2016年09月15日

成長か奴隷かの2択しか無い件

前回のエントリー「日本が成長しなくなってしまった根本的な理由」にて日本が20年超の長期に渡って成長しなくなった理由を考察しましたが、これは、決して政府が日本経済を成長させようと努力してる事を否定した訳では無く、寧ろ、20年以上に渡って何等イノベーティブな商品を生み出せない、日本の産業界に対して、当事者意識を持って欲しいという思いで書いたので有ります。

そもそも、資本主義という物はある種のネズミシステムですから、成長無しではいつか破綻してしまいます。勿論、年金等の日本の社会保障もネズミシステムですから成長が無ければ破綻は不可避です。

税金だけで、政府の借金を返済する事はもはや事実上不可能ですし、また考えるべきでも有りません。
日本が成長する以外、政府債務の返済原資も今後必ず発生する社会保障の不足分を補填する原資も出てこないのです。

そして、非正規労働の増加による収入の不安定化により結婚出来ない若者が増えてる事も少子化の一因ですが、そもそも日本がデフレ経済に陥ってるからこそ、企業が正社員を雇うリスクを避ける為に、非正規しか雇わなくなってしまっているのです。

詰まり、経済成長が無い故に少子化が加速し、それがまた消費の減少に跳ね返ってデフレスパイラルになり、お互いが相互に縮小する悪循環に陥っているとも言えるのです。

故に経済成長を目指す事は政治家の最も重要な第一番目の政治目標で無くてなならないのです。

一党独裁のお隣の大陸国家でさえ、ありとあらゆる手を使って無理やりにでも高度成長にしなければ、絶対的権力者のクビすら危ないのです。

そもそも、自分は今の日本が成長の限界点にあるとは、どうしても思えないのですね。
だって、これだけネットが発達した筈なのに、実際のリアルの現場では何一つ旧来と変わりが無いですよね。

何で、いまだに年末年始に挨拶するのですか?何で、ネットという文明の利器があるのに、直接フェイストゥフェイスで無いと何一つ物事が進まないのですか?結局、最終的には書類命であり直コミュニケーション命なんですよね。

勉強だって、何で未だに、学校の狭い教室で私語でうるさい後ろのガキ共に気を散らされながら、教師のハゲ頭越しに黒板に書いた文字をコピペしなくちゃいけないのですか?
こんなもんネット通信教育で十分でしょうに。

というか、未だに子供のイジメ一つ解決出来て無くて、何が文明国ですか?弱い者の人権に関しては、中世の頃から全然進歩してませんよ。

その気になれば、幾らでも進化する余地はある筈だと思いますけどね。

もし、今より遥かに文明の進んだ宇宙人がいるとしたら、今の日本人なんか殆ど原始人並みに見えると思いますよ。

人類の祖先は約5億年前に居たピカイアというナメクジウオの一種だったらしいですが、5億年たっても進化しなければ、生きている化石のように海の中をただ彷徨う存在のままなのです。

そんな小魚のような生き物から、たまたま新天地の進出に成功出来たモノとそのまま頑なに現状維持に固執し続けたモノに分かれます。前者の生き残りで一番成功した例が人類であり、そうでないモノは全て人類のエサになるか、いつ絶滅させられてもオカシクない環境で生き延びているかに過ぎないのです。

同じ人類でも例えばインディアンや多くの原住民のように、文明に乗り遅れると、殆どジェノサイドに近い迫害を受けてしまって来たのが人類史なのです。

我々が今、この時代を勝手にこれ以上の成長は無理だと思って、進歩の歩みを止めてしまうと、あっという間に次なる強者に隷属する道へ繋がる事は必定なのです。

12345059_m.jpg
ご先祖大ピンチ!!

もしもこれ以上成長出来ないとすれば、日本人哀れ過ぎ(ノД`)と思われるお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ







お暇でしたら姉妹ブログも覗いてやって頂ければ幸甚です。
  ↓
友達0人ですが何か?
posted by 山中 一人 at 21:19 | Comment(12) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする