2016年08月17日

ディスればディスられるの法則

昔から、政治と宗教と金の貸し借りは友達を無くすと言いますが、拙ブログにおいても政治的な記事にはアンチコメが来ることがあります。(自分はこれ以上無くす友達が居ないので安心ですが・・・)

自分は株のロンガーで有り、株の値上がり益を生活費の原資にしている事を明言しておりますので、元より自分の発言がポジショントークである事は明白であり、旗幟も鮮明にしております。

故に反対派が居られる事も覚悟しております。

また昨年の話ですが、ホリエモンがブログでSEALDsをdisった処、安保法案反対派の一部からホリエモンに対して、酷い差別的なコメントが多数寄せられた事がありました。

しかし、自分とは真逆の思想の方のブログにおいてもアンチコメは避けられないように見受けられ、左右どちらにおいても、政治的な話というのは、人間の心を興奮させる何かがあるのでしょう。

だって、今日の晩御飯みたいな記事のブログにアンチコメをワザワザ入れる人が居る訳無いですからね。

とは申せ、正吉様じゅんぺー様 のような人気ブロガーになると、全然他人をディスって無く、お人柄の良さしか伝わって来ないブログでも多数の不快コメにウンザリされコメ欄を閉じられておられますので、どこが他人の心の琴線に触れてしまうのか良く分かりません。

ただ、自分事で言えば、コメントが入っただけでドバァーッとドーパミンが脳内から出る音が聞こえるのです。
なので、例えアンチコメの方と雖も一定の感謝をしつつ、あー怒ってる怒ってるwと思いながら即削除させて頂いておりますので、コメ欄を閉じるつもり気には全くなりません。

つまり、アンチコメを送られる方に申し上げたいのは、幾ら癇に障ってアンチコメを送っても、また自分を喜ばせてしまうだけですよ。という事なのです。

そんな1円の得にもならない事をするのなら、そのエネルギーでブログの作成にでも取り掛かられ、堂々と思う所を記事にされた方が遥かに御自分の為ですよ。きっと。

そして、そのディスブログURL付きでコメを送って頂ければ、此方もまたそれに対してのアンサーソングでお返ししますのでw

尚、公開されてるコメントは全て大変有り難い貴重なご意見ですので、上記アンチコメとは全く無縁なのは言うまでもありません。

img_2.jpg

今後も個人投資家をミスリードするような確信犯には向こう傷を恐れずに、disって行きますので、イチポチッと頂ければ幸いです。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ







お暇でしたら姉妹ブログも覗いてやって頂ければ幸甚です。
  ↓
友達0人ですが何か?
posted by 山中 一人 at 07:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする