2015年05月30日

「アーリーリタイア」VS「サラリーマン」

アーリーリタイア(セミリタイア)ブログを見て居ると大分前からリタイアを目指されておられるのにまだサラリーマンをお続けの方が割とおられます。
特に金融資産が1億も超えてるのにまだ早期退職されてない方とかを見ると、自分の金銭感覚からすると理解出来ず、アーリーリタイアやるやる詐欺じゃんと内心思わないでもありません。(また怒られますね。どんなタイミングでリタイアするかなんて人様の勝手で他人がどうこういう筋合いのものでは全くありません。)

ただ、そんなお方のブログを見てると、共通するのがそれ程厳しいサラリーマンライフの環境におかれてないような感じがします。(これも本人にしか解らない事ですが)

自分の場合は、とにかく会社が嫌で嫌で仕方が無くて、刑務所にでも入ればもう会社に行かずにすむのかなぁって真剣に思う位でしたので、それについて迷うという事は全くありませんでした。
さらに言えば集団に属さない人生は子どもの頃からの夢でさえありましたし。

ただ、もしリタイアするタイミングを迷う位なら無理にアーリーリタイアする必要も無いのになぁって思います。

アーリーリタイアする前はいい事ばかりに目が行きがちですが、当然デメリットもあります。

まず、お金!
今迄、毎月きちんと入っていた決して少なくないお給料が1円も入らなくなります。
お金が大好きな人にとってはこれは大きいことと思います。もし貴方が遊んでいる間にとにかく会社に行けば今月末もお金が稼げた筈だったんですからね。

そして、奥さんの目!
無職になった旦那に対しては、奥さんは厳しくなるものです。
これについては以前に拙ブログでも書いた「妻帯者アーリーリタイヤーは、決して預金通帳を奥さんに見せてはいけません。」で書いた通り、諸先輩方が非常に苦労されています。
今は、どんなに理解力のある奥さんに見えても、実際にリタイアした途端に変わるかもしれませんよ。

そして、世間の目!
貴方がもし常識的な人生を送ってこられた方なら結構ダメージを食らうシーンに遭遇する事でしょう。

そして一番厳しいのは自分の目!
全く何も世の中に貢献しない自分を許せますか?
毎日無為に過ごす自分を許せますか?
預金だけを取り崩す若おじいちゃんになった自分を許せますか?

まだあります。
会社を辞めた途端に基本的には会社での人間関係が無くなります。
気軽に同僚と飲んだり、部下に過去の栄光話しをする機会が無くなったり、若いOLと談笑したりする機会も途絶えます。
多くのサラリーマンが定年退職した途端に老け込むのはこれが結構大きいみたいです。

これらの様々なデメリットを甘受しながら尚、貴方はアーリーリタイアを選ばれるのですか?

と散々厳しい事を書いて来ましたが、自分はアーリーリタイアして良かったと心から思っています。

自分が、最近嵌っているのは、高いビルの最上階にあるカフェレストランで午前中のまだ人が少ない時間帯に窓際の席で、一人でコーヒーを飲みながら、全く何もせずに只管ぼーっとする事です。

たまに窓の外の地上をせわしなく歩く人達を見ると何ともいえない幸福感に満たされます。(これは遠近法の錯覚のおかげですが)

サラリーマンとは不思議な職業で、会社に行っていない時でも常に頭の中にモヤモヤと仕事の事が浮かんでは消えているものです。
明日が会社ともなると嗚呼あれをどうするかなと考えたり、会社の嫌な事が急に浮かんだりして急にウツになったり。
なので、休日と雖も完全にリラックスする事は出来ません。

しかし、リタイアするとそんな一切の拘束から解き放たれてフリーになります。
先ほどの自分のようにただコーヒーを飲んでるだけでも頭の中が完全にカラッポの無になれます。
頭から常にα波が出ている状態とでも申しましょうか。

肉体的のみならず精神的にも自由です。

学生時代のように勉強を強いられる事もありません。
サラリーマン時代のように束縛され、お金の為に不本意な相手に屈従を迫られるシーンもありません。
明らかに無駄で下らないと思えるような仕事をさせられる訳でもありません。
月末までのリミットにこれだけ売れというノルマや構築しなければいけないプロジェクト等がある訳でもありません。

子供の頃から続いた、一切の○○せねばならないという言葉から完全にフリーです。
世間の一切のしがらみから解き放たれています。

そしてこんなに自由なのにまだ体もピンピンしててどこにでも行けるし、何でもやれます。
多くの定年退職後のお年寄りと違い、病気で食事や何かを制限されてる訳でもありません。

そしてこんなに素晴らしい時間がまだあと20年以上は味わえるのです。

昔の王侯貴族よりも幸せでしょう。
王様でさえも何時寝首をかかれるかと常に政治的な駆け引きに迫られていましたからね。

人類がこの世に存在して以来、いったいこんなに幸せな感覚を味わえる人間がどれだけいた事でしょうか?

自分が体験したからこそ言えます。

逆にアーリーリタイアしない人生なんてあまりに勿体無さ過ぎるよ。とね。


アーリーリタイアしないなんて人生半分損してるよねと思われたお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ







お暇でしたら姉妹ブログも覗いてやって頂ければ幸甚です。
  ↓
友達0人ですが何か?
posted by 山中 一人 at 08:35 | Comment(12) | アーリーリタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
確かにアーリーリタイアのブログなのにヤルヤル詐欺の方が本当にに多いですよね。
中にはもうこのまま働いてもいいとか・・(笑)
単なるブログでアフェリエイト稼ぎのために利用してるのかと思う位ですし・・・
まあアーリーリタイアをテーマにしたブログを書くのが趣味なのかもしれませんね(^^)
Posted by すあま at 2015年05月30日 09:37
>すあま さんへ

こちらこそはじめまして<(_ _)>

>確かにアーリーリタイアのブログなのにヤルヤル詐欺の方が本当にに多いですよね。
中にはもうこのまま働いてもいいとか・・(笑)

はい^m^ あと半年後にはあと半年後にはの繰り返しで、正直、どんだけ引っ張んねんってツッコミたくなりますね(笑)

>単なるブログでアフェリエイト稼ぎのために利用してるのかと思う位ですし・・・

流石!するどいですね。
確かにアーリーリタイアは興味のそそるテーマですので、もしかして・・・と自分も半信半疑に思うブログもあります。

>まあアーリーリタイアをテーマにしたブログを書くのが趣味なのかもしれませんね(^^)

成程。サラリーマンをしながら妄想する。そんな趣味もあるかもですね(^^)
Posted by 山中 一人 at 2015年05月30日 09:51
激しく同意!
Posted by at 2015年05月30日 09:52
 ↑
ご同意頂き、有難うございます。<(_ _)>
Posted by 山中 一人 at 2015年05月30日 10:16
最近、楽しく読ませてもらっています。姉妹ページも含めて。

>子供の頃から続いた、一切の○○せねばならないという言葉から完全にフリーです。
>世間の一切のしがらみから解き放たれています。

上の事は分かる気がします。

アーリーリタイアはしていませんが、私も人生で何回か「全ての義務としがらみから解放された、
全く悩みのない時間」を享受できたことがあります。私は多分、一人さんよりかはかなりサラリ
ーマンに向いているのだと思いますが、それでも人間関係が面倒臭くなることは日常茶飯事です。
この人間関係から永遠に解放されるってのは、アーリーリタイアの魅力ですね。

私は昔よく「大学生のバイトのような働き方で、金銭的にも不安がなく、世の中からも認められ、
普通に結婚して子供を育てられる社会にならないかなぁ。」と考えていました。ま、私の生きて
いるうちは難しそうですので、毎日楽しくもどこか虚しいサラリーマンやってるわけです。

私は働くのが嫌いというより、会社が嫌いなんですよね。組織が嫌いというか、なんか馬鹿馬鹿
しいんですよね。ま、四十路男がそんな中二みたいなことを言っていては駄目なんですけどね
(笑。

二人の子持ちでアーリーリタイアを実現された一人さんには敬意を払います。自分の理想のライ
フスタイルを手に入れる、実現させる力は私も見習いたいところです。

一人さんの話題では、賃貸と持ち家の問題以外にも、少子化やいじめの問題でなるほどなぁと思
わされました。

今後とも更新を楽しみにしております。
Posted by コスモス at 2015年05月30日 23:05
>コスモスさんへ

初めまして(^^)

まずは拙ブログを姉妹ブログ共々、貴ブログにてご紹介頂き誠に有難う御座います。<(_ _)>
非常に素敵な記事になっておられ、あまりの感激に脳内からドーパミンがプシャーって出る音が聞こえる位でした。+゚。*(*´∀`*)*。゚+

>アーリーリタイアはしていませんが、私も人生で何回か「全ての義務としがらみから解放された、
>全く悩みのない時間」を享受できたことがあります。私は多分、一人さんよりかはかなりサラリ
>ーマンに向いているのだと思いますが、それでも人間関係が面倒臭くなることは日常茶飯事です。
>この人間関係から永遠に解放されるってのは、アーリーリタイアの魅力ですね。

我々にとっては、義務&しがらみと悩みとは切っても切れない関係ですからね。
それから永遠に解放されるというのは、あらゆるデメリットを凌駕する究極の幸福感があります。

>私は昔よく「大学生のバイトのような働き方で、金銭的にも不安がなく、世の中からも認められ、
>普通に結婚して子供を育てられる社会にならないかなぁ。」と考えていました。ま、私の生きて
>いるうちは難しそうですので、毎日楽しくもどこか虚しいサラリーマンやってるわけです。

自分も常に考え続けて来ました。自分の場合は更に欲張りで全く集団に属さずに出来ないかと願っていました。(^^ゞ
理想的な社会ですよね。
但し、現実はますます厳しくなって来ていますね。
ですが、せめて個々人においてそれをどうしても両立させたいと願う方には、何か少しでも近づける事が出来ないかと今も考えています。

>私は働くのが嫌いというより、会社が嫌いなんですよね。組織が嫌いというか、なんか馬鹿馬鹿
>しいんですよね。ま、四十路男がそんな中二みたいなことを言っていては駄目なんですけどね
(笑。

いえいえ。アーリーリタイアしてる人は全員中二病です。(笑)
でなければ、折角毎月給料が貰えたのに、自らあえて無職なんて奇矯な生活スタイルを選ぶわけないですからね。
会社組織の馬鹿馬鹿しさと折り合いをつけるのが大人になる事だとすれば、
アーリーリタイヤーは皆、精神年齢が中学でストップしてるんだろうと思います。^_^;

>二人の子持ちでアーリーリタイアを実現された一人さんには敬意を払います。自分の理想のライ
>フスタイルを手に入れる、実現させる力は私も見習いたいところです。
>一人さんの話題では、賃貸と持ち家の問題以外にも、少子化やいじめの問題でなるほどなぁと思
>わされました。

身に余るお言葉を頂き大変恐縮でございます。

>今後とも更新を楽しみにしております。

非常に励みになるコメントを頂き、本当に本当に感動しております。
頂きましたお言葉を胸に、何かひとつでもお役に立てる記事が書けるように頑張ります。m(__)m
Posted by 山中 一人 at 2015年05月31日 09:39
こんばんは(^-^*)/
現在40歳代前半。私も早期リタイアを目指しています。

今の部署の業務内容・人間関係がなじめず、相当辞めたいモードです。
経済的には、早期リタイアしても全く問題ないと感じていますが、次の3点で躊躇しています。

1 妻の反対
山中さんはと違って、内は専業主婦。考え方も保守的で、男は働いて当然という考えです。説得方法があれば教えてほしいです。

2 人事異動の期待
長くても4〜5年も我慢すれば、人事異動により職場も異動できます。それを期待して、何とか過ごしています。我慢、我慢で、異動だけが希望です。

3 周りに中途退職者がほとんどいないこと
職場が安定しているのか?途中退職者がほとんどいません。
早期リタイアの見本になる方がいないので、やはり恐いですね。

山中さん、
早期リタイアされた方! 妻を始めとした反対者の説得方法を教えてください。

Posted by ひろさん at 2015年05月31日 19:48
>ひろさんへ

こんばんは。初めまして(^.^)

>経済的には、早期リタイアしても全く問題ないと感じていますが、次の3点で躊躇しています。

ご主旨を了解致しました。自分なりに微力ながら各点について考察してみたいを思います。

>1 妻の反対
>山中さんはと違って、内は専業主婦。考え方も保守的で、男は働いて当然という考えです。説得方法があ>れば教えてほしいです。

日本の奥方の多くは保守的です。
自分も初めて奥さんに会社を辞めたいと言った時は一笑に付され、這ってでも会社に行けと言われましたw。
そこから約5年がかりで毎日のように洗脳(というと言葉は何ですが)し続けとうとう最後には、奥さんの方から、いつまで会社に行くつもりなの?と言われるようになる位まで漕ぎ着けました。

やはり妻帯者アーリーリタイヤーの場合、奥さんの理解がその後の成否の大きなウエイトを占めますので、やや時間が掛かったとしても、説得では無く納得してもらう事が必須になって参ります。

そこで一つ注意が必要なのが、多くの妻帯者アーリーリタイヤーの先人達は長期のキャッシュフロー表等を見せたりして理詰めで説得を試みられましたが、表面的には理解を示したように見えても、本質的に納得してもらう事はまず不可能なのが現実の女性心理であります。

ここはハッタリでもいいので、例え給料が入らなくても、何か別の収入は確保できるので、経済的には今までと何等遜色ない事を自信を持って堂々と言い続けて奥さんの不安を払拭する必要があります。

多くの奥さんはストックの取り崩しによる生活に極端な不安を抱くものです。
お金に色が付いてる訳ではありませんが、日本の奥さんはストックによる収入よりフローの収入の方を遥かに大事がりますので、そのご要望を満足させる回答を事前に用意するのが賢明となります。

この辺のテクニックについては拙ブログの別エントリーにて書いた「妻帯者アーリーリタイヤーは、決して預金通帳を奥さんに見せてはいけません。」もご参考にされるのも良いかもしれません。

>2 人事異動の期待
>長くても4〜5年も我慢すれば、人事異動により職場も異動できます。それを期待して、何とか過ごして>います。我慢、我慢で、異動だけが希望です。

事態が好転する可能性がもしもあるとすれば、その間に奥さんへの洗脳というか刷り込みというか納得してもらう期間を並行して進められれば、周りの環境との兼ね合いでどちらの選択肢も取れますので、両睨みの戦術を取れますね。
(ただ自分の経験ではこの最後の5年が非常に長く感じられました・・・)

>3 周りに中途退職者がほとんどいないこと
>職場が安定しているのか?途中退職者がほとんどいません。
>早期リタイアの見本になる方がいないので、やはり恐いですね。

はい。リアルでは自分の周りにもこんな酔狂な事をしてる人は誰もいません。(笑)
でも、日本中レベルにまで広げれば、ものすごい数の先輩方がおられますので、全然恐るるに足らずです。
ここはむしろ自分は選ばれた人なんだとポジティブに捉えられても良いかと思います。
ほとんどの方はどんなに願っても様々なハードルによりやりたくてもやれないライフスタイルなんですからね。

>山中さん、
>早期リタイアされた方! 妻を始めとした反対者の説得方法を教えてください。

とにかく、奥さんにしても親にしても日本人は基本、「人は働いて世の中に貢献すべきもの」という思想がもう遺伝子レベルで刷り込まれていますので、どんなに説得しようとしても徒労に終わるか表面的に渋々納得したフリをしてても本質的には納得していない為、後々必ずトラブルが生じる可能性が高いです。

ここは方便というか相手が合理的に納得出来るようなシナリオを用意して、腑に落ちて頂く必要があります。

自分の場合は専業投資家を隠れ蓑にしていますが、何か在宅で出来るもので、サラリーマンの年収に匹敵するようなビジネスを偽装する事が今の日本では、現実的な対応になると思います。

更には、奥さん&親には、自らの自由意思による早期退職というよりは、会社都合&健康問題の合わせ技による不可抗力感アピールも必要です。

いくら経済的に問題無いとしても、無職になる事による世間体をどうしても気にするのが人間ですので、やむを得ない理由なんだと理解してもらう必要があるのです。

ここはシェイクスピアの名台詞である「この世は舞台、ひとはみな役者」の言葉を胸に、キャラ設定が必要になります。

でも心配いりません。自分もやっているうちにだんだん楽しくなって行きましたので。

繰り返しますが、説得では無く納得して貰う事が鍵になります。


究極的には自分の人生は他の誰のものでも無く自分自身のものです。
自分の心の声に一番正直でいる事こそが最も幸せにつながるものだと思っています。

もしひろさんが私と同じ価値観の方だとすれば、きっとこちら側の世界に来られて良かったと感じて頂けるものと信じています。
Posted by 山中 一人 at 2015年06月01日 00:21
ホント最近のブログ村はリタイアするする詐欺多いですね。5年前から見てますが、既婚リタイア者初の大庭さん、
私が目指してたtoshixrさん、など勉強になるブログもたくさんある反面、独身ウジウジ野郎ばかり。
山中さんは元サラリーマンで家族持ちでアーリーリタイア。セミリタイア独身の私からするとすごい存在です。セミリタイアしてるからこそ山中さんの凄さがわかるのかなー。不動産のことなど全て正しいですし。
アーリーリタイアはともかく、セミリタイアを目指してるなら独身なら中古物件+金融資産1000万でできますよね。それ以上あるのにセミリタイアしないウジウジ野郎ブログが上位にあるのが目障りですな。
私は35歳でセミリタイアしましたが、もっと早くしたかった。若さが一番です。
Posted by フリー at 2015年06月01日 09:14
>フリーさんへ

仰られる事、全く全面同意です。
流石に記事中では、其処まで本音を書けませんでしたが^^;

自分は世の中には、実際に自分自身で体験しなければ解らない物は山ほどあると思っています。
実際に自身で株式投資をされていない多くの株式評論家にも共通してますが、頭の中の理論だけで話されている人の意見は理屈だけが上滑りして、何の参考にもならないばかりか却って害悪になりそうで読んでいてイライラしてしまいます。(こんな事、書くと嫌なら見るなと言われそうですが、キャッチーなタイトルに釣られてつい読んでしまう自分がいたりします。笑)
勿論、アーリーリタイアも自分自身で体験しなければ、それが何かは絶対に解らないものだと思います。

>私は35歳でセミリタイアしましたが、もっと早くしたかった。若さが一番です。

同感です。時の貴重さは、たかが人間が輪転機を回して印刷した紙切れなんかとは比べようもありません。
ヨボヨボになってから、幾ら大金があろうが、若さの素晴らしさに比べれば却って虚しいものですよね。
Posted by 山中 一人 at 2015年06月01日 10:31
耳に痛い記事ですね。
リタイアしたいと願望を綴っているだけで、その一歩は、小さいようで大きいということなんだと思っています。これは、資産が1億円くらいでは、自由気ままにその方々ができないと考えているからではないしょうか。
私自身、リタイアブログのつもりはありませんが、リタイア願望を記事にしています。そして、上記のようにグダグダして辞める決心がついていない状況です。後数年したら、もう少し考え方が変わるのかも、と思ったこともあります。リアイアは、早ければ早いほど資金繰りが大変ですから。
少し生暖かい目で見てあげて欲しいかも^^;
Posted by 煙々 at 2015年06月02日 23:04
>煙々さんへ

上記記事はブログ村におけるセミリタイア生活カテゴリーにおいての事なので、決して煙々様にという訳で無い事は念のために申し上げます。

勿論、セミリタイア生活カテだからといって、リタイアしてない人が登録してはダメなんて言いたい訳では無いのですが、あまりにも長いとつい何かモヤモヤとした感情が湧きあがって来るのです。(^_^;)

確かに仰る通り、リタイアは、伸ばせば伸ばすほど資金面では楽になります。
なので、これこそは価値観の問題ですね。

お金と時間を天秤にかけてどちらに価値観を見出すかです。(仕事にやりがいとか、自己実現とか、世の中に貢献する喜びとか、社会との繋がりとかの価値感を見出している人々については異世界人です。)

前者の価値に重きを置く限り、余程のサクセスアーリーリタイヤーで無い限り満足出来ないような気がします。

自分は多少のお金よりも、とにかく1日でも早くアーリーリタイアしたかったので、単純にしない人の心理が中々理解出来ないだけかもしれません。

まぁタイミングについては十人十色なんですが、煙々様にはぜひこちら側の世界の景色を見て頂きたいものですね。(^o^)/
Posted by 山中 一人 at 2015年06月03日 01:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: