2016年07月19日

友達0人が贔屓にするお店は必ず閉店するの法則

自分が定期的に通ってたお蕎麦屋さんに行った所、今月末で閉店しますと言われてビックリしました。

自分のテリトリーでは一番店であっただけに、次からどこへ行けば良いのかと半ば呆然としそうでしたね。

しかしこんな事は、自分史では結構あるのですね。
曰く「自分が贔屓にする店舗は必ず終了するの法則」と心の中で命名してます。

これでは自分がまるで疫病神のようですが、理由は大体分かります。

先ず、自分が好きになる判断基準として、人がなるべく入ってない閑古鳥が鳴いてるようなお店が高ポイントを付けるからです。

店に入った時に、客が一人も居らず、自分一人だけの貸し切り状態になった時は、自分の食べログランキングで星5つ付けますね。
レビューでは、「お客が誰もいなくて非常に静かでグーです。」なんて書き込みたいですね。(ホントに書いたら逆ステマです。)

今回、店仕舞いするお蕎麦屋も、いつも誰もいないので、コーナーのテーブル席を独り占めして1時間位、読書しても平気なマッタリとした良いお店だったのですが、内心、よくやっていけるな?とこちらが心配になる位でしたからね。

逆に、スタバのような激込み店は嫌いですね。

あと市場シェアNo.1を取ってるような会社の物・サービスも個人的に好きになれないものが多いです。

よく株の初心者向けの本で「貴方が良いと思ったサービスを提供してる会社の株を買いなさい」って書いてありますが、自分の場合でこれをやると間違いなくクソ株を掴む自信があります。

自分が流行株を追うのがどうしても馴染めないのは、そもそも流行に乗れない性格のせいかもしれません。

でも、例えクソ地味株でも、儲ける方法がある間口の広さが株の良い所なのです。

9e28ae99.jpg

株の古い格言で「人の行く裏に道あり花の山」なんて言葉がありますが、あまりに裏道過ぎてゴミの山しか無かった経験のお持ちのお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ







お暇でしたら姉妹ブログも覗いてやって頂ければ幸甚です。
  ↓
友達0人ですが何か?
posted by 山中 一人 at 23:19 | Comment(10) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする