2015年11月28日

まさか理論株価なんて信じてる投資家っていないよね?

マネー誌では、定期的に全上場企業理論株価一覧特集を組まれる事が定番となっております。

大抵、各企業の過去の収益率等から将来の企業価値を算出して、現在の企業価値と組み合わせて理論株価なるものを導き出しています。

そして現在の株価と比較して○○%安いとか高いとかを一覧に併記して、ご丁寧に割安株や割高株に色づけしてくれたりランキング形式にしてどの銘柄を買えばお得ですよーと教えてくれてます。

しかし、そもそも株には理論価格なる物は存在しません。

何故なら人間には未来の事が分からないので企業収益の未来も解る訳が無いからです。
当然アナリストにも分かる訳がありません。

そして100歩譲って仮に未来の企業収益を当てる事が出来たとしても更なるハードルが待っています。

株が理論株価通りの値段になる必然性が全く無いからです。

株価は単純に需給のみで決まります。故に極論を言えば1株1円になろうが何百万円になろうが何の問題もありません。

ですが、もし株には理論株価が存在するならば、それより割安に放置されてる株を買えばいずれ理論株価にさや寄せする事によって大儲け出来る必勝法が生まれます。
でも単純にPERだけで割安・割高を記事にしても今やネットで誰でも検索できる時代なので見向きもされません。
しかし、キャッシュフローがどうとか、企業価値がどうとか尤もらしい単語と指標を一杯並べて、それらしく表記して理論株価と銘打てば急に信憑性が増したような気がします。

でも、そもそもその根拠が全く有り得ない空想に基づいている以上、実戦に使えない事は言うまでもありませんね。

では、何故こんな特集が毎回組まれるのでしょう?

簡単ですね。読者の食いつきが非常に良いからでしょうw。きっと。

全銘柄が載っているとなれば、引かれ玉を持って持ち株が気になって仕方がない不安な読者はどうしても見てしまう事でしょう。
そして理論株価より安いとか高いとかを見て一喜一憂して、とにかく何かの参考になればと買ってくれる読者様がたくさんおられるのでしょう。

因みに、自分も一応目を通して見ますと、もし持ち株すべてが理論株価通りになると億り人一直線ですw。
全くヴァカヴァカしい夢ならいくらでも見れますね。

ホントは妄想理論株価と名付けるべきだよねと思われたお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ







お暇でしたら姉妹ブログも覗いてやって頂ければ幸甚です。
  ↓
友達0人ですが何か?
posted by 山中 一人 at 11:04 | Comment(4) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>ホントは妄想理論株価と名付けるべきだよね

仰せごもっとも。
v(o ̄∇ ̄o)v 

しかし、自分の保有している株の購入価格が「妄想理論株価」より安いと、
嬉しいんですよねえ・・・・・・。
( ̄∇ ̄*)ゞ 
Posted by mushoku2006 at 2015年11月28日 14:58
>mushoku2006 さんへ 

>しかし、自分の保有している株の購入価格が「妄想理論株価」より安いと、
嬉しいんですよねえ・・・・・・。

はい(笑)買値の3倍高位に評価されてたりしたら、つい内心「シャー」と叫びながら心の中でガッツポーズをしてしまいます。
でも、すぐに賢者モードになって虚しさだけが残るんですけどね・・・
Posted by 山中 一人 at 2015年11月28日 17:54
どんなに偏った理論であれ、作った人の理論で作られるものが「理論株価」ですからね。言った者勝ちの感はあると思います。

その理論株価に基づいた乖離度を層別に分けて、中長期的にパフォーマンスを分析した資料でもあれば良いのですが。そんな面倒なことする人もいませんよねえ。

世の中には判断の軸を求める人が多いのでしょう。
株も人生も「内なるスコアカード」を持つことが一番面白いんだけどなあ、って思います。

と言いつつ、私も1年に1回ぐらい見ちゃいますね。見るだけで売買の参考にすることはないですが。割安株がメインなので、殆どの銘柄が理論株価を下回っているようです(笑)。

Posted by 隠居中年 at 2015年11月29日 11:02
>隠居中年 さんへ

>どんなに偏った理論であれ、作った人の理論で作られるものが「理論株価」ですからね。言った者勝ちの感はあると思います。

はい。もし真剣に「理論株価」について口にしてる人が居たら、こう思う事にしています。
「お前の頭の中ではそうなんだろ。お前の中ではなw」という風に(笑)

>その理論株価に基づいた乖離度を層別に分けて、中長期的にパフォーマンスを分析した資料でもあれば良いのですが。そんな面倒なことする人もいませんよねえ。

自説の正当性を強調する為に、恣意的に短期間のたまたま当たったケースだけを示す事は可能かもしれませんが、長期の検証に堪えうる公正な資料を作る人はいないでしょうねぇ。

>世の中には判断の軸を求める人が多いのでしょう。
株も人生も「内なるスコアカード」を持つことが一番面白いんだけどなあ、って思います。

はい。他人のしかも別の目的を持った人の説に判断の軸を委ねる怖さを知らない人が多すぎますね。

>と言いつつ、私も1年に1回ぐらい見ちゃいますね。見るだけで売買の参考にすることはないですが。割安株がメインなので、殆どの銘柄が理論株価を下回っているようです(笑)。

自分も地味資産バリュー株が得意フィールドなので、殆どが下回っています。
なので、下心があれば、「みなさん投資雑誌の理論株価は超当たるのでお買い得ですよー!」とポジショントークしたい位ですが、良心が許してくれません。
Posted by 山中 一人 at 2015年11月29日 15:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: