2016年01月30日

公務員叩き、カッコ悪いヨ。

サラリーマンが居酒屋等で集まると良く出る定番ネタが公務員叩きです。

曰く、膨大な国の借金を返すために消費税まで上げられてるのに、国民の血税で暮らす公務員の給料だけはしっかり上がってボーナスまでアップしてやがる。俺たちなんてボーナスすら出ねぇのにクソーッ・・・

って、フレーズですね。

ネットでも上記のような趣旨の記事は定期的に目にしますし、2chでの公務員叩きはもうお約束事になってます。
確かに、庶民のルサンチマンを刺激する記事は受けが良いのでしょう。

でも、落ち着いて冷静に考えるべき事があります。

日本人はとかく政治家・高級官僚・資産家・不動産成金・株成金・新興成金等の金持ちイジメが大好きな国民です。

横並びが大好きな国民性は自分より恵まれてる人種を強烈に妬み、何かと理由をつけては引き摺り下ろす事に懸命になっています。

しかし、金持ちの足を引っ張れば引っ張る程、自分も貧しくなり、最終的には弱者が一番割を食ってきた歴史的事実を思い起こす必要があります。

政治家が株で金儲けする事を批判する余り経済の基本すら知らない人を総理に据えたり、
官僚の官官接待を批判しては夜の街の景気がすっかり落ち込んだり、
不動産や株で儲けた人に嫉妬してバブル潰しや懲罰的な税金を掛けては資産価格暴落による金融恐慌を巻き起こし、
新興企業家の派手な生活に嫉妬して無理やり塀の中に入れては、結果としてもっと巨悪な既得権益層の保持に繋がるだけだったり
と例を挙げればキリが有りません。

更に、世界の歴史に目を向ければ、ユダヤ人叩きのヒトラーの圧倒的な支持や、資本家叩きのレーニン・スターリン・毛沢東・ポルポトの権力掌握とその後の国民の悲惨な末路はわざわざここで書くまでもない周知の事実です。

大衆は金持ちを引き摺り下ろした瞬間は溜飲が下がり錯覚の幸福感を得ます。
しかし、経済は回りまわって必ず自分に跳ね返って来ます。

思考実験で例えるならば、隣人に1億円損させる代わりに自分も100万円損をするみたいな話です。

隣人を1億円損させて他人の不幸は蜜の味感を味わう為に100万円も出して、貴方は本当に幸せなのですか?と問いたいのです。

自分は断言出来ます。
公務員の給料を下げたら、必ず貴方の生活はもっと苦しくなりますよ。と

公務員なら銀行も簡単にお金を貸してくれるからこそ、不動産会社も住宅メーカーも自動車業界も成り立ちます。
貴方の会社の商品を安定的に買ってくれるお客さんに公務員は一人もいませんか?
貴店のサービスを利用してくれるお客さんに公務員は一人もいませんか?

安居酒屋で愚痴ったり、ネットでコソコソ言わずに堂々と公務員叩きをして貴方の会社はやって行けますか?

少子高齢化が深刻化して、デフレ脱却さえ未だままならない日本経済で、公務員の給料まで下げたらそれこそ恐慌になりますよ。

公務員の給料を下げたら、安倍総理の言うGDP600兆円目標なんか絶対無理ですよ。
GDPが下がれば、当然株も土地も下がりますよ。
不動産や車のような高額商品からレジャー・旅行等のサービス業、そして一般消費財に至るまで、全ての経済活動が大きく落ち込む事は目に見えてます。

どんなに不景気になっても公務員の給料だけは下がらないという安心感・そしてちょっぴりリッチな気分があるからこそ、気前よく消費してくれているという人間心理をないがしろにしてはイケマセン。

経済は全て密接に繋がっています。特定の職種を叩いていい事は何一つ有りません。

今回のエントリーは、あまり賛同は得られないかもしれない事を承知の上であえて書きました。

ただ、言いたいのです。
嫉妬の経済学からは何も生まれませんよ。という事を。

我々が戦うべき本当の相手はそこじゃ無いからと思われるお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ







お暇でしたら姉妹ブログも覗いてやって頂ければ幸甚です。
  ↓
友達0人ですが何か?
posted by 山中 一人 at 12:04 | Comment(24) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
共産主義は美徳ではあるが、共産主義を支える経済力は共産主義体制では育たない。
儲かるビジネスを作る人がいないと、私達も貧しくなるということですね。
しかしながら、アベノミクスのトリクルダウンが偽りであったのは間違いなく、
日本においても貧富の差が拡大し続けています。
身近な公務員叩きなどという憂さ晴らしではなく、
累進課税の強化などの具体的な政策を要求していくべきかと思います。
Posted by 幸福賢者 at 2016年01月30日 12:40
今回のは、日光の手前(←ちょっと古い)でした。ちなみに我々が戦うべき本当の相手はどこだとお考えでしょうか?米国ということですか?
Posted by at 2016年01月30日 12:55
>曰く、膨大な国の借金を返すために消費税まで上げられてるのに、国民の血税で暮らす公務員の給料だけはしっかり上がってボーナスまでアップしてやがる。俺たちなんてボーナスすら出ねぇのにクソーッ・・・

こういう方に限って、自分が支払った税金より多くの税の再分配の恩恵を受けていることに気がついていなかったりします。
まあ、人間は感情が先、理屈は後、の理不尽な存在なので仕方ないですが。
Posted by キャメロット at 2016年01月30日 17:21
最近の安さばかりを追求する風潮はある意味危機的だと思います。
過度なコストカットはサービスの低下に繋がります。サービスの低下は生活に影響します。公務員に限らず重責を担っている人は相当の対価を得るべきと思いますね。
Posted by ぽん at 2016年01月30日 17:28
こんばんは。
"嫉妬の経済学からは何も生まれない"
という考えにとても共感します。
嫉妬や妬みのエネルギーはある意味結構強力なものなので、
その強いエネルギーをもっと有意義な方向に向けるべきだと常々思います。
お金持ちを叩くのではなく、むしろ気持ちよくお金を使わせる方向に持っていけばいいのにと思っています。
そうすることで、消費が生まれ、雇用が生まれ、経済が回るのにと。
Posted by nana at 2016年01月30日 19:09
山中様

昨年末からブログを拝見しておりましたが、今回はじめてコメントさせて
頂きます。
私の両親は地方公務員でしたので、子供の頃はよくこう言われました。

「バブルの頃は安月給とバカにされ、バブルがはじければ高いと叩かれるのが公務員」

某政党のおかげで月収・ボーナスが10%削減されたとも言っていました。

また、先日、某芸能人がTwitterで

「国の借金があるなかで公務員の給与を上げるってなんで?」

と質問していましたが、公務員だって日本国民の一人です。日本の経
済は大半が国民の消費で成り立っている事を忘れているか知らない人
が多いのだなと感じました。

私は物心が付いた時にバブルが弾けてしまい、好景気を知りません。あ
まりにも長いデフレの中で「お金は天下の回りもの」という考え方が失
われてしまったから、公務員たたきが続いているのかな、と思っています。
Posted by ring_bell at 2016年01月30日 21:15
>幸福賢者 さんへ

>共産主義は美徳ではあるが、共産主義を支える経済力は共産主義体制では育たない。

美徳の衣を被った大掛かりな詐欺であった結果は既に出ております。

>儲かるビジネスを作る人がいないと、私達も貧しくなるということですね。

はい。

>しかしながら、アベノミクスのトリクルダウンが偽りであったのは間違いなく、
日本においても貧富の差が拡大し続けています。

 現在は資産価格拡大による景気引き上げ効果を図っているフェーズだとすれば、資産家層から先に豊かになる事こそが経済原理通りであり、何の矛盾もありません。
 全員貧乏が正解という悪平等主義こそが、過去20数年に亘って、日本の一人負け状態を作り、日本の若者の多くを死に追いやってきた事実の方が更に悪質だと思いますが・・・

>累進課税の強化などの具体的な政策を要求していくべきかと思います。

記事中の通底に流れるメインテーマでありますが、グローバル化してる現代において累進課税強化に代表される金持ちイジメが成功する事はまず有りえないと思っております。

p.s.折角頂いたコメなのに反論ばかりして気を悪くされないかと心配ですが、幸福賢者様の度量の大きさに甘えてる故だと、どうか失笑して且つこれに懲りずにどしどしコメ頂ければ幸いです。
Posted by 山中 一人 at 2016年01月30日 21:15
>2016年01月30日 12:55さんへ

今回は我ながら多数突っ込み所があると思われますので、否の意見も止むを得ないとは承知しております。
文中、ちと挑発的過ぎたかなと反省しております。

>ちなみに我々が戦うべき本当の相手はどこだとお考えでしょうか?米国ということですか?

ここで具体的に書くのは憚られますが、日本のライフラインである米国と戦う事は絶対にあり得ません。

因みに、個人的に自分は米国ラブですね。
Posted by 山中 一人 at 2016年01月30日 21:25
>キャメロットさんへ

>こういう方に限って、自分が支払った税金より多くの税の再分配の恩恵を受けていることに気がついていなかったりします。

真実ですが、さすがに言えませんよね(^-^;

>まあ、人間は感情が先、理屈は後、の理不尽な存在なので仕方ないですが。

はい。ゲーム理論通りに合理的な選択が出来ません。
人間が生物である限り、永久にこの罠から抜け出せないのでしょうね・・・
Posted by 山中 一人 at 2016年01月30日 21:29
>ぽんさんへ

>最近の安さばかりを追求する風潮はある意味危機的だと思います。
>過度なコストカットはサービスの低下に繋がります。サービスの低下は生活に影響します。

はい。つい最近のバス事故等を見てもそうですが、ボランティアで働くおバカさんが居る訳は無いので、赤字級の値段で、品質がそのままなんて事が経済上成り立つ筈も有りません。

今のデフレ経済の弊害は人命に響く程に危機的ですね。

>公務員に限らず重責を担っている人は相当の対価を得るべきと思いますね。

はい。インセンティブも無く、名誉だけに期待するのは最早無理な時代ですからね。
Posted by 山中 一人 at 2016年01月30日 21:44
>nanaさんへ

>お金持ちを叩くのではなく、むしろ気持ちよくお金を使わせる方向に持っていけばいいのにと思っています。
そうすることで、消費が生まれ、雇用が生まれ、経済が回るのにと。

はい。金持ちを見れば石をぶつけるような今の風潮では、恐ろしくて皆庶民のフリをしてタンス預金しまくる、おばぁちゃんばかりになってしまいます。

お金はタンスの中に入れてても、只の紙の価値しか無く何一つ生み出しません。
Posted by 山中 一人 at 2016年01月30日 21:56
> ring_bellさんへ

>また、先日、某芸能人がTwitterで
「国の借金があるなかで公務員の給与を上げるってなんで?」
と質問していましたが、公務員だって日本国民の一人です。日本の経
済は大半が国民の消費で成り立っている事を忘れているか知らない人
が多いのだなと感じました。

 はい。公務員擁護と取られる発言は受けが悪いのか、上記の経済の本質について
正確に発信し周知させる媒体は有りません。
 故に単バ○芸能人等、経済の片面しか見る事が出来ない人の意見のみが大手をふって
大衆の喝采を浴びています。
 同じ日本人どおしで足の引っ張り合いをしても得るものは何も有りません。

>私は物心が付いた時にバブルが弾けてしまい、好景気を知りません。あ
まりにも長いデフレの中で「お金は天下の回りもの」という考え方が失
われてしまったから、公務員たたきが続いているのかな、と思っています。

はい。大昔の人でさえ気付いていた正に「お金は天下の回りもの」の概念が妬み・嫉みによって失われた事が失われた20年の元凶でもあり、それが公務員たたきにも如実に現れております。
Posted by 山中 一人 at 2016年01月30日 22:17
同意。(^^)

一部の高級官僚は違うかもしれませんが、
基本的に公務員は政治家が決めたことを執行しているだけですから、
国や地方の赤字に責任はないはずです。
(皆無とまでは言いませんけどね)
政治家と彼ら(彼女ら)を選んだ有権者にはありますが。

執行者である公務員の給与等の待遇は、
その業務内容に対して評価されるべきでしょう。
私には彼ら(彼女ら)のそれが不当に高いという認識はありませんね。

業務内容まで熟知したうえで、
それでも不当なほど良すぎると批判されている方の意見であれば、
それは拝聴に値しますが、
自分の給与等の待遇と比べてというだけであれば、
自分の出している業績がどうなの?不満を言う相手は上司や雇用者なのでは?
と言いたくなっちゃいますね。
(* ̄ー ̄*) 

Posted by mushoku2006 at 2016年01月31日 09:14
公務員にもいろんな仕事、いろんな人がいて、一律には言えない気がします。

民間ならとうに首になっていそうな無能はひとでも、のうのうと給料もらってたり、ものすごいハードな仕事をこなしても、無能な公務員と大してかわらない給料もらっていたり。

お役所仕事に腹の立つこともい多いです。

昔は国鉄職員なんておおいばりでどうしようもありませんでした。

公務員の給料上げるのはけっこうですが、クソも味噌もいっしょくたに上げるというのに問題ありかと。

やはり公務員はへらして民間にシフトした方がいいと思います。

国会議員もあんな人数いらない。
参議院も廃止。

功成し遂げた、稲盛氏のような方が無給でやったらいいのにと思っております。
Posted by at 2016年01月31日 09:38
サッチャー元英国首相の「金持ちを貧乏人にしたところで、貧乏人が金持ちになるわけではない」のとおりでしょうね。

自分を軸に考えてしまうと、自分に対する出入りしか考えられず視野が狭くなってしまいます。投資を行うことの利点の一つとして、オーナー目線、経営者目線、供給者目線で物事を考えられるようになることが挙げられますね。供給者目線で考えれば、どんな方法であれ消費市場が拡大するのは歓迎すべきことだと思います。

叩く側の論理としては、「公務員給与を増やさず、その分を減税に」と思っているのでしょうが、叩くような人達が払っている税金はそもそも享受する社会サービスに比べて僅かな金額でしょうから(失礼!)、そこから減税しても経済効果は知れている、ということを政府は見越しているような気もします。
Posted by 隠居中年 at 2016年01月31日 11:40
> mushoku2006さんへ

>不満を言う相手は上司や雇用者なのでは?
と言いたくなっちゃいますね。
(* ̄ー ̄*)

正しくその通りです。(ー_ー)!!
自己の本当の不満はどこからなのかを考えれば、相手が違う事に気づく筈ですね。 
Posted by 山中 一人 at 2016年01月31日 23:06
>2016年01月31日 09:38さんへ

>公務員にもいろんな仕事、いろんな人がいて、一律には言えない気がします。
民間ならとうに首になっていそうな無能はひとでも、のうのうと給料もらってたり、ものすごいハードな仕事をこなしても、無能な公務員と大してかわらない給料もらっていたり。
お役所仕事に腹の立つこともい多いです。
昔は国鉄職員なんておおいばりでどうしようもありませんでした。
公務員の給料上げるのはけっこうですが、クソも味噌もいっしょくたに上げるというのに問題ありかと。
やはり公務員はへらして民間にシフトした方がいいと思います。

競争原理が働かないと、クオリティが向上しないという問題ですね。
これは、自分も同感です。

>国会議員もあんな人数いらない。
>参議院も廃止。

同意。税金の無駄とかなんかよりも、憲法改正の障害になってる事が一番大きな理由です。

>功成し遂げた、稲盛氏のような方が無給でやったらいいのにと思っております。

インセンティブが無いと、某国から大金をもらう政治家が表面上は無給のフリして参入する危険性があるかと・・・
Posted by 山中 一人 at 2016年01月31日 23:24
給与を全体で上げるのでなく、メリハリあるような給与体系がいいと思っています。
中央官庁の若手なんて、本当に忙しく仕事していますから。もっと給与が高くてもいいと。
ただ、どうでもいい仕事を年齢が高いだけで、高給貰っている場合はちょっと違うのかなとも。
優秀な人には、相応の給与となるといいなと。
Posted by 煙々 at 2016年01月31日 23:40
>隠居中年さんへ

>サッチャー元英国首相の「金持ちを貧乏人にしたところで、貧乏人が金持ちになるわけではない」のとおりでしょうね。

今の日本の政治家でこれを言える人はいないでしょうが、真実ですね。

>自分を軸に考えてしまうと、自分に対する出入りしか考えられず視野が狭くなってしまいます。投資を行うことの利点の一つとして、オーナー目線、経営者目線、供給者目線で物事を考えられるようになることが挙げられますね。供給者目線で考えれば、どんな方法であれ消費市場が拡大するのは歓迎すべきことだと思います。

はい。これもある種の公共事業だと見なせば、デフレ対策の一環になりますからね。

>叩く側の論理としては、「公務員給与を増やさず、その分を減税に」と思っているのでしょうが、叩くような人達が払っている税金はそもそも享受する社会サービスに比べて僅かな金額でしょうから(失礼!)、そこから減税しても経済効果は知れている、ということを政府は見越しているような気もします。

政府側の本音ですね。

最終的には、公務員の給料も民間の給料も両方上がり、インフレ経済にして借金をチャラにしたいのでしょうね。
Posted by 山中 一人 at 2016年01月31日 23:46
> 煙々さんへ

> 給与を全体で上げるのでなく、メリハリあるような給与体系がいいと思っています。
中央官庁の若手なんて、本当に忙しく仕事していますから。もっと給与が高くてもいいと。
ただ、どうでもいい仕事を年齢が高いだけで、高給貰っている場合はちょっと違うのかなとも。
優秀な人には、相応の給与となるといいなと。

公的な仕事の場合、民間企業程、業績が見えにくい為どう評価するのかが難しいですよね。
でも、たまにテレビ等で紹介されるスーパー公務員とかも他と変わらないでしょうしね。

頑張った人が報われるようなモチベーションが上がる制度があればいいのですけどね。
Posted by 山中 一人 at 2016年02月01日 00:22
図書館の本も
ハロワも

税金の再分配により、
我々は利用できるのですよね。

あと、公務員叩きをする方々のうち、既婚者の人は
当然皆さん共働きなんですよね
(・_・?)

まさか、自分の奥さんは
年金をはらわないですんで、
配偶者控除をつけてもらったうえで、
愚痴っているとしたら。。。

人間って、自分がすでに受けている恩恵は当たり前だと考えてるから怖いなあ。
Posted by 矛盾(ぱらどっくす) at 2016年02月03日 20:10
> 矛盾(ぱらどっくす)さんへ

税金の使い方云々で叩く方は、自分の方のダブルスタンダードには気付いておられないのですよね。
Posted by 山中 一人 at 2016年02月03日 23:27
合成の誤謬ですね。

借金が多くなったから公務員の給与を減らせっていうのはミクロ視点では正しいのですが、
マクロでは必ず自分たちに戻ってくる。

そもそも国が借金を返したら、裏付けされている自分たちの預貯金が減るだけなのですがね。
それに気づいて批判しているならまだしも。国が借金しているから預貯金ができているのです。

借金を減らすよりもGDPを上げなかったのが悪いのです。
ずっとデレバレッジを放置したことがいけませんでした。

日本は輸出主導の国ではありません。国内消費がGDPの過半数です。
マイナス金利よりも国はもっとばらまいて、需要不足を解消しなければいけません。
公務員の給与を上げるのもその一つです。
Posted by 通りすがり at 2016年02月05日 06:07
>通りすがり さんへ

>合成の誤謬ですね。

この一語につきますね。
国家予算の節約というような、一見、誰もが飛びつきたくなるような理屈も、経済の片面からのみしか考えてないというよくあるケースです。

これだけ酷い需要不足の国においては、国がお金を使わないで誰が使うのでしょう?
全員がドケチになると、恐慌になって、全員がますます貧乏になるだけです。
この当たり前の事に気付く為に人類はどれだけ多くの尊い命を犠牲にして来たのか、今一度思い起こす必要がありますね。
Posted by 山中 一人 at 2016年02月06日 11:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。