2016年02月18日

本当の株式投資必勝法はタダで転がってるよ。

自分が20歳位の頃は、個人客も株はまだ証券会社の実店舗で売買してましたので、地場の証券会社では、株好きのおじさんおばさんがたむろしてました。

そこで、究極の株式必勝法をゲットする事が出来たのです。しかも全くのタダで。

世にいろんな株式必勝法なるものが出回っていますが、まぁ殆ど役に立たない物が書籍や情報商材として売られている事を思えば、この必勝法はプライスレスですね。

ですが今回は、我らコミュ障内向型のお仲間だけに特別に無料で公開致します。

そのいつも来てる人達の中で、おそらく株だけで食べてきた人らしいおじいさんが言った究極の投資法がこれです。
  ↓
曰く「株なんて、絶対潰れない一流会社が滅茶苦茶安くなった時に黙って買うだけでいいーんだよ!」です。

正直、全く教養の二文字とは程遠いおじいさんの言葉は、後に読んだ投資の神ことバフェット神の言葉と殆ど同じコンテンツだったのです。

自分は個人的には優良株は苦手なので、低位株でこれと似たニュアンスになるようにアレンジして投資を心掛けてきました。

上記の株じいさんの言葉は、あまりに当たり前過ぎるけど、誰もが出来ない心理的なハードルがあるからこそエッジになるのでしょう。

当たり前の事が出来ない心理的障壁とは何でしょうか?

それは、市場が暴落してパニック状態になると、合理的市場仮説を意識的か無意識かを問わず信じる人が多数派になる事にあります。

人は普通の実生活においては高価格=高品質、低価格=低品質な事を散々目にしています。
過日の高速バス事故のように合理的市場価格より著しく安い物は必ずそうなるだけのウラがあります。
当然、株価も経済活動の一環ですので、通常の相場においては、合理的価格より著しく安価な価格で放置される前に目端の利く誰かが必ず拾う筈です。
上記の考え方を誰もが信用する事において、本来需給によって決定している筈の株価がいつしか第三者が評価したその会社の格のように盲信されて行きます。
高く上がる株程人気を集め、より一層上げ相場が続きます。
まるで、奥さんや彼女が居る男の方が、第三者によって価値が担保されてるように錯覚されてより一層モテるように。(すいません。個人的偏見で脱線しましたw)
逆に暴落している株は、誰も彼もが手に付いた糞を振り払うように価値の無い物に見られてしまうのです。
そして、市場がパニックになると本来優良株であった株でさえも、とことん売られる事により、何かとんでもない悪材料が隠れているのではないかと疑心暗鬼の目で見られる訳です。
己より遥かに優秀な経歴を持つ相場のプロ達でさえも競って投げ売りしてる状況を目の前で見せつけられ、まるで食べログランキング下位店舗のように実際に第三者が低評価の価格しか付けないのを見れば、ただのボロ雑巾にしか見えなくなってしまうのです。

そして、市場が正常化して人々が我に帰った頃には、当時捨て値で売られていた事がウソのように、またいつもの人気者に返り咲いている訳です。

別に難しい事をする訳では無いのです。
ただ、やるかやらないかの違いだけかもしれないのです・・・

もし、何かのヒントになりましたらイチポチっと頂ければ幸いです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ







お暇でしたら姉妹ブログも覗いてやって頂ければ幸甚です。
  ↓
友達0人ですが何か?
posted by 山中 一人 at 11:36 | Comment(12) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにそうですね。戻る時は有力株から戻りますし。その時冷静に判断できる精神的にも資金的にも余裕がないと、なかなか冷静に判断出来ませんね。私は右往左往して失敗ばかり……
Posted by ナンシー at 2016年02月18日 15:18
暴落相場に遭遇する度に、大勢の逆を行き買い向かうためには「価値を正しく判断する」というシンプルかつ奥深い道を究めるしかないのかなあ、と実感します。

本当に恐慌が来るならば、ハイパーインフレとなり現金で持っていても安全ではないですからね。むしろ、歴史的には経済混乱時には株や不動産のほうに分があると思います。腹を括るつもりで買い向かうしかないでしょう。最近はようやくこの心境に慣れてきましたが。

Posted by 隠居中年 at 2016年02月18日 22:23
>ナンシーさんへ

>その時冷静に判断できる精神的にも資金的にも余裕がないと、なかなか冷静に判断出来ませんね。

冷静さを保てる余裕こそが自称株のプロに立ち向かう武器になるのでしょうね。きっと。
Posted by 山中 一人 at 2016年02月19日 00:53
>隠居中年 さんへ

>暴落相場に遭遇する度に、大勢の逆を行き買い向かうためには「価値を正しく判断する」というシンプルかつ奥深い道を究めるしかないのかなあ、と実感します。

ですね。暴落相場になると、止まらない含み損の恐怖に耐えられなくなり、誰もが群集心理に巻き込まれてしまいます。
雑音を一切無視して、冷静に判断して行きたいものですね。
Posted by 山中 一人 at 2016年02月19日 01:03
問題は絶対つぶれないという優良企業を最低限きちんと見分けられるかですけどね。

昔のJAL、東芝、シャープを買って痛い目見てるおじいさんは多そうです。
Posted by 少々反対でもある at 2016年02月19日 06:40
私もそろそろ大手の銀行株を仕込もうかなと思案中です。
かなり安くなりましたからね。
しかし、まだアメリカダウが下げきってませんね。
かなり割高なまま放置されている銘柄もあります
日本の株なんて所詮外人が7割ですから
ニューヨークの写し相場です。
あと今年1年ぐらい我慢することになるのかな?

Posted by バッタモン at 2016年02月19日 08:09
>少々反対でもある さんへ

>昔のJAL、東芝、シャープを買って痛い目見てるおじいさんは多そうです。

故に絶対潰れない一流会社という条件が付くのです。(世の中に絶対は無いので、限りなく近いという意味になりますが)
JALは当時から問題企業でしたし、言いにくいのですが、後者2社もこうなる前からも一流の名に相応しかったかと問われれば・・・という事になると思います。

結局、その違いを見分けられるかどうかが鍵というのは、仰る通りですね。
Posted by 山中 一人 at 2016年02月19日 09:18
>バッタモン さんへ

>かなり安くなりましたからね。

計画的なナンピン買いも有りですし、月足で底打ち反転を確認してから買うのも有りだと思っています。

何れにしろ、買い目線で見ております。
Posted by 山中 一人 at 2016年02月19日 09:26
>絶対潰れない一流会社
このご時世、そんな会社があるとは思えませんが・・・
絶対に潰せないはずの東電ですら、あんな状態ですからね。

流石にトヨタクラスなら潰れないかもしれませんが、
数が少なすぎる上に、そんなに安くなる機会があるのかどうか。
そして、相場が回復するまでどれだけ待てばいいのか。

理論上は必勝でも、投資機会と資金効率の面で見向きもされないのが悲しい。
Posted by 幸福賢者 at 2016年02月19日 21:43
>幸福賢者 さんへ

>>絶対潰れない一流会社
このご時世、そんな会社があるとは思えませんが・・・
絶対に潰せないはずの東電ですら、あんな状態ですからね。

絶対潰れないという表現は、勿論おじいさん一流の言葉のアヤです。
そんな会社が世の中に無い事は、おじいさん自身も当然承知の上だったと思います。

因みに、おじいさんの言うところの一流銘柄とは戦前からある財閥系企業で当時はまだあった指定銘柄になってるような会社だったと思います。
東電なんかは戦後の会社ですし、当時は電力株なんて株では無いと言われてましたね。

>数が少なすぎる上に、そんなに安くなる機会があるのかどうか。
そして、相場が回復するまでどれだけ待てばいいのか。

長期月足チャートをごらん頂ければ、年レベルでは定期的に機会がある事がお分かり頂けると思います。

>理論上は必勝でも、投資機会と資金効率の面で見向きもされないのが悲しい。

故に、エッジがあるのです。誰もが出来ないからこそ、永久に必勝法で有り続けられます。
殆どの投資家は資金効率という考え方に縛られていますので。

手法自体は全く難しく有りません。
ただ、理論を実践に移せられるかどうかの差だけだと思います。
Posted by 山中 一人 at 2016年02月20日 10:07
やるかやらないかの違い、というのは、
はじめから株でガッツリ儲けよう
とするのではなく、

はじめは、少額投資で
「銘柄の選定や損切りの仕方」
「相場の動きにたいする個別銘柄の動きや、相場が動いたときの対応」
の練習をするといい、
という意味なんだろうなと、
株歴一年未満の私は考えました。
儲けはあまり期待せず、
お金を払ってゲームをしているような感覚で。

ロバート・キヨサキ氏の奥さまも、はじめての不動産投資では、さんざん手間をかけて、月五十ドルほどの純利益だったといいますけど、その後失敗を重ねて不動産投資を成功させたんですよね。

と、いうわけで、総額十万円前後で相場に参加してみている貧乏人の私です。
最近はETFにしか手をだしていないビビりな私ですが、
そのうち山中さんのおっしゃる
「低位株で地味に勝つ」という練習も少額で練習してみたいなと思っています。
Posted by 矛盾 at 2016年02月20日 11:35
>矛盾 さんへ

>と、いうわけで、総額十万円前後で相場に参加してみている貧乏人の私です。
最近はETFにしか手をだしていないビビりな私ですが、
そのうち山中さんのおっしゃる
「低位株で地味に勝つ」という練習も少額で練習してみたいなと思っています。

ネット上では、100万円から〇億円に増やしたなんて胡散臭いカリスマブロガーが山ほどいますが、現実の投資とは地味なものです。

どうか脇道にそれる事なく、基礎をしっかりと積まれる事をオススメ致します。
Posted by 山中 一人 at 2016年02月20日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。