2016年09月04日

結局、コンテンツって妄想なんだよね

昨日、映画「君の名は。」を見て来ました。(以下若干ネタバレ含むかも)

まぁ、若い男女(美少女とイケメン)が入れ替わって甘酸っぱい恋心を抱くという、典型的な青春映画ですね。
このあたりについては転校生(のパクリじゃ無くてオマージュでしたっけw)を彷彿とさせます。
しかもチョイチョイ神社とか坂道とかの日本の美しい田舎街的な背景が出て来るのもよりパクリオマージュ感が出て来ますね。

それとタイトル自体がマル(句点)の無い方の「君の名は」と同じです。大昔にラジオドラマで流行って真知子巻きなるファッション現象まで巻き起こしたそうですが、この男女の会えそうで会えないスレ違いのもどかしさも本作品のテーマになってます。タイトル名を言わせんが為のストーリーかな?と思わせるくらいに。
(ところで著作権的にはマル(句点)さえ付ければ被っててもクリアなんですね。まぁ観客層は昭和の方の作品を知る人は殆ど居なさそうでしたが)

過去の邦画の大ヒット作の要素をふんだんに織り込めば、当然興行成績は良くなるという事ですね。

今回の映画を見終わった後にも感じたのですが、結局、映画・ドラマ・小説等のコンテンツビジネスって須らく作者の脳内妄想なんですよね。

何を今さら言い出すのかとお思いでしょうが、物語の創造とは想像上の世界です。

特に今回の作品のようなSFチックなものは、科学的・物理的には絶対にありえない事(タイムパラドックス・魂の移転)を全て横に置いておいて、人間の心の機微を楽しめないとダメなんですよね。

詰まり、物語なんて、他人の夢話を聞いてるのとたいして変わらないのです。
(正直、実際に聞く他人の夢話ほどショーモナイ話は有りません。)

と散々映画をディスりましたが、それでも自分は映画を見に行くのです。例え他人の妄想でも自分の心を動かせる物に出会いたくて。

因みに、今回の映画は特に動かされなかったなぁ・・・寧ろ、途中で眠りそうになるのを耐えるのがキツかったw(偏屈オッサン故の個人的感想です)

あと、両隣の席に座ってた若い女の口臭が超ガーリック臭くて2時間辛かった。
どうすれば、この悪臭から逃れられるかと身体をなるべく後ろに倒したり反対側に寄ったりしたのですが、どこまででも追っかけて来るんです。
しかも、どっちの女の口が臭いのか分からないのが、またもどかしいのです。
そのうち鼻がバカになって慣れるのですが、油断して忘れた頃にまたプーンと臭って来て、折角映画の世界に入ってた筈が一番いい場面で現実に引き戻されたりするのです。
多分、映画の間中、その女がムシャムシャ食べてたポップコーンにニンニク成分が振りかけられてたんだと思いますが、TOHOシネマズももっと考えてくださいよ。無臭ニンニク使うとか。
全席指定でほぼ満席でしたから、移動も出来ないし・・・

とにかく、映画館は隣運が大事ですね。

9784041026229.jpg
小説君の名は。 [ 新海誠 ]

映画館はガラガラに限るよネと思われるお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ







お暇でしたら姉妹ブログも覗いてやって頂ければ幸甚です。
  ↓
友達0人ですが何か?
posted by 山中 一人 at 07:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする