呂とか、なるべくリラックス出来る環境で静かにボーッとする時が一番幸せを感じられる時なのです。
>平日昼間にこのような事が出来る贅沢は何ものにも代えられません。
 この部分に全くもって同意致します。よーーく理解できます。
 私も平日の朝から温泉に行って、会社員等の方々は今頃一生懸命働いてるんだろうとなぁ・・と考えつつ浸かるのが至福の時ですね。
Posted by at 2016年09月02日 10:09
>2016年09月02日 10:09さんへ

>私も平日の朝から温泉に行って、会社員等の方々は今頃一生懸命働いてるんだろうとなぁ・・と考えつつ浸かるのが至福の時ですね。

流石に、そこまでドSチックな事は・・・まぁチョットは考えますね(笑)
Posted by 山中 一人 at 2016年09月02日 10:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック