2019年03月04日

タダより安いものは無い【断言】

p144.jpg
「入りやすい店の秘密」・日本経済新聞社・1993年より抜粋したイラスト


昨日は、某カー用品店のリニューアルオープン記念で先着100名までに即席めん2食分を無料配布してたので、朝一で行って貰って来ました。

高級グルメ麺だったので、店で買えば500円はすると思うと、朝から幸せな日曜日になりました。

よく「タダより高いものは無い」と言われますが、これは心理学の「返報性の原理」を狙い、多くの商売人は最初に無料で恩を売っておいて、後で高い商品を買わせるからです。

例えば、スーパーの試食販売なんてその典型例ですよね。

熱々のウインナーを食べさせて貰って、満面の笑みで迫られれば、全然買うつもりが無くても、乗せられやすい主婦ならついカゴの中に商品を入れてしまいます。

夜の接待なんかもそうですね。

高級なお酒と若い娘が横に座って夢心地気分にしてくれれば、多少危ない橋と分かっていても、つい片目をつぶってしまい、後で汚職事件に巻き込まれ、人生そのものを棒に振ってしまいます。

最上段のイラストのような催眠商法なんかも、まさに「返報性の原理」を応用した詐欺商法です。

最初はタダで商品をあげまくり、会場全体を何を言っても断れない雰囲気にしてから最後の最後で高額羽毛布団を売りつけるという手法でお年寄りがよく騙されています。

日本人は世界一、人がイイので(誉め言葉では無いですよ)、特にこれが効きます。

なので、しょっちゅう、タダキャンペーンをやっています。

我々は、彼らの思惑を知り、あぁ商売人がまた「返報性の原理」を使ってるなと覚れば、全く良心をとがめる事無く、がんがん只コ〇キになれば良いのです。

自分は、昔から土日の休みになると、タダキャンペーンをやってるような、住宅展示場やガス屋やカーディーラーに家族で行っては、タダのコーヒーとデザートを食べて、ティッシュ5箱と洗剤を貰って、家族サービスをしてます。

いやぁ、タダのコーヒーは本当に美味しいですね。お金を払ってないと思うと3倍美味しく感じます。

ネットだろうが、リアルだろうが、我々無職は、只コジ〇をしまくりましょう。

ただし、やり過ぎると、自分のように、「ああいつもの展示場ゴロが来たー」と察知されて、営業マンにぞんざいに扱われてしまいますから両刃の剣ですが。

キャンペーンゴロ最高派はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




posted by 山中 一人 at 19:55 | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする