2015年12月15日

内向型人間が贈る株式基礎講座(第2回)

では、皆さんもう全上場銘柄に目を通された事と思いますので、次に進みます。

なんて冗談です。自分もそこまでやってませんので、安心して下さい。



第2回目は以下の実技を習得します。

安い値段帯で買い、高い値段帯で売るのを繰り返しましょう。

銘柄は月足チャートを見て、低位株で一定のレンジを往復している株を選びます。

基本的に、倒産の危険性さえ無ければ、何を選んでも問題ありません。

チャートで見て、最長でも1年〜2年に一回は取れそうだなと思える株ならご自分のお好きな銘柄で結構です。

具体的な売買の要領は、20年以上の月足で見て何回も同じ値段帯で底を打っている所が、底値ラインですので、このライン近辺で買います。
逆に何回も同じ値段帯で天井を打っている所が、天井ラインですので、このライン近辺まで来たら利確売りをします。

ただ、多くの株は底値ラインは大体同じですが(例えば低位株なら100円台での底打ちが多いです。)、天井は全体相場の強さによって200円位で天井を打ったり、400円位まで伸びたり等、明確なラインがあまり無い事の方が多いです。

最初のころは練習なので、低い方の天井で取り敢えず一旦、売却して利益確定される方が良いでしょう。

先ずは兎に角、安くなった時に買って、高くなった時に売り、また下がって来るのを待ってから同じ事を繰り返すことによって着実に資金が増えてくる事を実感する事が大切です。

そうすれば、材料ばかりを追い求めて、大化け株を当てようとする周りの人達とは違う人種になれた事を実感出来る筈です。

やる前はこんな単純な小学生でも出来るようなやり方で儲かるのか?と訝しむかもしれませんが、本来、相場とは至極単純なものです。

口の悪い方なら、これも過去の経験則なだけで、システムトレードと同じでは無いのか?と言われるかもしれません。

確かに、材料を一切気にせず、ひたすらチャートの値段のみで売買する点は、システムトレードと似てはいますが、根本的に理屈が違います。

この往来株投資法が合理的であるのは、株価の変動要因である需給に根差した売買であるからです。

物の値段は、安くなれば売り物が途絶えて底を打ち、高くなればどこからとも無く売り物が出てきて天井を打ちます。
例えば、あれ程、天井知らずだと思われてた原油相場も非常に高くなるとシェールガス技術などによって供給が増えて需給バランスが崩れて天井を打ち、下げ相場へと転じたように。

株も人間の経済活動の延長線上にあるものなので、同様です。
どんなに悪材料が出ても全てが織り込まれて、売りたい人が売り切った後は、過去の底値を狙った買いが入り底を打ちます。
一旦底を打てば、後は値上がり益を狙った買い物が自己増殖的に増え続け上げ相場に転じます。
そして過去の天井までくれば、昔高値で買った人たちのヤレヤレ売りがシツコク沸いてきて天井を打ちます。
天井を打った事が誰の目にも明らかになれば、売りたい人だらけになるので、あとは自己増殖的に下げ相場が加速します。

多くの株は、過去のチャートのそれぞれの高値、安値の時と、業績が正確に一致していないものです。
つまり前の天井時は全然利益が上がっていなくとも未来への期待だけで高値まで上げた株も、次の時はかなり業績が良く割安になった筈なのに、同じ位の高値に来ると急に上げ渋ります。そうこうしてるうちに、業績が悪化して逆に割高株になって下げ相場が正当化されます。そして勝手に株価の先見性とか都合よく呼んだりします。
PERや材料が当てにならない好例は過去のチャートを見ればいくらでも見つかります。
決算前に好決算を見込んで買ったのに、いざ好決算になった途端に材料出尽くしで暴落して、もう織り込み済みだからwって言われたりしたら、「意味ねー!」としか思えませんよね。

未来の業績を当てるだけでも無理なのに、もし当てても必ずしも報われるとは限らないとすれば、材料や業績ばかりを追い求める事の虚しさに気付く筈です。

面白い事に、戦後の取引所再開以来これだけのインフレになっているにも関わらず、バブル期を除いて日本の低位株は同じような値段で上下動を繰り返しています。
そして多くの商品相場も大体同じような高値、安値を繰り返しています。
また、大昔の江戸時代の米相場も同じような値幅で動いていました。

つまりこの投資法は、いつの時代でも、どの対象物でも通用する普遍的なお金儲けの手段になり得るとも言えるのです。

ぜひ初心者のうちに基礎の繰り返し売買を練習する事によってこの投資法を身に着けて頂ければ、一生使える武器になる事と存じます。

もし次回もご期待頂けましたら、いちポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ







お暇でしたら姉妹ブログも覗いてやって頂ければ幸甚です。
  ↓
友達0人ですが何か?
posted by 山中 一人 at 12:07 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする