2015年12月17日

内向型人間が贈る株式基礎講座(第4回)

第4回目のタイトルは、

四季報を見よう」です。

新春号が今週発売されたばかりなので丁度タイミングもグッドです。
因みに、自分の場合は、東洋経済の会社四季報を長年愛用しています。

ここで極めてオーソドックスな株のセオリーを申し上げますと、株は基本的に儲かっている会社の株が上がります。儲かっていると一口に言っても前期比でドカンと儲かってる会社程上がります。
つまり絶対額では無く変化率が肝になるという事です。

このセオリーを無視して材料ばかりを追い求める人がいますが、基本を無視して永続的に勝ち続ける事は難しいでしょう。
評論家は素人受けがいいので、○○関連株なんてテーマ株をよく言いたがりますがあくまで業績ありきだという事を知って頂ければと思います。

で、業績の変化率を見るのに一番簡単なやり方は前号の四季報と新号のものとを並べて比較します。
利益が前号比増額でチャートも買値圏なら自信を持って買えるという訳です。

ただ株がそう簡単に行かないのは、大抵チャートが買値圏に来てる時は、業績が悪いです。
そして四季報で好業績になった頃には株価もすでに上がってしまっています。
更には業績が絶好調の時に株価もピークを打ちます。
しかもいくら今号の四季報で大幅増額予想になっていても3か月後の四季報になると真逆の大幅減額予想なんて事もよくあります。

なので四季報だけを見て売買するとどうしても後追い売買にならざるを得ません。

よって、あくまでも四季報は銘柄追認の為のサブとして使い、メインはチャートを見て売買するというやり方で利用します。

まずチャート上で株が買値圏に来た時に、四季報で本当に倒産級のピンチなのかどうかを見極めます。
そうでなければ、例え減益でも少々の赤字位でも買いに入ります。

次に買った後、上がり始めた頃には大体四季報上も増額予想に転じていますので、そのまま安心してホールドします。

また四季報で見て利益剰余金の欄が▲の銘柄及び自己資本比率が20%未満の株は無条件で外して下さい。

繰り返し売買の基礎練習のうちはチャートの価格帯による売買判断を最優先にして四季報はスクリーニングの補助用位の扱いで十分です。

一応、四季報の応用編として追記しますと、

買った後、高値圏に来る前に、減額予想に転じた場合は、もし利益になってるようなら売却した方が吉と出るケースが多いです。

また高値圏に来た頃に、トンデモ好決算になった時は、いつもの高値圏をブレイクアウトしてもう一段上の高値圏を目指す事もよくあります。

繰り返し売買の基礎に慣れた後は、このように臨機応変な売買に進まれて、より利を伸ばす売買に進まれても良いと思います。

昔の四季報を見てると、過去に高収益を上げてた値嵩株が今は見る影もない低位株に転落してしまってるのを見つける事が出来ます。

四季報はそんな中途半端な成長株投資の怖さも教えてくれます。
そして四季報で大化け株を当てる事が如何に難しい事かも教えてくれます。

もし次回もご期待頂けましたら、いちポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ







お暇でしたら姉妹ブログも覗いてやって頂ければ幸甚です。
  ↓
友達0人ですが何か?
posted by 山中 一人 at 18:12 | Comment(6) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする