2016年09月14日

日本が成長しなくなってしまった根本的な理由

日本の名目GDPは1997年に523兆円でピークを打ってからは、完全に停滞しており、今年現在でも506兆円に留まっています。
  ↓
無題.png
出典:〔世界経済のネタ帳〕より日本の名目GDPの推移(1980〜2016年)

簡潔に言えば、約20年もの間、日本は殆ど成長していなかった、というより衰退してたと言って良いでしょう。

その理由として、よく挙げられるのが人口減少問題ですが、ロシアは、日本より早く1993年には既に人口減少社会に突入しており減り方も急な国ですが、名目GDPにおいては未だに成長しています。

つまり、日本の停滞を人口減少問題だけに責任転嫁するのには無理があるのです。

勿論、野党がよく言うような安倍政権の所為とかの訳がありません。

日本のGDPの内訳は個人消費が約50%超、設備投資が約15%超ですからその二つを合わせれば大体65%〜70%前後になります。

個人消費と設備投資はリンクしており、個人がもうモノを買わない、そしてモノが売れないから企業はどんなにお金が有り余っててもマイナス金利だろうが一向に設備投資に積極的にならないのです。
そして、お互いがデフレスパイラルのように悪循環に陥ってるだけなのです。

これじゃあ、GDPが上がる訳が有りません。

それで、日本がもう成長しなくなった根本理由ですが、もう欲しいモノが無いからです。

日本人のように質素倹約を美徳として2000年単位で刷り込まれてきた民族にとって、お金を使うという事は相当な動機が無いと無理です。

ドケチのススメを提唱してる自分が言うのも何ですが、周りを見回しても、労働に見合うような、将来の命金を削ってまで欲しいようなモノ・サービスが殆ど見当たらないのです。

そしてこれは、自分だけで無く、多くの日本人も多分、そう思ってる人が多いからモノが売れないのです。

消費税云々で生活が苦しいとかいいますが、人間、本当に欲しいモノがあれば借金してでも買うものです。

日本でも戦後しばらくの頃は洗濯は手洗い、炊飯はかまど、移動は自転車でさえ贅沢な時代も有りました。

そんな時代に電気洗濯機・電気炊飯器・テレビ・自家用車といった文明の利器がいきなり登場するのです。

そりゃあ高度成長期にもなりますね。人類史においても革命的な生活水準の向上ですから、誰もが先を争ってモノを欲しがりますし、またそれを買う為に目の色を変えてモーレツに働きます。

モノが足りないのですから、インフレになるのは当たり前です。

しかるに、今はどうでしょうか?モノの進化という観点から見れば、20年前と何等進化していません。

20年前の日本人が今の日本にタイムスリップしても、全く違和感なく、ここが20年後だなんてスグに気付かないのでは無いでしょうかね?

違うとすればせいぜい、ネットの進化とスマホの登場位でしょうかね?
その点ではアップルやグーグルがメチャクチャ成長したのは当然では有りますね。

しかし、それ以外では、こと日本に限っては、殆ど新規性のある商品は登場していないと思います。
寧ろ、劣化版に取って代わられてますよね。

例えばビールは発泡酒になり、食材はアチラ産ばかりになり、テレビ・映画等のコンテンツ産業はどこかで見覚えのあるパクリばかりです。
清涼飲料もコーラを超える飲み物は未だ発明されていません。
そして車も20年前と基本構造に殆ど変化は有りません。住宅もしかり、衣料品も、外食産業、サービス産業も何もかも過去の模倣ばかりです。

日本以外の世界が成長してるのは、今まで貧しかった人達が人並みに文化的な生活を送るようになって来たからです。

株式市場においても、過去20年以上に亘って毎年のように○○関連株とニューテクノロジーをうたった株が囃し立てられて来ましたが、殆ど何一つモノになっていませんよね。
なので、日本株が長期のバイアンドホールドが報われないのは当然なのです。

日本人が今後も今まで通りのパターンのみを踏襲して、リアルの生活において人々を幸福に出来るような財・サービスを創造出来なければ、社会生活を革命的に変えるようなモノを生み出せなければ、政治が何をしてもしなくても、衰退は免れないのだろうなぁと思いますね。

e0171614_8375665.jpg

幾らテレビの画質が良くなろうが、肝心の中身が今まで通りならオワコン化するの当たり前じゃね?と思われるお方はポチッとお願いします。 
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ







お暇でしたら姉妹ブログも覗いてやって頂ければ幸甚です。
  ↓
友達0人ですが何か?
posted by 山中 一人 at 20:40 | Comment(14) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする