2015年02月11日

人間には未来の株価や上昇銘柄の予想を当てる事は出来ません。

相場で儲けている5%の勝ち組投資家は、皆上記のタイトルにある当たり前の事を知っています。

では、どうやって儲けるかというと、「損小利大」の繰り返しに尽きます。

相場で100戦100勝は不可能です。人間が予想して当たる確率は50%を超える事は出来ません。

よって当たった時は大きく儲け、外れた時にはなるべく損害を小さくする事の積み重ねによってのみ資産を増やして行く事が出来ます。

相場の下手な人に共通するのは、上がると薄利で売ってしまい、下がるとトコトンまで付き合い塩漬けにしておられます。

これを長く繰り返すと最終的に1回でも大外れ株をつかむと相場人生を終了してしまうのは合理的帰結です。

しかし人間はほんの少しの損でも嫌うので、この「損大利小」という魔のパターンに陥り確率論的に市場から退場を迫られます。

こうならない為には、損する人の「損大利小」の逆を意識してやっていかなくては絶対に勝てません。

未来の株価がどうなるか分からない事をパーフェクトに理解しておれば、下記の事に気づきます。

株価は自分が買った値段から10倍になる可能性も10分の1になる可能性も両方ある。

人間には底値で買い、天井で売る事は不可能である。

人間にはどの銘柄が上昇するかを常に当て続ける事は不可能である。


つまり未来の株価や上昇銘柄の予想を当てる事がいかに無意味かを悟ります。

その時、大衆個人投資家が必死になって暴騰銘柄探しに奔走したり、カリスマ投資家のご宣託を真に受ける様がいかに馬鹿らしいかを横目で見る事が出来ます。

それを知る事、自体が80%の負け組投資家から利益を頂戴出来る大きなエッジになる訳です。

片方は人間には絶対不可能な錬金術みたいな事を追い続けている、もう片方はそのお馬鹿さんから利益を得る方法を考えている。

どちらが、勝ち残れるか一目瞭然ですよね。

次回は、相場の未来を予想せずに相場で儲ける方法を考えてみたいと思います。


マネー雑誌や株式評論家のブログって競馬予想誌と同じだよねwって思われたお方はポチッとお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


金融・投資(全般) ブログランキングへ







もしこの記事が気に入って頂けましたなら、はてなブックマークやツイッター等
でシェアをお願い致します。非常にはげみになります。

posted by 山中 一人 at 09:03 | Comment(4) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする