2015年12月26日

内向型人間が贈る株式基礎講座(第7回)

「致命傷を負ってはイケマセン」

本講座のはじめにで申し上げた通り、我々には給料からの追加補てん投資法という安易な選択肢は許されておりません。

そして投資資金のみが生計費を生み出す唯一の商売道具でもあります。

故に、致命傷を負って投資資金を失う事は即死に繋がります。

その為には、リスク管理が生き残る為には絶対に欠かせないスキルになります。

その為に先人達が辿り着いた方法の一つが分散投資です。

因みに自分の場合は1銘柄は投資資金の5%までというルールでやっております。

最悪、その会社が倒産したとしても投資資金の5%の損失に抑えられるので、即退場にならずに済みます。

更に、集中投資の弊害は少数の銘柄に過重に資金を注ぎ込む事により極端な思い入れをしてしまいがちになるので、相場に一番大事な冷静に売買するという事から遠ざかるきらいがある事です。

そもそも自分の狙いすませた銘柄だけが思惑通り上昇すると賭けるその姿勢こそが一発必中のギャンブル的発想であり、既にこの投資法の本筋から大きく外れていると言えます。

あくまでも資産全体として増加させる事を一番に考えて、一歩引いて適度なバランスを持って投資にあたる事が肝要です。

また、高値圏にある人気株を追わず、底値圏の不人気地味株のみでポートフォリオを組むのも、値下がりリスクを少しでも軽減する為の方策なのです。

多くのチャートを観察して頂ければ分かりますが、山高ければ谷深しの逆で、山の低い株は反動安も相対的に少ないものです。
株式相場において市場全体の暴落は不可避です。
ならば、いつ暴落が来てもいいように、なるべく被害を抑えられるように安全策を取るべきなのです。

そして今までも、チャートで見て低位地味株ですら底値圏の株が全く無くなった時が上げ相場の終了となっています。

もし次回もご期待頂けましたら、いちポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ







お暇でしたら姉妹ブログも覗いてやって頂ければ幸甚です。
  ↓
友達0人ですが何か?
posted by 山中 一人 at 23:56 | Comment(2) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
株式基礎講座を第1回からすべて読ませていただき、勉強させていただいております。
来年の投資戦略を策定中ですが、貴殿の『底値圏の不人気地味株のみでポートフォリオを組む』を一番のメインテーマにしようかと考えております。やはり一本筋の通った戦略がないと株投資で成果を上げるのは難しいと思う今日この頃です。特に今年のような変動の激しい年では、ふらふらした考えでは、勝てないことを実感しました。どんなに変動しようが、冷静沈着、一本筋の通った戦略で、不人気地味株で地味に勝つ と行きたいですね。これからも参考にさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
Posted by かもかも次郎 at 2015年12月29日 06:58
>かもかも次郎さんへ

>不人気地味株で地味に勝つ

このフレーズいいですね(^^)

投資情報誌や評論家に全く相手にされず、掲示板ですら過疎ってるような株で勝てるようになると、寧ろ小気味のいい気分にすらなってくるものです。

この休み期間中に、新年の投資方針をじっくりと考えられる事は、きっと為になられる事と思います。
Posted by 山中 一人 at 2015年12月29日 13:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。