2017年01月15日

内向型人間が贈る1銘柄集中投資法

予め、最初に申し上げますが、自分は今は、集中投資はやっておりません。

それは以前の記事「内向型人間が贈る株式基礎講座(第7回)」でも書いた通り、資産運用において致命傷を負う事は絶対あってはならないからです。

しかし、サラリーマンの方の場合は、給料からの追加補てん投資法という最強の武器が使えるのも事実です。

そして、資金がまだ少ない頃に始める、相場の基礎練習の為に、1銘柄のみで売買するのは、上達の早道であるとも思います。

実際、超人バフェット翁はもとより、日本でも集中投資によって相場で財を成した相場師が多い事を見ても、その優位性は証明されております。

そして、実は自分も、資金が少ない頃は1銘柄のみの繰り返し売買をやっておりましたので、ここに具体的にそのやり方を紹介したいと思います。

因みに、これは自分だけの専売特許で無く、過去の多くの先人たちの手法であります事、予め申し述べておきます。

@100円台から200円台位を往復している1部上場の低位往復株をピックアップします。
期間は月足チャートで見て、5年以上に渡って、上記のレンジを作っているもので、そのレンジ期間が長ければ長いほど良しです。

A上記の中から、含み資産がたっぷりあるような資産バリュー株を選びます。
これは、倒産株を掴むリスクを避けるためです。

B2年位前からさかのぼって、日足の終値だけの折れ線チャートを大きい方眼紙に付けて行きます。

C上記の価格帯の株の場合、150円位から10円下がるごとにナンピン買い下がりをして行きます。

D買った後に上げ相場になれば、前年の高値を目安に分割で売りあがります。

Eあとはこれを繰り返すだけの単純作業です。

銘柄選択のコツとしては、景気変動の影響をあまり受けにくい、ある意味世界経済と無関係な、更には日本経済からも置き去りにされてるようなパッとしない業態がむしろ取りやすいです。

この練習法の最大のメリットは、材料や全体相場の動きを予想する馬鹿らしさに気付き、相場で利益を得るには自分の腕を上げる事が一番大事だという大きな気付きを得ることが出来る所です。

しかも、1銘柄に集中してる為、波に乗れば複利で非常に早く資産が増えて行きます。

兎に角、もう少し下がりそうとかもう少し上がりそうとかの予想を一切せずに、ただ機械的に売買出来るようになることが、この投資法で利益を上げるポイントです。

もし、株で中々利益が得られないというお方なら、ぜひ一度お試しあればと存じます。意外に簡単に利益が上がる事を実感頂けるかと存じます。


株で利益を上げる事って実は単純なんだねと思われたお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ




posted by 山中 一人 at 10:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする